ビットコイン(BTC)は2020年に900万円以上に!?ドイツの大手銀行が大胆な予測を発表

編集部おすすめ

ビットコイン(BTC)は2020年に900万円以上に!?ドイツの大手銀行が大胆な予測を発表

ドイツの大手銀行の1つであるバイエルン州立銀行(BayernLB)は、ビットコインが金に取って代わることを示すレポートを発表した。同レポートによると2020年のビットコイン半減期を迎えた後、1BTCあたりの価格は9万ドル(約970万円)になると予測している。

ビットコインは金に成り代わることが可能なのか?

「ビットコインは金に勝っているのか?」と題されたレポートの中で、研究者は供給の減少の影響に関して、金とビットコインのストック・フロー比率を調査。

ストック・フロー(SF)比率は、金や銀などの商品内で一般的に使用される分析方法だ。基本的に、この比率が高いほど、価値が高いと見なされている。そして、このレポートでは、ビットコインに対して分析を行ったところ、ビットコインの市場価格と強い相関関係があるとしている。

需要と供給のバランスに変化を与える

研究者によると、金がこれほど長い間需要が高かった理由の1つとしてその希少性をあげている。金の年間生産量は比較的限られており、すでに実質的な供給基盤がある。これらの2つの属性により、金は希釈されにくく、市場に存在する商品の中で最も高いSF値が得られる状況だ。

それではビットコインの関連はどうなるのか。ビットコインのブロック報酬は2020年5月頃に半減期を迎える予定だ。半減期によってビットコインの供給量は減少し、採掘された1ブロックあたりで6.25BTCしか発生しないことになる。これは本質的に、ビットコインのSFを2倍にするのと同じ影響がある。

同レポートは、最も綿密な統計モデルでさえ「将来を予測しようとすると悲惨に失敗する」可能性があるという警告で締めくくられている。ビットコインは半減期を迎える2020年にその価値が試されることになりそうだ。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考
Megatrend Digitalisation Is Bitcoin outshining gold?

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン(BTC)の将来は人々の考える以上に政府の金融政策に依存している
ビットコイン(BTC)は逃避先?金融市場との相関性弱まる
2020年のビットコイン(BTC)半減期は米ドルの地位を脅かす転機の始まりに?