ビットコイン(BTC)詐欺の男に罰金など約627億円の支払い命令

編集部おすすめ

ビットコイン(BTC)詐欺の男に罰金など約627億円の支払い命令

アメリカの商品先物取引委員会(CFTC:Commodity Futures Trading Commission)は3月26日、ビットコイン(BTC)の詐欺的なスキームを運営し、ユーザーのビットコインを不正に流用した罪で、ニューヨーク南部地区連邦裁判所がイングランドのマンチェスターに住むとされるベンジャミン・レイノルズ(Benjamin Reynolds)に判決を下したことを発表した。

判決では、詐欺被害者へ約1億4,300万ドル(約157億円)の返還と、罰金として4億2,900万ドル(約470億円)の支払いなどが命令されている。

専門のトレーダーを雇用しているなど虚偽の説明

レイノルズは2017年5月から10月の間に、ウェブサイトやSNS、メールを利用して世界中の1,000人以上のユーザーから、当時の価格で1億4,300万ドルに相当する2万2,190BTCを集めた。

また、事業を行っていたコントロールファイナンス社(Control-Finance)で専門の仮想通貨トレーダーを雇用して、ビットコインを預け入れたすべてのユーザーに利益を保証するいると虚偽の説明をしていたとさえれている。

さらにレイノルズは、コントロールファイナンス社に新規ユーザーを紹介することを奨励するために、高い紹介料や報酬を支払うことを約束。しかし実際には、ユーザーに代わって取引を行うこともなければユーザーのために取引利益を得たこともなく、紹介報酬やボーナスも支払うこともなかった。

ビットコイン(BTC)の返金を表明するも返金せず

レイノルズは、2017年10月下旬までにコントロールファイナンス社のユーザーにすべてのビットコインを返還すると表明。しかし実際には返金は行われず、代わりに個人的な目的のためにビットコインを保有した。結果として、ユーザーはビットコインのほとんど、またはすべてを失った。

なおCFTCによると、不正行為者が十分な資金や資産を持っていない可能性があるため、返還命令を出しても、失ったお金を回収できない可能性があるという。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考
Federal Court Orders UK Man to Pay More Than $571 Million for Operating Fraudulent Bitcoin Trading Scheme

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】ジョン・マカフィースペインで逮捕 仮想通貨ICOの広告で24.4億円を受取り脱税
【墨汁速報】ツイッターハック犯人の17歳少年逮捕 ビットコイン詐欺などの容疑
インドの仮想通貨関連の詐欺師が拷問され死亡、被害額は66億円以上

文:かにたま

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュース【墨汁速報】 VISA イーサリアム上のドル“USDC”を利用した決済の社会実験を開始
次のニュースソラナ(Solana)のユースケース、アプリケーションとは?
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。