【墨汁速報】ビットコイン送金5億件を突破、わずか3年で過去の記録の2倍を更新

編集部おすすめ

【墨汁速報】ビットコイン送金5億件を突破 わずか3年で過去の記録の2倍を更新

ビットコインのトランザクション(送金)は、2020年2月5日で合計5億トランザクションを突破。データプロバイダーのSatoshi.infoによると、5日18時頃に5億トランザクションを記録した後、すでに10万トランザクションを記録している。

ビットコインの急激な成長とマイルストーン

Satoshi.infoはビットコインのトランザクションを2017年から記録を開始。2017年10月当時の合計トランザクション数は2.5億トランザクションを記録していたため、実質的に約2年弱で合計トランザクションが2倍に膨れ上がったということになるだろう。

2017年12月にはビットコイン価格は230万円を記録、対して現在の価格は100万円を推移しており2018年12月に最大で85%の下落を記録したが、2019年から2020年にかけて3倍の高騰を記録したことになり、ビットコイントランザクションの増加から見ても需要はなくなっていないことが分かるだろう。

出典:Satoshi

ビットコイン半減期まで100日を切る

ビットコインは2020年5月前後に3度目となるマイニング報酬、つまり新規発行されるビットコインの枚数が半分となる半減期を控えており、現在の1ブロック12.5BTCの発行が6.25BTCへとプロトコルにより半減される。

4年に1度の大きなビットコインのイベントであり、多くのビットコイン投資家が半減期を待ちわびているだろう。この半減期期待の影響かは不明であるが、CMEのビットコイン先物もローンチから2年が経過、大幅な需要の増加が見られおり2019年末の出来高と比較して2020年は約2~3倍の増加となっている。5月のビットコイン半減期に近づくにつれ、よりビットコインの出来高、トランザクションは増加していき、価格への大きな影響を与えることになるだろう。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】CME ビットコイン先物ローンチから2年が経過 需要上昇データを公開
ビットコイン(BTC)100万円から1億円まで!著名人たちの2020年以降の価格予想
ビットコイン半減期に何が起きるか?業界の見解は真っ二つに

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


前のニュース香港の仮想通貨両替所ビットスパーク(Bitspark)が3月に閉鎖へ
次のニュース2020年にあるかもしれないリップル(Ripple)のIPOショックというリスクについて
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者