ビットコイン価格は長期的に14万6,000ドル、JPモルガンの判断の根拠は?

編集部おすすめ

ビットコイン価格は長期的に14万6,000ドル、JPモルガンの判断の根拠は?

ブルムバーグ(Bloomberg)によると、JPモルガン・チェースは理論的に導き出されたビットコイン(BTC)の長期的な価格目標を14万6,000ドル(約1,500万円)に設定していることが分かりました。

ビットコインの将来的な時価総額は約60兆円に

JPモルガン・チェースのマネージングディレクターであるニコラオス・パニギルツォグロウ(Nikolaos Panigirtzoglou)氏ら戦略家によると、ビットコイン価格を長期的に見て14万6,000ドルと想定すると現在の時価総額の4.6倍になる計算です。その時点でビットコインの時価総額は、金(ゴールド)に対する民間企業の総投資額に匹敵することになります。

パニギルツォグロウ氏は1月4日に公表したこの文書の中で、ビットコインはヘッジファンド手段としての金(ゴールド)を有効に退け始め、世界初の暗号資産(仮想通貨)にとって大きなプラスス要因になると分析しています。文書はさらに、「代替通貨として金に取って代わることは、長期にわたるビットコインの大きな価格上昇を意味する」と予測しています。

ビットコイン価格目標は今すぐではなく長期的な見通し

文書はさらに、「金とビットコインの間に起きるボラティリティのコンバージェンスは、一朝一夕にして起きることはあり得ず、何年もかかるかるプロセスを経て達成されると思われる」と述べています。理論的に導かれた14万6,000ドルというビットコイン価格目標はつまり、長期的な目標としてみなすべきであり、今年はとても予測できない価格目標であるとの結論になります。

ビットコインにとって2020年は大成功の年でありました。機関投資家や超富裕層がビットコインだけでなくほかの仮想通貨も買い集めていました。グッゲンハイム・パートナーズのグローバル最高投資責任者スコット・マイナード(Scott Minerd)氏から億万長者のファンドマネジャーであるポール・チューダー・ジョーンズ(Paul Tudor Jones)、億万長者のヘッジファンドマネジャーであるスタン・ドラッケンミラー(Stan Druckenmiller)氏らまで、皆が手持ちポートフォリオにビットコインを取り込みました。

JPモルガンの戦略はより慎重、様子見か

JPモルガン・チェースはしかし、ビットコインはいずれ逆風が吹くのではないかと見ています。ビットコイン価格は短期的には、5万ドルから10万ドルの間に達する可能性がありますが、「持続はしないだろう」というのが彼らの見解です。

JPモルガンは従って、現時点では機関投資家がビットコイン価格を押し上げる唯一の要因であって、今後も機関投資家の役割次第だと見ています。つまり長い目で見て、機関投資家が仮想通貨に一定のポジションを持つかどうかにかかっているとの見方です。

参考
JPMorgan Says Bitcoin Could Surge to $146,000 in Long Term

【こんな記事も読まれています】
一時400万円を超えたビットコイン(BTC)、アナリストたちの見方は?
ビットコイン(BTC)価格500万円も間近?強気市場にトレーダーも楽観視
ビットコイン(BTC)価格はまだ上がる?強気市場が続くと考えられる理由

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュースイーサリアムのスマートコントラクト開発言語Solidityの勉強方法まとめ(2021年版)
次のニュース仮想通貨チリーズ、イタリアの名門サッカーチームACミランとの提携を発表
長瀬雄壱
フリージャーナリスト、大手マスコミのOB記者。在職中は社会部、科学部、外信部で記者活動を行なう。特に外信部では、10年余り海外特派員(3カ国)を務め、国際関係、政治、経済、社会、戦争取材など、あらゆる分野で記者活動を続けた。翻訳業務経歴は約50年あり、今でも海外ニュースを深くモニターしている。