• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • モナコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • リスク 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアムクラシック 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • BitTrade (ビットトレード)
  • バイナンス(BINANCE)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • coincheck(コインチェック)
  • クラーケン (Kraken)
  • みんなのビットコイン
  • ポートフォリオ
  • PR

ビットコイン(BTC)の記事一覧
ビットコイン(BTC)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ビットコイン(BTC)暴落の要因は?最高値240万円から40万円までの下落はなぜか

ビットコイン(BTC)暴落の要因は?最高値240万円から40万円までの下落はなぜ...

2018年11月下旬に起きたビットコイン(BTC)の暴落相場。2017年末には240万円を記録したビットコインに一体何が起きたのか?価格が下落したきかっけと考えられる直近の出来事に加え、相場全体をファンダメンタル中心に考察を行いました。
仮想通貨のトレーダー拉致され、アイロン押し当てられビットコイン(BTC)要求される

仮想通貨のトレーダー拉致され、アイロン押し当てられビットコイン(BTC)要求され...

南アフリカの仮想通貨のトレーダーが拉致され、犯人らから暴行を受け銀行口座の情報と仮想通貨のウォレットのパスワードを要求されていた。670万相当のビットコインを払った男性はどのようにして事件に巻き込まれたのか?
「ビットコイン(BTC)の価値はゼロになる」米大学教授が提言

「ビットコイン(BTC)の価値はゼロになる」米大学教授が提言

ビットコイン(BTC)の価格の下落が続く中、アメリカの大学の教授であるアトゥルヤ・サリン氏がビットコインの価値がゼロになるとの大胆な予測を明らかにしました。マイニングと関連した根拠などを紹介します。
ビットコイン価格下落の原因と下落相場回復のカギは?【後編】

ビットコイン(BTC)価格下落の原因と下落相場回復のカギは?【後編】

2018年11月にビットコイン(BTC)の価格が急落しました。前編の記事では、その要因について探りました。後編となる本稿では、下落相場の回復のカギを握ると言われている機関投資家の動きについて考察します。
ビットコイン(BTC)価格下落の原因と下落相場回復のカギは?(上)

ビットコイン(BTC)価格下落の原因と下落相場回復のカギは?【前編】

2018年11月に始まったビットコイン(BTC)の急な価格の暴落。一時は4,000ドルを割って、17年9月までの水準になりました。今回の下落の要因はどこにあったのか?そして価格の回復につながるカギについて探ってみました。
オハイオ州が米国初のビットコイン(BTC)納税受付、税金と暗号通貨の未来像について

オハイオ州が米国初のビットコイン(BTC)納税受付、税金と暗号通貨の未来像につい...

米オハイオ州で、アメリカでは初となるビットコイン納税の受付開始を発表した件について、本コラムでは納税プロセスや州財務官へのインタビュー内容、暗号通貨と税金の未来像について、今後どのようなことが期待されるのか考察を行いました。
下落相場に買い向かう!ビットコイン(BTC)購入の重要ポイント

下落相場に買い向かう!ビットコイン(BTC)購入の重要ポイント

下落中のビットコイン(BTC)相場。投資家のボリ平さんはBTCを1枚買い増したそうです。どのようなタイミングで買い増しを行ったのか?いくらで購入したのか、購入時の注意点など、購入時の相場状況とともに解説します。
大幅下落のビットコイン(BTC)・仮想通貨相場、年末までの心構え

大幅下落のビットコイン(BTC)・仮想通貨相場、年末までの心構え

ビットコイン相場は、BTC/USD相場でも4,000ドル割れをするなど急落、仮想通貨市場も全面安となっています。昨年と比較すると2018年は調整相場になったとボリ平氏。残り1ヶ月の年末相場に向けて知っておくべきことや心構えなどを紹介します。
ビットコイン(BTC)は200日線を割ってはいけない、その理由とは?

ビットコイン(BTC)は200日線を割ってはいけない、その理由とは?

11月下旬はビットコイン(BTC)を含む仮想通貨の価格が大きく下落しました。そこで、トレーダーや投資家なら意識しておくべき200日移動平均線の見方やなぜ大切なのかといった点、そして価格が200日線を割ってしまうとどうなるのか等を解説。
商業取引のビットコイン(BTC)決済が2018年初から9月までに80%も大幅ダウン

商業取引のビットコイン(BTC)決済が2018年初から9月までに80%も大幅ダウ...

商業取引全般のビットコイン(BTC)による決済が、2018年に入って大幅に減少し、80%もダウンしていたことが分かりました。ビットコインの価格も4,000ドルを割るなど停滞する仮想通貨市場の現状も合わせて解説します。
ビットコイン(BTC)は機関投資家向け資産クラス、モルガン・スタンレーが分類

ビットコイン(BTC)は機関投資家向け資産クラス、モルガン・スタンレーが分類

世界最大手投資銀行のモルガン・スタンレー(Morgan Stanley)は最近、ビットコイン(BTC)発行10年を機に報告書で、ビットコインは機関投資家向けの投資資産クラスとして分類しました。その根拠などを紹介する。
仮想通貨の下落続くも、トム・リー氏「ビットコイン(BTC)年内1万5,000ドル」との予想を維持

仮想通貨の下落続くも、トム・リー氏「ビットコイン(BTC)年内1万5,000ドル...

今週に入り下落を続ける仮想通貨。これまで年内のビットコイン(BTC)の価格上昇を主張していたトム・リー(Tom Lee)氏は、依然として年内に1万5,000ドルとの見解を維持。仮想通貨の未来について語った内容も紹介。
仮想通貨急落、5,000ドルを割ったビットコイン(BTC)はどこまで下がるのか

仮想通貨急落、5,000ドルを割ったビットコイン(BTC)はどこまで下がるのか

ビットコイン(BTC)の価格が急落、5000ドル(約56万円)を割った。今回の下落は規制の強化やBCHのハードフォークの影響との見方もある。2017年10月以来の価格となったビットコイン(BTC)はどこまで下がるのか。
NY州で14番目となる仮想通貨の事業者がビットライセンス取得

新たに仮想通貨の事業者がビットライセンス取得、ビットコイン(BTC)などのカスト...

NYDIG Execution LLCが仮想通貨事業に関する許可、通称ビットライセンスの承認を得たことをニューヨーク州金融サービス局が発表した。ビットライセンスの取得した14目の企業となる。これまでのライセンスの動向も併せて紹介。
ビットコイン(BTC)のマスアダプションは自然に、確実に行われていくだろう

ビットコイン(BTC)のマスアダプションは自然に、確実に行われていくだろう

ビットコイン(Bitcoin/BTC)は誕生から10年が経った現在も、通貨としての目的は満たせていません。しかしビットコインは今後、急がずとも普及していくはずと考えます。この記事ではビットコインのマスアダプションについての考察を行いました。
ビットコイン(BTC)の取引を視覚的に楽しめるツール3選

ビットコイン(BTC)の取引を視覚的に楽しめるツール3選

ビットコイン(BTC)は日々取引が行われています。本コラムでお伝えするのはビットコインのトランザクションを視覚的に楽しめる3つのウェブサイトです。Bitboners、BitListen、Tx Highway、3サイトの特徴を紹介します。
ビットコイン(BTC)のボラティリティが史上最低記録に、先物市場が大打撃?

ビットコイン(BTC)のボラティリティが史上最低記録に、先物市場が大打撃?

10月にボラティリティ(価格変動)が史上最低を記録したビットコイン(BTC)。ビットコインの価格安定は、果たして仮想通貨市場にとって好材料となるのか。取引所の関係者や投資家などさまざまな専門家の意見を紹介します。
ビットコイン(BTC)2019年に220万円に、仮想通貨投資会社CEOが見解を発表

ビットコイン(BTC)、来年には220万円に?仮想通貨の投資会社CEOが見解を発...

停滞を続ける仮想通貨市場、そんな中仮想通貨投資会社のCEOであるノボグラッツ氏がビットコイン(BTC)の価格は年末までに値上がり傾向へと変化し、2019年末まで220万円になるとの予想を発表。ノボグラッツ氏の根拠もあわせて紹介する。
ビットコイン(BTC)をだまし取られた高校生、アメリカの空港に爆破予告

ビットコイン(BTC)をだまし取られた高校生、アメリカの空港に爆破予告

インドの高校生がアメリカ人の男性にビットコイン(BTC)をだまし取られ、FBIに捜査してもらうよう求めたが拒否されたとして、アメリカの空港に対して繰り返し爆破予告を行っていた。高校生は仮想通貨への投資で相当な利益を出していたという。
900万円相当のビットコイン(BTC)を盗んだ11人の身柄拘束

900万円相当のビットコイン(BTC)を盗んだ11人の身柄拘束

トルコのイスタンブール在住の11人が、ハッキングを行い被害者から総額930万円相当のビットコイン(BTC)を盗んだとして身柄を拘束された。これまで被害者は14人いるが、さらに増える見込み。警察はどのようにして容疑者逮捕に至ったのか。
ビットコイン(BTC)・暗号通貨の今後の相場にポジティブな理由9つ

ビットコイン(BTC)・暗号通貨の今後の相場にポジティブな理由9つ

ビットコイン(BTC)をはじめとする暗号通貨(仮想通貨)の市場が今後上昇するという意見がUS圏に多くある。その中で暗号通貨市場の上昇相場を期待する9つの理由を述べている記事について要約、解説します。
ビットコイン(BTC)の現状、技術的な課題と解決策【BlockchainJam2018参加レポート】

ビットコイン(BTC)の現状、技術的な課題と解決策【BlockchainJam2...

2018年10月に開催のBlockchainJam2018に登壇された日向理彦氏の講演内容をまとめ、ビットコインなどの現状や課題に対する重要なキーワードについて解説。BTCの今後の流れを知るために必要な情報をお届け。
総額120万円相当のビットコイン(BTC)がもらえるカラオケATMが登場、10周年を記念して

総額120万円相当のビットコイン(BTC)がもらえるカラオケATMが登場、10周...

ビットコイン(BTC)誕生10週年を記念して、世界大手投資プラットフォームeToro(イートロ)がバースデーソングに反応するカラオケ仮想通貨ATMをロンドンに設置。歌った後に総額120万円相当のBTCがもらえるという。1人あたりの金額とは?
ビットコイン(BTC)による学費支払い受け入れ、フランスのビジネススクールでスタート

ビットコイン(BTC)による学費支払い受け入れ、フランスのビジネススクールでスタ...

フランスのビジネススクールで授業料を仮想通貨で受け入れる取り組みが開始している。すでにビットコイン(BTC)利用している生徒もいるようだ。この仕組みを取り入れた背景、実際に利用した生徒の声などをあわせて紹介する。
ビットコイン(BTC)誕生から10年、その功罪と次の10年を予測

ビットコイン(BTC)誕生から10年、その功罪と次の10年を予測

2008年10月31日に誕生したビットコイン(BTC)が今年で10周年を迎えました。生みの親であるサトシ・ナカモトが論文を発表した日に始まるこれまでの歴史を振り返りながら、専門家たちが予想する10年後の未来を紹介。
ビットコイン(BTC)をイーサリアム(Ethereum)上のトークンにするWBTCへのインパクト・批判

ビットコイン(BTC)をイーサリアム(Ethereum)上のトークンにするWBT...

KyberNetworkなど3社がイニシアチブをとるWBTCについての解説コラムです。ビットコイン(BTC)をイーサリアム(Ethereum)上のトークンにするWBTCとは?そして、WBTCのインパクトや散見する批判などを併せて紹介。
栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)コラム

1年後の仮想通貨ビットコインの価格・相場状況は?:栢森 加里矢(QUOINE 代...

Liquid by Quoine(リキッド)を運営しているQuoine株式会社(コイン)の栢森CEOが、コインチョイスのライターとして登場。初回は、1年後・10年後の仮想通貨やビットコイン、諸外国の規制状況、海外の仮想通貨事情などに触れています。
Bakkt(バックト)でのビットコイン(BTC)先物取引は12月より開始予定

Bakkt(バックト)でのビットコイン(BTC)先物取引は12月より開始予定

NYSEを傘下に置くICEが手がけるBakkt(バックト)でのビットコイン(BTC)先物取引が2018年12月12日(米国時間)から開始予定と公式で発表された。Bakktが目指すこと、承認された後の期待度についても考察を行った。
2大仮想通貨ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の違いとは?

2大仮想通貨ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の違いとは?

仮想通貨の時価総額1位のビットコイン(BTC)と2位のイーサリアム(ETH)の違いを紹介。ビットコインの生みの親であるサトシナカモトが解決した問題などそれぞれのコインの歴史と特徴を分かりやすく解説しました。
CMEグループのビットコイン先物取引量は41%増、上場投資信託(ETF)の承認待ちか

CMEグループのビットコイン(BTC)先物取引量は41%増、ETFの承認待ちか

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)におけるビットコイン(BTC)先物の1日平均取引量が2018年急激に増加した第2四半期(Q2)の後の第3四半期も上昇傾向を維持していたと発表。今後の動向も併せて紹介する。
テザー(USDT/Tether)価格急落!からのビットコイン(BTC)週後半に向けた戦略

テザー(USDT/Tether)価格急落!からのビットコイン(BTC)週後半に向...

先日(2018年10月15日)、テザー(USDT/Tether)の価格が急落しました。テザーの取引量やこれまでの動向などの解説に加え、逆に急騰したビットコイン(BTC)相場のテクニカルチャート分析による週後半戦略を紹介します。
220億円相当のビットコイン(BTC)が手数料10円で送金

220億円相当のビットコイン(BTC)が手数料10円で送金

約220億円に相当する3万ビットコイン(BTC)が手数料わずか約10円で送金されていたことが分かった。仮想通貨反対論者として知られるニューヨーク大学のヌリエル・ルビーニ教授へ集まった批判などを紹介する。
「中国はビットコイン(BTC)の脅威となる」プリンストン大学など研究者の論文公開

「中国はビットコイン(BTC)の脅威となる」プリンストン大学など研究者の論文公開...

米国のプリンストン大学、フロリダ大学の研究者グループが、中国はビットコイン(仮想通貨)にとって脅威となりうる論文を公開した。研究者たちが調査・分析した中国のマイニング事情、ビットコインへの脅威に関する内容を紹介する。
ビットコイン(BTC)の信用はハッシュレートで数値化できる、関係性を考察

ビットコイン(BTC)の信用はハッシュレートで数値化できる、関係性を考察

ビットコイン(BTC)の信用とは何か?ゴールド(金)のような価値・信用がまだないビットコインは、ある程度ハッシュレートで数値化ができます。本稿では信用と価値ついて、そしてビットコインとハッシュレートの関係性を考察します。
ビットコイン(BTC)に対する期待感、個人よりも機関投資家の方が強い:Fundstrat調べ

ビットコイン(BTC)に対する期待感、個人よりも機関投資家の方が強い:Funds...

米国のリサーチ会社であるFundstratから、新たな仮想通貨の調査レポートが公表された。機関投資家25社とTwitter上の個人投資家、述べ9,500人を対象にしたアンケートである。機関と個人とで結果が異なったレポートの一部を紹介。
ビットコイン(BTC)を批判する経済学者の論拠はどこにあるか?

ビットコイン(BTC)を批判する経済学者の論拠はどこにあるか?

通貨としてのビットコイン(BTC)を考察するためゴールドとの関連性を探り、ビットコインを批判する学者の論拠を紹介します。中央銀行が発行する法定通貨やゴールドとの違いから見えてくるビットコインの欠陥とは。
仮想通貨ウォレットの0.7%がビットコイン(BTC)の87%を保有

仮想通貨ウォレットの1%未満が全ビットコイン(BTC)の87%を保有か

仮想通貨のウォレットの中身や動き、持ち主の動向などを調べたユニークな調査結果が発表され、0.7%の仮想通貨ウォレットがビットコイン(BTC)全量の87%を保有しており、その価値は950億ドル(約10兆6,000億円)を上回るという。
ビットコイン(BTC)がデジタルゴールドと呼ばれる理由、金との違いとは?

ビットコイン(BTC)がデジタルゴールドと呼ばれる理由、金との違いとは?

ビットコイン(BTC)はデジタルゴールドと呼ばれ、採掘に近いということでマイニングという言葉が使われるように金とも近い性質を持っています。ビットコインと金に共通する希少価値や劣化しないといった要素と、両者の違いを解説します。
ビットコイン(BTC)取引量は円建てシェア低下、チャート節目の読み方を変えるべき?

ビットコイン(BTC)取引量は円建てシェア低下、チャート節目の読み方を変えるべき...

一年前はビットコイン(BTC)シェア数の多かった日本円ですが、2018年9月時点での現段階は1位がUSDT建てになっています。このことをふまえたチャート分析、ドル建てと日本円建ての関係性について、ボリ平氏が解説を行いました。
トム・リーは語る、ビットコインは年内に2万ドルに到達すると予測

「ビットコイン(BTC)は年内に2万ドルに到達」トム・リー氏が予想、その理由とは...

米ファンドストラット社のアナリストのトム・リー氏が年末までにビットコイン(BTC)の価格が2万ドルになると予測。昨今の低調気味の仮想通貨市場における大胆な予想の理由とは?
決定版!ビットコインETFの最新事情~課題と展望を改めて総整理、SEC主導で年明け早々にも承認へ?

決定版!ビットコインETFの最新事情~課題と展望を改めて総整理、SEC主導で年明...

最近の仮想通貨市場は、注目のビットコインETFの相次ぐ申請却下が目立っている。本稿では、情報が錯綜するビットコインETFの最近の動向や課題を振り返り、そして今後の展望などを過去の事例を混じえながら紹介する。
今回のビットコインETF否決は明確だった…否決予測ができたその理由とは?

今回のビットコインETF否決は明確だった…否決予測ができたその理由とは?

先日発表されたSECによる3ファンドのビットコインETFの否決について、実は今回のビットコインETFの却下は予測できていたと墨汁うまい氏は語る。ではなぜ予測できたのか?その理由や、ビットコインETFの種類の違いなどを比較して解説。
オーストラリア企業CointreeとGobbillが提携、仮想通貨による請求書の支払いをスタート

オーストラリア企業CointreeとGobbillが提携、仮想通貨による請求書決...

オーストラリア企業のCointreeと決済プラットフォームのGobbillが提携し、新たに請求書を仮想通貨で決済できるシステムを開設。これによりオーストラリアの人々は請求に対する支払いを仮想通貨によって行えるという選択肢が増えることになる。
SECが9つのビットコインETFを却下と発表、その理由とは?

SECが9つのビットコインETFを却下と発表、その理由とは?

米証券取引委員会(SEC)は、ProShares、 Direxion、GraniteSharesから申請されていたビットコインETFの9件に対して、却下の判断を下した。その理由は市場操作に対する対策が十分ではないことが挙げられている。
米SECによる“ProShares”ビットコインETF上場の承認可否期限が8月23日に迫る

米SECによる“ProShares”ビットコインETFの承認可否期限が8月23日...

米国証券取引委員会(SEC)によるProShares ETFの承認可否判断が、2018年8月23日に迫っている。申請中のETFは2件、23日は最終決定日となるという。CBOEの申請も判断日延期になったばかり。今後のBTCETFの行く末とは?
ゴールドマン・サックス「2018年展望レポート」公表、ビットコイン価格について下落をなお予想

ゴールドマン・サックス「2018年展望レポート」公表、ビットコイン価格下落をなお...

ゴールドマン・サックスが2018年半ばの展望レポートを公表、ビットコインについての考えを明かした。また仮想通貨の価格は今後も下落すると見ており理由も述べられている。どのような理由があるのか?レポート詳細を紹介
ビットコインを暴落させたETF審議「9/30に最終決断」は間違い?正しい知識を解説

ビットコインを暴落させたETF審議「9/30に最終決断」は間違い?正しい知識を解...

ビットコインETFの承認or否決の判断について多くの投資家が注目している。様々な情報が出回っており最終判断が2018年9月30日という報道もあるが、正確にはこの日までに承認or否決or審議延期が決まるとのこと。正しい知識を墨汁うまい氏が解説。
マネタリーコイン(ビットコイン)の矛盾ービットコイン(BTC)は値下がりすると非難され、日銀は円が値下がりすると褒めるっておかしくない?ー

【前編】仮想通貨ビットコイン(BTC)含めた金融の矛盾点に関して

マネーサプライの理論から見るとビットコイン(BTC)は矛盾をはらんでいる。仮想通貨マイナーと日本銀行ビジネスはどちらの方が利益率が高い? 日本円の仕組みと比較しながら、ビットコイン(BTC)の正体を丁寧に解説。
ビットコイン先物とは何?これだけは知っておくべきコトをわかりやすく解説

ビットコイン先物とは?これだけは知っておくべきコトをわかりやすく解説

ビットコイン先物とは何かを考えた時、わかっているようでわからない、説明できない、、そんな曖昧に覚えている方もいるかもしれません。本稿ではこれだけは知っておくべきビットコイン先物の基本や知っておくべきコトをわかりやすく解説します。
BitpayのCOO「ビットコイン(BTC)は決済手段として有益」と語ったその理由とは?

BitpayのCOO「ビットコイン(BTC)は決済手段として有益」と語ったその理...

ビットコインの決済サービス大手Bitpay(ビットペイ)のCOOがインタビューに答え、「ビットコインは決済手段として有益である」と語った。これはどういった理由から発言したのか?その他今後の仮想通貨業界に対する思いをまとめて紹介。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@