• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

ビットコイン(BTC)の記事一覧
ビットコイン(BTC)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ビットコイン(BTC)暴落の予兆?ロングポジション急増にトレーダーも困惑気味

7000ドル台での値動きを続けるビットコイン(BTC)ですが、上昇の兆しがあってもすぐに下落となるような不気味な動きになっています。そんな中、ロング(買い)ポジションが急増するという、今後の見通しが更に分からなくなる出来事も起きています。

【墨汁速報】フランス仮想通貨ファンド ナポレオンAM CMEビットコイン先物の取...

大口投資家のみを対象とするフランスの仮想通貨ファンド ナポレオンAM(は、ビットコイン先物を取引する新たなナポレオンビットコインファンドをローンチ。ナポレオンAMは2019年5月にフランス金融規制当局によりライセンスを取得したファンドだ。

【墨汁速報】Bakkt ビットコイン先物オプションとCFDを同時にローンチ CF...

ビットコイン現物決済先物を提供するBakktは、10月に発表したビットコイン先物のオプションをローンチしたと発表。同時に同社の親会社であるICEシンガポールでビットコイン先物を基準にしたCFD(差金決済取引)のローンチを同時に発表。

【墨汁速報】OKEx CMEやBakktに続きビットコインと仮想通貨現物、先物の...

OKCoinが運営するグローバル取引所OKExは、CMEやBakktのビットコイン先物オプション取引に続き、12月12日から仮想通貨の現物と先物のオプションローンチを発表。来年にはビットコインのオプションが取引できるようになる。
12月相場スタート!ビットコイン(BTC)相場は上がるのか?

12月相場スタート!ビットコイン(BTC)相場は上がるのか?

2019年8月以降、ビットコイン(BTC)ロンガーにとっては厳しい相場が続いています。11月末から12月にかけて反発する動きをみせるなか、今後ビットコインはどう動いていくのかボリ平氏の考察を紹介します。

【墨汁速報】ビットコインの高金利レンディング BlockFi 手数料無料のスワッ...

仮想通貨の高金利レンディングを提供するプラットフォームのBlockFiは、BTCとETH、GUSDのスワップが可能なBlockFi Tradingを新たにローンチ。取引所を介すことなく仮想通貨のシームレスな取引ができるという。

【墨汁速報】カナダ政府支援のビットコインマイナー破産へ 資産は債権のわずか3分の...

カナダのビットコインマイナーかつAIデータセンターGreat North Dataは、ビットコイン相場の伸び悩みからか11月末に破産を申請。債権は10.8億円あるのに対し、破産申請時には350万ドルしかないという。
ビットコイン・ブラックフライデー終了へ、創設者「当初のミッション完了」

ビットコイン・ブラックフライデー終了へ、創設者「当初のミッション完了」

2012年から開催されていたビットコイン・ブラックフライデーが終了したことが公式サイトで発表された。イベントを始めた仮想通貨愛好家として知られるジョン・ホルムキスト氏が挙げた終了の理由などを紹介する。

ビットコイン(BTC)価格が1000万円は夢?ストックフローモデルによる予測の欠...

需要と供給の観点から、半減期を迎えると価格は10万ドル(約1,100万円)になるという説もあったビットコイン(BTC)。しかし、その論のエビデンスとなっていた「ストックフローモデル」には重大な欠陥があるという指摘がされました。

ビットコイン市場と価格はどう動いた?2019年第3四半期までのレポートをskew...

ビットコイン先物に関するトレーダー向け情報を調査・発信するスキュー(Skew)が2019年第3四半期の市場レポートを公開しました。これまでの市場推移と比べて、どのような状況になっているのかを詳しく見てみましょう。

【墨汁速報】フィデリティ FDAS ビットコインOTC取引重視から年末までに初の...

管理資産7兆ドルの米フィデリティの仮想通貨部門であるFDASは、NYFDSのカストディとビットコインの売買認可後、初となる仮想通貨取引所との提携を2019年末までに画策しているとFDASの社長が述べている。

【墨汁速報】中国人民銀行(PBoC) 海外仮想通貨取引所の取り締り強化を発表 ビ...

仮想通貨などを規制する中国人民銀行はICOとビットコインなどの仮想通貨と人民元の取引を2017年に禁止してから初めて仮想通貨規制を更新。ICOなどの違法な資金調達やビットコインなどの仮想通貨取引による利益の享受を指摘し規制を強化するという。

【墨汁速報】Bakkt シンガポールでCME同様のUSD決済ビットコイン先物ロー...

現物決済ビットコイン先物を米国で提供するバックト( Bakkt)は、11月13日にニューヨークで行われたカンファレンスで詳細を明らかにしたUSDキャッシュ決済のCFDビットコイン先物のローンチを正式に発表した。
ビットコイン(BTC)の異常な価格変動「バートパターン(Bart Pattern)」とは?

ビットコイン(BTC)の異常な価格変動「バートパターン(Bart Pattern...

ビットコイン(BTC)の価格の急上昇後の急下落のパターンを表現した「バートパターン(BART Pattern)」という言葉があります。そのバートパターンの由来から、ビットコイン価格の乱高下の背景について紹介します。

【墨汁速報】管理資産7兆ドル フィデリティのFDAS ビットコインカストディと取...

フィデリティデジタルアセット(Fidelity Digital Asset)は、NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)により定款をニューヨーク州銀行法のもと認可されたと発表。この認可によりニューヨーク州規制下の投資信託となる。

【墨汁速報】仮想通貨ファンド Grayscaleのビットコイントラスト SEC報...

仮想通貨投資ファンドのGrayscaleのビットコイントラストは、SEC(米証券取引委員会)の報告会社への登録を提出。SECがビットコイントラストを報告会社を適格と判断した場合、仮想通貨金融商品として初の登録となる。

【墨汁速報】バイナンス 中国Weiboのアカウントを法律を破ったとし消去される

バイナンス(Binance)のWeiboアカウントが、「法律と規制、Weiboの条約を破った」としてWeibo公式からブロックされた。中国メディアによると「バイナンスは最も重要なマーケティングポジションを失った」として

【墨汁速報】Ledger Vault マーシュを介してロイズの約163億円の仮想...

ハードウェアウォレットのLedger Nanoで有名なスタートアップLedgerは、米保険業界最大手のマーシュにより仮想通貨カストディプラットフォーム"Ledger Vault"に163億円の保険を獲得したと14日に発表した。
11月のビットコイン(BTC)相場、今は重要な局面

11月のビットコイン(BTC)相場、今は重要な局面

一時80万円台まで下落していたビットコイン(BTC)が10月最終週に急騰!110万円まで上昇し、現在は95万円前後で動くビットコインの価格の今後は?トレードにおける重要なポイントなどボリ平氏が解説。

【墨汁速報】米CME ビットコイン先物オプションのローンチを1月13日に予定

差金決済のビットコイン先物を提供する米CMEは2020年第1四半期にローンチするとしていたビットコイン先物のオプションを1月13日にローンチすると発表。現在規制当局によるビットコイン先物オプションの審査待ちの状態となっている。

【墨汁速報】銀行レベルの厳重なセキュリティ BakktのカストディサービスをNY...

現物決済されるビットコイン先物を提供するBakkt(バックト)は、11日NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)によりカストディサービスを提供する認可を受けたと発表。9月より先物は提供していたが、カストディサービスは提供していなかった。

【墨汁速報】ホワイトリスト導入!高金利BlockFi BTC&ETHレン...

BlockFiはビットコインとイーサリアムの高金利レンディングをオファーするプラットフォーム。そのBlockFiが、BTCとETHアドレスの出金先を登録できるホワイトリストの導入を発表、さらなるセキュリティの向上になる。

【墨汁速報】Radar ビットコインのライトニングを活用したイーサリアムブリッジ...

イーサリアムDEXのRadar Relayの開発で知られるスタートアップのRadarは、イーサリアムウォレットでビットコインのライトニングネットワークとのスワップを可能とする「RedShift」と呼ばれる新規サービスをローンチした。
Bakktの現物渡しビットコイン(BTC)先物は「バタフライ効果」を呼び込むか?

Bakktの現物渡しビットコイン(BTC)先物は「バタフライ効果」を呼び込むか?...

バックト(Bakkt)の現物渡しビットコイン(BTC)先物取引が始まって以来1カ月余りが経ちました。バックトが仮想通貨市場に小さな変化が大きな変化をもたらすことを意味する「バタフライ効果」となるのかという議論を紹介します。

【墨汁速報】Nexus ビットコインベースのブロックチェーンにスマートコントラク...

ビットコインベースのブロックチェーンの機能が拡張可能なNexusが、新たにスマートコントラクト機能をもたらすネットワークアップグレードを行うと発表。11月4日にデプロイされ、11月11日に実装がアクティベートされるという。

【墨汁速報】Nasdaqシステム採用の仮想通貨取引所 DX.exchage閉鎖へ...

ナスダック証券取引所のシステムを採用している仮想通貨取引所のDX.Exchangeは、取引所の売却または合併を押しすすめるために一時的に取引所を閉鎖することを取締役が決定したと11月3日に発表。ローンチからわずか10ヶ月となり、1年経たずに閉鎖という結果

【墨汁速報】フィッシングメールに気をつけて!BitMEXがメアド流出の経緯とその...

仮想通貨デリバティブ取引所のBitMEXは、11月1日に発表した新たなインデックス計算方と取引所追加告知でユーザーのメールアドレスが大量に流出した問題を謝罪。BitMEXのサポートなどを語るフィッシングメールの注意喚起を行った。
ビットコイン(BTC)の半減期には何が起こる?価格への影響と理由を解説!

ビットコイン(BTC)の半減期には何が起こる?価格への影響と理由を解説!

2020年にはビットコインに一大イベントの「半減期」が待ち構えています。この半減期によって、価格やマイニングを行う人たちへの影響はどのようにあるのでしょうか?過去の様子や他の通貨の事情を踏まえて、初心者の人にもわかりやすく解説します。

【墨汁速報】11月22日より開始!BitMEX インデックス価格に3つの取引所を...

ビットコインデリバティブで最も流動性が高いBitMEXは、基準となるインデックスの計算に新しい取引所を追加すると発表。新たに取引所を追加することでよりビットコインやイーサリアムなどの市場価格を反映できるとしている。

【墨汁速報】米CMEビットコイン先物のオプション詳細を暫定的に公開 投資戦略はよ...

ビットコイン先物を提供するCMEは9月末に発表していた「ビットコイン先物のオプション」の詳細を発表。来年の2020年第1四半期にローンチ予定であり、より複雑なトレード戦略が可能になる。詳細を紹介します。
ビットコイン(BTC)に投資をするべき5つの理由

ビットコイン(BTC)に投資をするべき5つの理由

仮想通貨を知ったばかりの人にとってはビットコイン(BTC)を購入すべき理由を回答するのは難しいのではないでしょうか?ここでああ改め、ゴールドの比較をはじめ、ビットコインに投資すべき5つの理由を紹介します。

【墨汁速報】スターバックスとの共同テスト! Bakktの決済アプリローンチを予定...

現物決済ビットコイン先物を提供するバックトは、エコシステムの要となる消費者と事業者のポータルとなるアプリを開発していると発表。このアプリは初期パートナーであるスターバックスとの共同で開発され、2020年上半期にローンチを予定しているという。

【墨汁速報】ビットコインへ追い風?中国習近平主席 ブロックチェーンについて初めて...

中国の習近平主席がビットコインを中国で規制開始をして初めてブロックチェーンについて言及。ブロックチェーン技術で世界のリードになるべきだとしている。この報道後81万円を推移していたビットコインは約2.5万円の高騰となる83.5万円を記録した。

全然上がらないビットコイン(BTC)相場、底値はどこに?

9月の暴落から未だに下がり続けているビットコイン(BTC)。ここが底かと思いきや、更に底を割るといった状況になっています。どこまで落ちるのでしょうか?市場の活気のためにも、反転からの上昇を期待するばかりです。

【墨汁速報】Bakkt 現物決済ビットコイン先物のオプションを12月9日にローン...

Bakktが10月24日、世界初となる米商品先物取引委員会(CFTC)による規制されたビットコイン先物のオプションコントラクトを12月9日にローンチすると発表。ユーザーはリスクヘッジやクロスマージンなどを行うことができるという。
ビットコイン(BTC)はどうやって購入・手に入れる?クレジットカードで買えない理由

ビットコイン(BTC)はどうやって購入・手に入れる?クレジットカードで買えない理...

ビットコイン(BTC)の購入方法として最も知られている「仮想通貨取引所」以外にも存在します。入手するなら、購入以外の方法もあります。そして、どうしてクレジットカードでは購入できないのでしょう?さまざまな観点から購入について考察します!

【墨汁速報】時価総額ランキングサイト 仮想通貨レンディングの利率比較サービスをロ...

仮想通貨の時価総額ランキングを提供するCoinMarketCapは10月16日、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など33種類の仮想通貨のレンディング利率を比較できるページを新たにローンチした。
売り・買いしずらい10月のビットコイン(BTC)相場と今後の行方

売り・買いしずらい10月のビットコイン(BTC)相場と今後の行方

8月に比べ仮想通貨全体の時価総額は10兆円減少。ドミナンスが低下するビットコイン(BTC)は今後どのような動きをみせるのか?ボリ平氏による現在のビットコインの相場分析と今後の戦略や予想を紹介します。
仮想通貨を大量保有するクジラは個人それとも企業のこと? 

仮想通貨を大量保有するクジラは個人それとも企業のこと? 

仮想通貨市場に大きな影響を及ぼす大量の保有者のことを業界では「クジラ(Whales)」と呼ばれています。その多くの正体はごく一部の関係者しか知りませんが、仮想通貨メディアが大手取引所の他、3人の個人名をクジラとして紹介しています。
ビットコイン(BTC)価格大幅下落で注目される「仮想通貨の恐怖と欲望指数」

ビットコイン(BTC)価格大幅下落で注目される「仮想通貨の恐怖と欲望指数」

9月24日に大きく下落したビットコイン(BTC)の価格。この価格変動を予測できれば投資家にはかなり有力な情報になることでしょう。今回の下落により注目を集めた「仮想通貨の恐怖と欲望インデックス」を紹介します。

【墨汁速報】ビットコインの中国リスク?AlipayとWechatPay バイナン...

バイナンス(Binance)が10月9日、個人間の仮想通貨取引のローンチ。このP2P取引では中国の中央銀行により禁止されている人民元と仮想通貨の取引が含まれていた。これに対してAlipayとWeChatPayは公式にサポートを否定した。
Bakktのビットコイン(BTC)先物取引開始から1週間、生ぬるい投資家の反応

Bakktのビットコイン(BTC)先物取引開始から1週間、生ぬるい投資家の反応

バックト(Bakkt)の現物引き渡しによるビットコイン(BTC)先物取引開始から1週間。投資家からは極めて生ぬるい反応という結果に。専門家からはは、同時期のビットコインの価格下落はBakktが原因だとの声も。
ビットコイン(BTC)は下方ブレイク!ロングポジションは含み損に

ビットコイン(BTC)は下方ブレイク!ロングポジションは含み損に

8月後半から9月中旬にかけてあまり動きのなかったビットコイン(BTC)ですが、ついに三角保ち合いが崩れました。今回のビットコイン価格下落に関して、ボリ平氏のトレードの振り返りと今後の戦略を紹介しましす。

【墨汁速報】世界初?保険ブローカー マーシュビットコイン盗難などの100%の盗難...

世界大手の保険ブロカーMarsh & McLennanは、モントリオールベースのカストディアン KNOXに異例となる仮想通貨の完全カバー保険を提供。ヘッジファンドなどに提供するコールドストレージサービスからのハッキングなどを保証。

【墨汁速報】現在の出来高や決済日は?バックト(Bakkt)ビットコイン先物ついに...

現物決済されるBakktビットコイン先物は、日本時間9月23日ついにローンチ。CMEの提供する四半期ビットコイン先物とは異なり、1ヶ月ごとに決済されるマンスリービットコイン先物のBTMと1日ごとに決済されるデイリービットコイン先物のBTCが提供されている。 関連記事:【墨汁速報】Bakktビットコイン先物 マージン取引に必要な証拠金と
ビットコイン(BTC)の将来は人々の考える以上に政府の金融政策に依存している

ビットコイン(BTC)の将来は人々の考える以上に政府の金融政策に依存している

金融エコシステムの中でその地位をしっかりと固めつつあるビットコイン(BTC)。このほどラトビアで開催されたバルト・ハニーバジャー会議で、発表されたビットコインが政府の金融政策に依存しているという考えを紹介します。

【墨汁速報】ビットコインへの影響は?FOMCの利下げまとめ

日本時間19日3:00am、米FRBはFOMC(政策金利)で25bpの利下げを発表。8月1日の利下げに引き続き、約10年ぶり2回連続の利下げとなった。利下げの発表後、ビットコインは一時約45ドルの高騰を見せるも、一時的な下落となった。

【墨汁速報】VanEck ビットコインETFの上場申請を取り下げ SECが日本時...

VanEck SolidXはSECに上場審議申請をしていたビットコインETFを9月13日付けで取り下げ。SECのビットコインETF審議は2019年10月18日が最終期限であったため、約1ヶ月の余裕を残して辞退した形となった。
ビットコイン(BTC)は逃避先?金融市場との相関性弱まる

ビットコイン(BTC)は逃避先?金融市場との相関性弱まる

以前は金の価格などと相関関係が見えたビットコイン(BTC)でしたが、最近になって株や金などとの相関関係は無いという分析結果を発表する声が上がってきました。果たしてビットコインは逃避資産としての立場を確立していくのでしょうか。

9月後半に期待?ビットコイン(BTC)価格を分析

最近のビットコイン相場は6月に大きく上に跳ねてたもの、8月~9月前半にかけては、売り方・買い方優勢が交互に来るような動きが続いています。そんなビットコインの相場についてボリ平氏による相場分析をお伝えします。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram