• Home
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • モナコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • リスク 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアムクラシック 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • ビットコイン (BTC)
  • イーサリアム (ETH)
  • リップル (XRP)
  • ビットコインキャッシュ (BCH)
  • イオス(EOS)
  • ライトコイン (LTC)
  • ネム (NEM/XEM)
  • ステラ(XLM)
  • リスク (LISK/LSK)
  • モナコイン (MONA)
  • Zcash (ZEC)
  • イーサリアムクラシック (ETC)
  • テザー (Tether/USDT)
  • エニグマ(ENG)
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • BitTrade (ビットトレード)
  • バイナンス(BINANCE)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • coincheck(コインチェック)
  • クラーケン (Kraken)
  • みんなのビットコイン
  • ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • ポートフォリオ
  • PR

ビットコイン(BTC)の記事一覧
ビットコイン(BTC)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

「中国はビットコイン(BTC)の脅威となる」プリンストン大学など研究者の論文公開

「中国はビットコイン(BTC)の脅威となる」プリンストン大学など研究者の論文公開...

米国のプリンストン大学、フロリダ大学の研究者グループが、中国はビットコイン(仮想通貨)にとって脅威となりうる論文を公開した。研究者たちが調査・分析した中国のマイニング事情、ビットコインへの脅威に関する内容を紹介する。
ビットコイン(BTC)の信用はハッシュレートで数値化できる、関係性を考察

ビットコイン(BTC)の信用はハッシュレートで数値化できる、関係性を考察

ビットコイン(BTC)の信用とは何か?ゴールド(金)のような価値・信用がまだないビットコインは、ある程度ハッシュレートで数値化ができます。本稿では信用と価値ついて、そしてビットコインとハッシュレートの関係性を考察します。
ビットコイン(BTC)に対する期待感、個人よりも機関投資家の方が強い:Fundstrat調べ

ビットコイン(BTC)に対する期待感、個人よりも機関投資家の方が強い:Funds...

米国のリサーチ会社であるFundstratから、新たな仮想通貨の調査レポートが公表された。機関投資家25社とTwitter上の個人投資家、述べ9,500人を対象にしたアンケートである。機関と個人とで結果が異なったレポートの一部を紹介。
ビットコイン(BTC)を批判する経済学者の論拠はどこにあるか?

ビットコイン(BTC)を批判する経済学者の論拠はどこにあるか?

通貨としてのビットコイン(BTC)を考察するためゴールドとの関連性を探り、ビットコインを批判する学者の論拠を紹介します。中央銀行が発行する法定通貨やゴールドとの違いから見えてくるビットコインの欠陥とは。
仮想通貨ウォレットの0.7%がビットコイン(BTC)の87%を保有

仮想通貨ウォレットの1%未満が全ビットコイン(BTC)の87%を保有か

仮想通貨のウォレットの中身や動き、持ち主の動向などを調べたユニークな調査結果が発表され、0.7%の仮想通貨ウォレットがビットコイン(BTC)全量の87%を保有しており、その価値は950億ドル(約10兆6,000億円)を上回るという。
ビットコイン(BTC)がデジタルゴールドと呼ばれる理由、金との違いとは?

ビットコイン(BTC)がデジタルゴールドと呼ばれる理由、金との違いとは?

ビットコイン(BTC)はデジタルゴールドと呼ばれ、採掘に近いということでマイニングという言葉が使われるように金とも近い性質を持っています。ビットコインと金に共通する希少価値や劣化しないといった要素と、両者の違いを解説します。
ビットコイン(BTC)取引量は円建てシェア低下、チャート節目の読み方を変えるべき?

ビットコイン(BTC)取引量は円建てシェア低下、チャート節目の読み方を変えるべき...

一年前はビットコイン(BTC)シェア数の多かった日本円ですが、2018年9月時点での現段階は1位がUSDT建てになっています。このことをふまえたチャート分析、ドル建てと日本円建ての関係性について、ボリ平氏が解説を行いました。
トム・リーは語る、ビットコインは年内に2万ドルに到達すると予測

「ビットコイン(BTC)は年内に2万ドルに到達」トム・リー氏が予想、その理由とは...

米ファンドストラット社のアナリストのトム・リー氏が年末までにビットコイン(BTC)の価格が2万ドルになると予測。昨今の低調気味の仮想通貨市場における大胆な予想の理由とは?
決定版!ビットコインETFの最新事情~課題と展望を改めて総整理、SEC主導で年明け早々にも承認へ?

決定版!ビットコインETFの最新事情~課題と展望を改めて総整理、SEC主導で年明...

最近の仮想通貨市場は、注目のビットコインETFの相次ぐ申請却下が目立っている。本稿では、情報が錯綜するビットコインETFの最近の動向や課題を振り返り、そして今後の展望などを過去の事例を混じえながら紹介する。
今回のビットコインETF否決は明確だった…否決予測ができたその理由とは?

今回のビットコインETF否決は明確だった…否決予測ができたその理由とは?

先日発表されたSECによる3ファンドのビットコインETFの否決について、実は今回のビットコインETFの却下は予測できていたと墨汁うまい氏は語る。ではなぜ予測できたのか?その理由や、ビットコインETFの種類の違いなどを比較して解説。
オーストラリア企業CointreeとGobbillが提携、仮想通貨による請求書の支払いをスタート

オーストラリア企業CointreeとGobbillが提携、仮想通貨による請求書決...

オーストラリア企業のCointreeと決済プラットフォームのGobbillが提携し、新たに請求書を仮想通貨で決済できるシステムを開設。これによりオーストラリアの人々は請求に対する支払いを仮想通貨によって行えるという選択肢が増えることになる。
SECが9つのビットコインETFを却下と発表、その理由とは?

SECが9つのビットコインETFを却下と発表、その理由とは?

米証券取引委員会(SEC)は、ProShares、 Direxion、GraniteSharesから申請されていたビットコインETFの9件に対して、却下の判断を下した。その理由は市場操作に対する対策が十分ではないことが挙げられている。
米SECによる“ProShares”ビットコインETF上場の承認可否期限が8月23日に迫る

米SECによる“ProShares”ビットコインETFの承認可否期限が8月23日...

米国証券取引委員会(SEC)によるProShares ETFの承認可否判断が、2018年8月23日に迫っている。申請中のETFは2件、23日は最終決定日となるという。CBOEの申請も判断日延期になったばかり。今後のBTCETFの行く末とは?
ゴールドマン・サックス「2018年展望レポート」公表、ビットコイン価格について下落をなお予想

ゴールドマン・サックス「2018年展望レポート」公表、ビットコイン価格下落をなお...

ゴールドマン・サックスが2018年半ばの展望レポートを公表、ビットコインについての考えを明かした。また仮想通貨の価格は今後も下落すると見ており理由も述べられている。どのような理由があるのか?レポート詳細を紹介
ビットコインを暴落させたETF審議「9/30に最終決断」は間違い?正しい知識を解説

ビットコインを暴落させたETF審議「9/30に最終決断」は間違い?正しい知識を解...

ビットコインETFの承認or否決の判断について多くの投資家が注目している。様々な情報が出回っており最終判断が2018年9月30日という報道もあるが、正確にはこの日までに承認or否決or審議延期が決まるとのこと。正しい知識を墨汁うまい氏が解説。
マネタリーコイン(ビットコイン)の矛盾ービットコイン(BTC)は値下がりすると非難され、日銀は円が値下がりすると褒めるっておかしくない?ー

【前編】仮想通貨ビットコイン(BTC)含めた金融の矛盾点に関して

マネーサプライの理論から見るとビットコイン(BTC)は矛盾をはらんでいる。仮想通貨マイナーと日本銀行ビジネスはどちらの方が利益率が高い? 日本円の仕組みと比較しながら、ビットコイン(BTC)の正体を丁寧に解説。
ビットコイン先物とは何?これだけは知っておくべきコトをわかりやすく解説

ビットコイン先物とは?これだけは知っておくべきコトをわかりやすく解説

ビットコイン先物とは何かを考えた時、わかっているようでわからない、説明できない、、そんな曖昧に覚えている方もいるかもしれません。本稿ではこれだけは知っておくべきビットコイン先物の基本や知っておくべきコトをわかりやすく解説します。
BitpayのCOO「ビットコイン(BTC)は決済手段として有益」と語ったその理由とは?

BitpayのCOO「ビットコイン(BTC)は決済手段として有益」と語ったその理...

ビットコインの決済サービス大手Bitpay(ビットペイ)のCOOがインタビューに答え、「ビットコインは決済手段として有益である」と語った。これはどういった理由から発言したのか?その他今後の仮想通貨業界に対する思いをまとめて紹介。
ビットコイン(BTC)にはサイファーパンク(Cypherpunks)の血が流れている

ビットコイン(BTC)にはサイファーパンク(Cypherpunks)の血が流れて...

ビットコイン(BTC)は、Cypherpunksと呼ぶ思想と切っても切れない関係性がある。そしてサイファーパンク登場のきっかけや目的をあまり知らない…という方も少なくない。本稿ではサイファーパンクの詳細と共にBTCの魅力について考察する。
ビットコイン(BTC)の市場占有率が最高の46%に、アルトコインの低調が目立つ

ビットコイン(BTC)の市場占有率が最高の46%に、アルトコインの低調が目立つ

ビットコインの市場占有率が6月下旬から徐々に上昇している。7月23日には46%に達しアルトコインの丁重が目立つ形となった。この占有率上昇とともにビットコイン価格の上昇も見られる。BTC占有率やアルトコイン価格などの現状を紹介。
CME市場ビットコイン(BTC)先物取引の日量が2018年Q2に前期比93%増に

CME市場ビットコイン(BTC)先物取引の日量が2018年Q2に前期比93%増に...

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)などを運営するCMEグループが、ビットコイン先物取引の平均取引の日量が2018年Q1とQ2で93%増加したことを公式Twitterで発表した。詳細データやBTC市場価格の上昇の考えられる要因などを紹介。
中国がビットコイン、イーサリアムマイナー排除を開始。長期的な影響と利点とは

中国がビットコイン、イーサリアムマイナー排除を開始。長期的な影響と利点とは

中国には大きな演算力を持つマイナーが多くいます。先日、中国国内でビットコインやイーサリアムなどのマイナーを排除するという新たな動きがあると報じられました。この動きがイーサリアムやビットコインへ与える大きな影響について解説します。
ビットコイン(BTC)の技術導入促進をするBitcoin Optechが設立、CoinbaseやXapoなど著名企業が多数賛同

ビットコイン(BTC)の技術導入促進をするBitcoin Optechが設立、C...

ビットコインの技術導入を促進する団体「Bitcoin Optec(ビットコイン・オプテック)」が立ち上げられた。この団体の賛同企業はコインベースやXapo、Squareなど著名企業が並ぶ。どういった団体なのか?注目される理由を解説。
ビットコイン(BTC)は価格とハッシュレートの相関性がなくなり新たなステージへ

ビットコイン(BTC)は価格とハッシュレートの相関性がなくなり新たなステージへ

ビットコイン(BTC)価格とハッシュレートには相関性があると言われてきました。しかし2018年のデータは価格下降、ハッシュレート上昇という状況に。なぜ相関関係は崩れているのか?このデータからわかる事をボリ平氏が考察します。
仮想通貨の時価総額が分かればビットコイン(BTC)の価格は分かるのか!?

仮想通貨の時価総額が分かれば、ビットコイン(BTC)の価格は分かるのか!?

2017年から仮想通貨市場(時価総額)の定点観測をしているボリ平さん。観測をする理由はビットコイン(BTC)との価格に関連性があるからとのこと。果たして本当に関連するのか?実際の時価総額推移やチャートともに検証・考察をしています。
なぜビットコイン(BTC)の価値が下がっているのか?

なぜビットコイン(BTC)の価格が下落しているのか?

2018年の年始に170万を超えていたビットコイン(BTC)も現在は、70万前後となっています。買う人の減少がこうした価格下落の表れています。では、年始の高騰時、いったい誰がビットコイン(BTC)を買っていたのでしょうか? チャートを辿りながらの解説していきます。
ビットコイン(BTC)価格はソーシャルメディアの「声なき声」に左右される

ビットコイン(BTC)価格はソーシャルメディアの「声なき声」に左右される

アメリカのスティーブンス工科大学の准教授らがビットコイン価格とSNSの関係について研究を行った。発表された結果によるとソーシャルメディアのサイレントマジョリティ(声なき声)の影響でビットコインの価格が動いたという。その他結果内容を紹介。
【動画あり】ビットコイン(BTC)市場を出来高から予測する方法とは?

【動画あり】ビットコイン(BTC)市場を出来高から予測する方法とは?

ビットコイン(BTC)に対して様々な意見が飛び交う仮想通貨業界。価格は上昇すると予測している著名人も多くいるが根拠も絶対的な確信があるものではない。本稿では将来の価格予測をする上でのヒント、つまり出来高の見方を解説。表作成方法の動画も有り。
サトシ・ナカモトが財団ウェブ上に署名入り文書を掲載、謎につつまれた正体のヒントはあるのか?

サトシ・ナカモトが財団ウェブ上に署名入り文書を掲載、謎につつまれた正体のヒントは...

ビットコイン(BTC)の開発者といわれているサトシ・ナカモトが綴ったとされる文書が、ナカモトファミリー財団のWEBにて公開されたことが話題となっている。文書の内容や、サトシの素性のヒントとなるようなものはあるのだろうか?
BitMexのCEO「年末のビットコイン価格を500万円以上」と予想、暗号通貨市場にポジティブなシナリオパターンを解説

BitMexのCEO「年末のビットコイン価格を500万円以上」と予想、暗号通貨市...

「2018年末のビットコイン価格は500万円以上」とBitMexのCEOが予測発言をしたことについて、この根拠は一体何なのかを解説。また、仮想通貨市場にポジティブな今後の行く末、未来のパターンを平野氏が考察しています。
ビットコイン(BTC)のプライベートキーがついに公開へ、その真意とリスクは?

ビットコイン(BTC)のアラート機能を活性化する為のプライベートキーが公開検討へ...

開発者らが内密に温めてきたビットコイン(BTC)のプライベートキー(秘密鍵)が、早くて2018年7月にも公開されるのではとされている。BTCプライベートキーとは一体どういったものなのか?また公開するその真意やリスクはあるのか?等を紹介。
ビットコインは人工知能(AI)によって創られた?という噂を解説

ビットコイン(BTC)は人工知能(AI)によって創られた?という噂を解説

ビットコイン(BTC)はサトシ・ナカモトという恐らくアジア圏の人が開発したとされているが、現状実際に会ったというという人はいない。正体は謎のままだが、他にもBTCは人工知能(AI)によって創られたという説もある。その内容を紹介。
ビットコイン(BTC)価格が下落する6つの理由と生き残る3つの理由

ビットコイン(BTC)価格が下落する6つの理由と生き残る3つの理由

ビットコイン(BTC)は2017年末の高値依頼、下落トレンドが続いている。最近のさらなる下落で60万円台となっているが、これにはいくつか理由があると考えられる。本稿では下落している6つの要因とBTCが生き残るとされる3つの理由を紹介。
ビットコイン(BTC)過去のチャートパターンから未来を予測する、次なる高値の目安は?

ビットコイン(BTC)の過去チャートパターンから未来を予測する、次なる高値の目安...

2013年末のビットコイン価格(約1000ドル)から2017年のBTC価格高騰までの過去チャートを分析すると、過去と現在で似ているチャートパターンを発見。今後も同じような値動きをすした場合のBTC価格を投資家ボリ平さんが予測しています。
「ビットコイン(BTC)は中国によって支配されている」とリップル(Ripple)CEOが発言

「ビットコイン(BTC)は中国によって支配されている」とリップル(Ripple)...

リップル(Ripple)のCEOであるブラッド・ガーリングハウス氏が「ビットコインは中国のマイナーによって操作されている」という趣旨の発言をしたことが注目されている。先日のBTCは世界の単一通貨にはならないとの発言を強調したと捉えられる。
サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)は「風変りで奇妙」とビットコイン(BTC)開発協力者が語る

サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)は「風変りで奇妙」とビットコ...

ビットコインの開発者であるサトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)について、BTC開発協力者の1人が当時のナカモトとのメールを公開した。証言によるとナカモトは風変わり、そして偏執だったという。サトシ・ナカモト正体は謎のまま…?
Apple(アップル)の共同創設者、ビットコイン(BTC)が世界の単一通貨になることを希望

Apple共同創設者、ビットコイン(BTC)が世界の「単一通貨」になることを希望...

Appleの共同創設者スティーブ・ウォズニアック(Steve Wozniak)氏が先日のCNBCとのインタビューでビットコインは世界の単一通貨になることを望んでいる旨を語った。その言葉の意図や今後仮想通貨に期待することとは一体?
スロベニアの複合商業施設BTC Cityが「真のビットコインシティ」に向けて動き出す

スロベニアの複合商業施設BTC Cityが「真のビットコインシティ」に向けて動き...

東ヨーロッパにあるスロベニアにある「BTC City」という大型ショッピングモールが、実際にBTCを利用できる「真のビットコインシティ」を目指すために動き出していることがわかった。すでに仮想通貨ATMを設置するなど着々と進められている。
韓国最高裁:仮想通貨・ビットコインを合法的に資産と認める

韓国最高裁:仮想通貨・ビットコイン(BTC)を合法的に資産と認める

韓国最高裁がビットコイン(仮想通貨)を資産と認める判決を下していたことが分かった。ポルノサイトを運営してた容疑者が、多くのビットコインをサイト運用することで儲けており、デジタル資産が、韓国の法律で資産と認識出来るかどうかで裁判が長引いていた。
プラハ地下鉄に仮想通貨ATM10台設置へ、移動中でもビットコイン(BTC)売買が可能に

プラハ地下鉄に仮想通貨ATM10台設置へ、移動中でもビットコイン(BTC)売買が...

120万人/日が使うプラハの地下鉄に仮想通貨対応ATMが10台設置された。プラハでは「仮想通貨ブーム」が起きており、チェコ共和国の寛容な姿勢から市場が盛り上がっている。各国が規制をする中、プラハは今後どのようなコミュニティを築くのだろうか。
ビットコイン(BITCOIN)登録商標をめぐって英国で初の争い、個人や企業の利用は商標侵害に?

ビットコイン(BITCOIN)登録商標をめぐり英国で初の争い、個人や企業の利用は...

英国でビットコインの登録商標をめぐって争いが起きている。ロンドンの企業があるECサイトにて販売されていたBITCOINロゴ商品を発見、同サイトに出品しないように警告を出した。ロンドンの企業はいつ商標登録を行ったのか?各国の動きにも注目。
仮想通貨業界マップ2018初夏

仮想通貨ビットコイン関連企業マップ2018年初夏

仮想通貨・ブロックチェーン業界マップの更新を行いました。この1年で、お引越しした企業も多くあります。飲食店も全国規模で増加傾向にあると思われますので、一つの参考としてみてもらえると幸いです。
これから20〜30年後、ビットコイン(BTC)はどうなっているのだろうか?

これから20〜30年後、ビットコイン(BTC)はどうなっているのだろうか?

ビットコイン(BTC)の未来についての考察コラム。ビットコインは20~30年後の将来、国際的な通貨として使用される日はくるのか?そもそも法定通貨のようになるためにはどういった定義が必要とされるのか?基本となる「お金について」を紹介。
ビットコイン(BTC)は将来「法定通貨に代わる未来の通貨」と大口投資家は語る

ビットコイン(BTC)は将来「法定通貨に代わる未来の通貨」と大口投資家は語る

海外の大口投資家は仮想通貨のボラティリティに関して楽観的な姿勢を見せており、下落トレンドを描いてる今もビットコイン(仮想通貨)は将来、法定通貨に変わる価値を持った主流の通貨になるのではと予測。CNBCのインタビューで語ったその理由を紹介。
ペイパル(Paypal)は「ビットコイン(BTC)価格が安定するなら本格的にサポートする」と発言

ペイパル(Paypal)CFOは「ビットコイン(BTC)価格が安定するなら本格的...

ペイパル(Paypal)最高財務責任者は、CNBCとのインタビューの中で「ビットコインがより良い仮想通貨になるならば確実にサポートする」語った。CFOにとってより良いとはどういった通貨のことをさすのか?また現在の懸念点とは何なのだろうか?
ビットコイン(BTC)決済が多くのサービスに続々と採用!4つの決済導入例を紹介

ビットコイン(BTC)が多くのサービスで続々と採用!4つの決済導入例を紹介

現在多くの企業(サービス)でビットコイン(BTC)決済の導入が採用されている。今回は最近の導入例を4つ厳選して紹介。日本をはじめスペインでも積極的に採用。bitFlyerとの提携により導入したサービスもあったりと多種多様である。
ビットコイン(BTC)価格の激しいボラティリティ、4つの理由とは一体…?

ビットコイン(BTC)価格の激しいボラティリティ、4つの理由とは一体…?

ビットコインは非常にボラティリティの高い仮想通貨の一つである。2017年5月には22万円程だったBTC価格は12月末に約220万円、2018年1月には約60%の下落など波が激しい。こういった動きには理由がある。今回はその4つの要因を紹介。
ビットコイン(BTC)が200万円を再び超える為に必要な3つの要因とは?

ビットコイン(BTC)が200万円を再び超える為に必要な3つの要因とは?

2017年末に200万円以上を記録したビットコイン(BTC)は、現在90万円前後で推移している。海外の一部メディアではいずれ2万ドル(約220万円)を超えると予測があるが根拠は見えない。本稿ではBTC価格上昇に必要な3つの要因を解説する。
ビットコイン(BTC)は2018年末までに550万円に上昇?BitMEXのCEOが大胆予測

ビットコイン(BTC)は2018年末までに550万円へ上昇?BitMEXのCEO...

仮想通貨取引所BitMEXのCEOが「2018年末までにビットコインが5万ドルまで上昇する」と強気な予測発言したことが話題となっている。価格は低迷を続けており、上昇の兆候がない中でなぜBTCは上昇するのだろうか?予測までの背景などを紹介。
NY証券取引所オーナー会社ICEがビットコイン取引プラットフォームを開発中か?

NY証券取引所オーナー会社ICEがビットコイン取引プラットフォームを開発中か?

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるICE社がビットコイン(BTC)取引プラットフォームを開発中か(?)とNYタイムズ紙が報じた。今回の件に対する質問等に関して担当者はノーコメントを繰り返している為、真相ははっきりしていないという。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice