• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

ビットコイン(BTC)の記事一覧
ビットコイン(BTC)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

米機関投資家は2018年Q4にビットコイン(BTC)を大量空売りしていた!仮想通貨市場は安泰か?

米機関投資家は2018年Q4にビットコイン(BTC)を大量空売りしていた!仮想通...

仮想通貨ファンド系列企業ジェネシス・キャピタル(Genesis Capital)によると、2018年11~12月が機関投資家による空売りなどが最も活発な月だったことが分かった。同社が公開している調査レポートを紹介する。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】米SEC ビットコインETF再申請を公式に発表。米政府新予算案で追い...

VanEck SolidXビットコインETFは以前に申請取り下げ。米政府一部再開によってCboeは再度ビットコインETFの上場申請1月30日に行い、2月13日付で公式にSECに記載された。ビットコインETFと米政府閉鎖の関係(影響)等を解説。
2019年リオのカーニバルにビットコイン(BTC)が登場

2019年リオのカーニバルにビットコイン(BTC)が登場

2019年3月2日から1週間にわたりブラジルで開催されるリオのカーニバルで、ビットコイン(BTC)をテーマとしたパフォーマンスを披露するサンバチームがいることが明らかになった。パフォーマンスの内容などを紹介する。
Twitter社CEOが語るビットコイン(BTC)がインターネットのネイティブな通貨になる可能性が高い理由

Twitter社CEOが語るビットコイン(BTC)がインターネットのネイティブな...

以前からビットコイン(BTC)に高い関心を示しているTwitter社のジャック・ドーシーCEOが語るビットコインがインターネイティブな通貨になる可能性が高い理由について、誕生や特徴などの要因から解説します。
世界的にビットコイン(BTC)の取引高が激減、その理由とは?

世界的にビットコイン(BTC)の取引高が激減、その理由とは?

ビットコイン(BTC)をはじめとした暗号通貨の取引ボリュームが減少しているというデータを調査会社のdiarが報告しました。市場の動きとOTC市場などビットコインの取引高が世界的に減少してる原因を紹介します。
ビットコイン(BTC)とゴールドとの相関関係強まる、市場の主流にとWSJが予測

ビットコイン(BTC)とゴールドとの相関関係強まる、市場の主流にとWSJが予測

金を含む伝統的な資産との強い相関関係を持つように進化し今後主流の資産となろうとしているビットコイン(BTC)。そんなビットコインと金の関係性とその理由などウォールストリート・ジャーナルの報道を交えながら紹介します。
破綻リスクが高いビットコイン取引所を見分ける4つのポイント

【墨汁速報】ビットコイン取引所QuadrigaCXがCCAA申請で破産目前

QuadrigaCXは、日本時間1月29日6:00amに、取引所システムアップデートに伴うメンテナンスモードで直オンラインに戻ると発表。オフライン状態が4日ほど継続した。日本時間2月1日には「深刻な財政難」として、債権者保護手続を裁判所へ提出したと公式発表した。
米フィデリティ(Fidelity) ビットコインカストディローンチは3月か?

米フィデリティ(Fidelity) ビットコインカストディローンチは3月か?

投資信託大手のフィデリティ(Fidelity)は昨年、仮想通貨を安全に保管する”カストディサービス”含む機関投資家向けのサービスを提供すると発表。さらに今回はビットコインカストディサービスを3月を目処にローンチ予定であるという情報が入った。
CBOEがビットコインETFに関する申請を一時取り下げ、米政府機関閉鎖の影響

CBOEがビットコインETFに関する申請を一時取下げ、米政府機関閉鎖の影響か?

米証券取引委員会(SEC)が現地時間の1月23日、シカゴオプション取引所(CBOE)が提出していたビットコインETFに関する申請を取り下げたことを発表した。今回の取り下げ理由は、米政府機関の閉鎖が影響しているという。
「ビットコイン・ベイビー」、両親がBTCで学費の寄付求める

「ビットコイン・ベイビー」、両親がBTCで学費の寄付求める

イギリスの新聞「タイムズ(The TImes)」に、生後1週間の赤ちゃんの大学の学費を募る投稿が掲載されていたことが分かった。投稿にはビットコインアドレスが掲載されており、すでに42万円近く集めている。
「ビットコインETF実現に尽力」ウィンクルボス兄弟、長期的なBTC価格上昇の見解は維持

「ビットコインETF実現に尽力」ウィンクルボス兄弟、長期的なBTC価格上昇の見解...

ウィンクルボス兄弟がビットコイン(BTC)がゴールドの時価総額を上回るだろうとの見解を明らかにした。またETFの実現に向け引き続き尽力していくことをレディット(reddit)のAMAセッションで表明。2人の見解を紹介する。
謎を解いてビットコイン(BTC)獲得、アーティストが壁画を発表

謎を解いてビットコイン(BTC)獲得、アーティストが壁画を発表

パリ在住のストリートアーティストが、壁画に隠された謎を解くことで11万円相当のビットコイン(BTC)を獲得できる作品を発表した。パリ市内にある壁画とこれまで仮想通貨関連の作品を発表していたアーティストを紹介する。
「2019年もビットコイン(BTC)下落継続の気配」中国アナリストの見解

「2019年もビットコイン(BTC)下落相場継続の気配」中国アナリストが見解示す...

多くの仮想通貨業界人が2019年にビットコイン(BTC)の価格が上昇するとの予想を発表している中、中国のアナリストらは今年も下落相場が続くとの見解を示している。気になるその理由や今後の動向、戦略などを紹介する。
2019年のビットコイン(BTC)はどうなる!?業界人の価格予想まとめ

2019年のビットコイン(BTC)はどうなる!?業界人の価格予想まとめ

2018年は1年を通して、ベアマーケットだった仮想通貨市場。果たして2019年の市場はどうなるのでしょうか?そこで今回は、さまざまな業界人が予想した2019年のビットコイン(BTC)の価格予想をまとめて紹介します。
仮想通貨の現物と証拠金取引の特徴、そのヘッジ作戦について

仮想通貨の現物と証拠金取引の特徴、そのヘッジ作戦について

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、現物取引の他にFX、先物、信用取引ができます。こういった取引は証拠金取引といい、高利益を増やすチャンスはあるものの、間違えると大きな損失になりかねません。本稿では証拠金取引について詳しく解説します。
栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)コラム

10年後、仮想通貨の状況はどうなっているのか?:栢森 加里矢(QUOINE 代表...

仮想通貨取引所Liquid by Quoineを運営するQuoine社の代表取締役CEOの栢森 加里矢によるコラム。2017-2018年は仮想通貨の相場に大きな変動があった年、10年後の仮想通貨の状況はどうなっているのか?という考察をお届け。
仮想通貨の値段を主導するプレイヤーを特定し出口を見つける

仮想通貨の値段を主導するプレイヤーを特定し出口を見つける

投資をしていると目の前の価格動向に振り回されがちですが、その対処方法として値段を主導するプレイヤーを特定できたら変われるかもしれません。本稿では反発上昇したビットコイン(BTC)の事例をもとに、プレイヤーを特定した1つの例を紹介します。
大底をつけトレンド転換か?ビットコイン(BTC)の価格チャート分析

大底をつけトレンド転換か?ビットコイン(BTC)の価格チャート分析

11月下旬からの仮想通貨下落相場。大底をつけたビットコイン(BTC)はついにトレンド転換なのか?過去と現在のビットコインチャートを比較して、チャート分析を行いました。次なるターゲットについて、投資家ボリ平さんに考察していただいてます。
「ビットコイン(BTC)は死んだ」報道は誇張、ケンブリッジ大が調査報告公表

「ビットコイン(BTC)は死んだ」報道は誇張、ケンブリッジ大が調査報告公表

ケンブリッジ大学がこのほど、これまで繰り返されてきた「ビットコイン(BTC)は死んだ」という報道は根拠がなく誇張だとするレポートを発表しました。同レポートが提案する仮想通貨バブルの定義や業界の動向などを紹介します。
「2018年はビットコイン(BTC)にとって素晴らしい1年」スペンサー・ボガート氏、将来的に500万円台も?

「2018年はビットコイン(BTC)にとって素晴らしい1年」スペンサー・ボガート...

ブロックチェーン・キャピタルのパートナーであるスペンサー・ボガート氏が、「2018年はビットコイン(BTC)にとって素晴らしい1年だった」と語った。将来的に価格が500万円台になると話す同氏の発言を紹介。
「ビットコイン(BTC)は死んだ」19歳の仮想通貨富豪が明言

「ビットコイン(BTC)は死んだ」19歳の仮想通貨富豪が明言

10代にして仮想通貨で富を築いたエリック・フィンマン(Erik Finman)氏が、マーケットウォッチのインタビューで、ビットコイン(BTC)は死んだと発言していたことが分かった。発言と意図や期待していているという仮想通貨を紹介。
なぜビットコイン(BTC)の下値はハッシュレートで決まるのか?

なぜビットコイン(BTC)の下値はハッシュレートで決まるのか?

ビットコイン(BTC)は目に見えないデジタル通貨ですが、下値の目処がわからないとリスクや不安、怖いと感じるように。本稿ではビットコインの下値はハッシュレートで理論的に計算ができる点についてわかりやすく解説しています。
ビットコイン(BTC)を要求する爆破予告が相次ぐ、アメリカとカナダで避難騒動に

ビットコイン(BTC)を要求する爆破予告が相次ぐ、アメリカとカナダで避難騒動に

アメリカとカナダの各地で12月13日、220万円相当のビットコイン(BTC)を送らなければビルを爆破するとの脅迫メールが相次いだ。「Think Twice(よく考えろ)」という件名のメール内容を紹介。
「ビットコイン(BTC)の適正価格は約178万円」トム・リー氏の見解

「ビットコイン(BTC)の適正価格は約178万円」トム・リー氏の見解

米ファンドストラット社のアナリストであるトム・リー(Tom Lee)氏が「ビットコイン(BTC)の適正価格は約178万円」との見解を示した。その根拠や、これまでの価格予想について強気だった姿勢が一転したコメントなどを紹介。
ビットコイン保有者の80%が持つBTCは1万円以下

ビットコイン保有者の80%が持つBTCは1万円以下

ニューヨークのデジタル資産に関するリサーチを行うデルファイ・デジタルがビットコイン(BTC)に関するレポートを発表。アドレスの80%が保有するビットコインは1万円以下だったことが分かった。その他のデータも合わせ紹介。
ビットコイン(BTC)相場:巨大なショートポジションの主体はマイナーである可能性やその影響

ビットコイン(BTC)相場:巨大なショートポジションの主体はマイナーである可能性...

最近のビットコイン(BTC)価格は下落が続いており、執筆時点で40万円前後を推移、2018年の最安値を更新しています。市場の状況を見て、巨大なショートポジションの主体はマイナーである可能性、そしてその影響について考察を行いました。
ビットコイン(BTC)相場、戻りは限定的か?

ビットコイン(BTC)相場、戻りは限定的か?

明るいニュースが流れているものの、依然として苦しい状態が続く仮想通貨市場。本コラムではハッシュレートから見るビットコイン(BTC)の値動き、チャートから考える今後の価格予測、ひろぴー氏の戦略を紹介します。
ビットコイン(BTC)暴落の要因は?最高値240万円から40万円までの下落はなぜか

ビットコイン(BTC)暴落の要因は?最高値240万円から40万円までの下落はなぜ...

2018年11月下旬に起きたビットコイン(BTC)の暴落相場。2017年末には240万円を記録したビットコインに一体何が起きたのか?価格が下落したきかっけと考えられる直近の出来事に加え、相場全体をファンダメンタル中心に考察を行いました。
仮想通貨のトレーダー拉致され、アイロン押し当てられビットコイン(BTC)要求される

仮想通貨のトレーダー拉致され、アイロン押し当てられビットコイン(BTC)要求され...

南アフリカの仮想通貨のトレーダーが拉致され、犯人らから暴行を受け銀行口座の情報と仮想通貨のウォレットのパスワードを要求されていた。670万相当のビットコインを払った男性はどのようにして事件に巻き込まれたのか?
「ビットコイン(BTC)の価値はゼロになる」米大学教授が提言

「ビットコイン(BTC)の価値はゼロになる」米大学教授が提言

ビットコイン(BTC)の価格の下落が続く中、アメリカの大学の教授であるアトゥルヤ・サリン氏がビットコインの価値がゼロになるとの大胆な予測を明らかにしました。マイニングと関連した根拠などを紹介します。
ビットコイン価格下落の原因と下落相場回復のカギは?【後編】

ビットコイン(BTC)価格下落の原因と下落相場回復のカギは?【後編】

2018年11月にビットコイン(BTC)の価格が急落しました。前編の記事では、その要因について探りました。後編となる本稿では、下落相場の回復のカギを握ると言われている機関投資家の動きについて考察します。
ビットコイン(BTC)価格下落の原因と下落相場回復のカギは?(上)

ビットコイン(BTC)価格下落の原因と下落相場回復のカギは?【前編】

2018年11月に始まったビットコイン(BTC)の急な価格の暴落。一時は4,000ドルを割って、17年9月までの水準になりました。今回の下落の要因はどこにあったのか?そして価格の回復につながるカギについて探ってみました。
オハイオ州が米国初のビットコイン(BTC)納税受付、税金と暗号通貨の未来像について

オハイオ州が米国初のビットコイン(BTC)納税受付、税金と暗号通貨の未来像につい...

米オハイオ州で、アメリカでは初となるビットコイン納税の受付開始を発表した件について、本コラムでは納税プロセスや州財務官へのインタビュー内容、暗号通貨と税金の未来像について、今後どのようなことが期待されるのか考察を行いました。
下落相場に買い向かう!ビットコイン(BTC)購入の重要ポイント

下落相場に買い向かう!ビットコイン(BTC)購入の重要ポイント

下落中のビットコイン(BTC)相場。投資家のボリ平さんはBTCを1枚買い増したそうです。どのようなタイミングで買い増しを行ったのか?いくらで購入したのか、購入時の注意点など、購入時の相場状況とともに解説します。
大幅下落のビットコイン(BTC)・仮想通貨相場、年末までの心構え

大幅下落のビットコイン(BTC)・仮想通貨相場、年末までの心構え

ビットコイン相場は、BTC/USD相場でも4,000ドル割れをするなど急落、仮想通貨市場も全面安となっています。昨年と比較すると2018年は調整相場になったとボリ平氏。残り1ヶ月の年末相場に向けて知っておくべきことや心構えなどを紹介します。
ビットコイン(BTC)は200日線を割ってはいけない、その理由とは?

ビットコイン(BTC)は200日線を割ってはいけない、その理由とは?

11月下旬はビットコイン(BTC)を含む仮想通貨の価格が大きく下落しました。そこで、トレーダーや投資家なら意識しておくべき200日移動平均線の見方やなぜ大切なのかといった点、そして価格が200日線を割ってしまうとどうなるのか等を解説。
商業取引のビットコイン(BTC)決済が2018年初から9月までに80%も大幅ダウン

商業取引のビットコイン(BTC)決済が2018年初から9月までに80%も大幅ダウ...

商業取引全般のビットコイン(BTC)による決済が、2018年に入って大幅に減少し、80%もダウンしていたことが分かりました。ビットコインの価格も4,000ドルを割るなど停滞する仮想通貨市場の現状も合わせて解説します。
ビットコイン(BTC)は機関投資家向け資産クラス、モルガン・スタンレーが分類

ビットコイン(BTC)は機関投資家向け資産クラス、モルガン・スタンレーが分類

世界最大手投資銀行のモルガン・スタンレー(Morgan Stanley)は最近、ビットコイン(BTC)発行10年を機に報告書で、ビットコインは機関投資家向けの投資資産クラスとして分類しました。その根拠などを紹介する。
仮想通貨の下落続くも、トム・リー氏「ビットコイン(BTC)年内1万5,000ドル」との予想を維持

仮想通貨の下落続くも、トム・リー氏「ビットコイン(BTC)年内1万5,000ドル...

今週に入り下落を続ける仮想通貨。これまで年内のビットコイン(BTC)の価格上昇を主張していたトム・リー(Tom Lee)氏は、依然として年内に1万5,000ドルとの見解を維持。仮想通貨の未来について語った内容も紹介。
仮想通貨急落、5,000ドルを割ったビットコイン(BTC)はどこまで下がるのか

仮想通貨急落、5,000ドルを割ったビットコイン(BTC)はどこまで下がるのか

ビットコイン(BTC)の価格が急落、5000ドル(約56万円)を割った。今回の下落は規制の強化やBCHのハードフォークの影響との見方もある。2017年10月以来の価格となったビットコイン(BTC)はどこまで下がるのか。
NY州で14番目となる仮想通貨の事業者がビットライセンス取得

新たに仮想通貨の事業者がビットライセンス取得、ビットコイン(BTC)などのカスト...

NYDIG Execution LLCが仮想通貨事業に関する許可、通称ビットライセンスの承認を得たことをニューヨーク州金融サービス局が発表した。ビットライセンスの取得した14目の企業となる。これまでのライセンスの動向も併せて紹介。
ビットコイン(BTC)のマスアダプションは自然に、確実に行われていくだろう

ビットコイン(BTC)のマスアダプションは自然に、確実に行われていくだろう

ビットコイン(Bitcoin/BTC)は誕生から10年が経った現在も、通貨としての目的は満たせていません。しかしビットコインは今後、急がずとも普及していくはずと考えます。この記事ではビットコインのマスアダプションについての考察を行いました。
ビットコイン(BTC)の取引を視覚的に楽しめるツール3選

ビットコイン(BTC)の取引を視覚的に楽しめるツール3選

ビットコイン(BTC)は日々取引が行われています。本コラムでお伝えするのはビットコインのトランザクションを視覚的に楽しめる3つのウェブサイトです。Bitboners、BitListen、Tx Highway、3サイトの特徴を紹介します。
ビットコイン(BTC)のボラティリティが史上最低記録に、先物市場が大打撃?

ビットコイン(BTC)のボラティリティが史上最低記録に、先物市場が大打撃?

10月にボラティリティ(価格変動)が史上最低を記録したビットコイン(BTC)。ビットコインの価格安定は、果たして仮想通貨市場にとって好材料となるのか。取引所の関係者や投資家などさまざまな専門家の意見を紹介します。
ビットコイン(BTC)2019年に220万円に、仮想通貨投資会社CEOが見解を発表

ビットコイン(BTC)、来年には220万円に?仮想通貨の投資会社CEOが見解を発...

停滞を続ける仮想通貨市場、そんな中仮想通貨投資会社のCEOであるノボグラッツ氏がビットコイン(BTC)の価格は年末までに値上がり傾向へと変化し、2019年末まで220万円になるとの予想を発表。ノボグラッツ氏の根拠もあわせて紹介する。
ビットコイン(BTC)をだまし取られた高校生、アメリカの空港に爆破予告

ビットコイン(BTC)をだまし取られた高校生、アメリカの空港に爆破予告

インドの高校生がアメリカ人の男性にビットコイン(BTC)をだまし取られ、FBIに捜査してもらうよう求めたが拒否されたとして、アメリカの空港に対して繰り返し爆破予告を行っていた。高校生は仮想通貨への投資で相当な利益を出していたという。
900万円相当のビットコイン(BTC)を盗んだ11人の身柄拘束

900万円相当のビットコイン(BTC)を盗んだ11人の身柄拘束

トルコのイスタンブール在住の11人が、ハッキングを行い被害者から総額930万円相当のビットコイン(BTC)を盗んだとして身柄を拘束された。これまで被害者は14人いるが、さらに増える見込み。警察はどのようにして容疑者逮捕に至ったのか。
ビットコイン(BTC)・暗号通貨の今後の相場にポジティブな理由9つ

ビットコイン(BTC)・暗号通貨の今後の相場にポジティブな理由9つ

ビットコイン(BTC)をはじめとする暗号通貨(仮想通貨)の市場が今後上昇するという意見がUS圏に多くある。その中で暗号通貨市場の上昇相場を期待する9つの理由を述べている記事について要約、解説します。
ビットコイン(BTC)の現状、技術的な課題と解決策【BlockchainJam2018参加レポート】

ビットコイン(BTC)の現状、技術的な課題と解決策【BlockchainJam2...

2018年10月に開催のBlockchainJam2018に登壇された日向理彦氏の講演内容をまとめ、ビットコインなどの現状や課題に対する重要なキーワードについて解説。BTCの今後の流れを知るために必要な情報をお届け。
総額120万円相当のビットコイン(BTC)がもらえるカラオケATMが登場、10周年を記念して

総額120万円相当のビットコイン(BTC)がもらえるカラオケATMが登場、10周...

ビットコイン(BTC)誕生10週年を記念して、世界大手投資プラットフォームeToro(イートロ)がバースデーソングに反応するカラオケ仮想通貨ATMをロンドンに設置。歌った後に総額120万円相当のBTCがもらえるという。1人あたりの金額とは?

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@