• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

ビットコイン(BTC)の記事一覧
ビットコイン(BTC)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

【墨汁速報】スターバックスとの共同テスト! Bakktの決済アプリローンチを予定...

現物決済ビットコイン先物を提供するバックトは、エコシステムの要となる消費者と事業者のポータルとなるアプリを開発していると発表。このアプリは初期パートナーであるスターバックスとの共同で開発され、2020年上半期にローンチを予定しているという。

【墨汁速報】ビットコインへ追い風?中国習近平主席 ブロックチェーンについて初めて...

中国の習近平主席がビットコインを中国で規制開始をして初めてブロックチェーンについて言及。ブロックチェーン技術で世界のリードになるべきだとしている。この報道後81万円を推移していたビットコインは約2.5万円の高騰となる83.5万円を記録した。

全然上がらないビットコイン(BTC)相場、底値はどこに?

9月の暴落から未だに下がり続けているビットコイン(BTC)。ここが底かと思いきや、更に底を割るといった状況になっています。どこまで落ちるのでしょうか?市場の活気のためにも、反転からの上昇を期待するばかりです。

【墨汁速報】Bakkt 現物決済ビットコイン先物のオプションを12月9日にローン...

Bakktが10月24日、世界初となる米商品先物取引委員会(CFTC)による規制されたビットコイン先物のオプションコントラクトを12月9日にローンチすると発表。ユーザーはリスクヘッジやクロスマージンなどを行うことができるという。
ビットコイン(BTC)はどうやって購入・手に入れる?クレジットカードで買えない理由

ビットコイン(BTC)はどうやって購入・手に入れる?クレジットカードで買えない理...

ビットコイン(BTC)の購入方法として最も知られている「仮想通貨取引所」以外にも存在します。入手するなら、購入以外の方法もあります。そして、どうしてクレジットカードでは購入できないのでしょう?さまざまな観点から購入について考察します!

【墨汁速報】時価総額ランキングサイト 仮想通貨レンディングの利率比較サービスをロ...

仮想通貨の時価総額ランキングを提供するCoinMarketCapは10月16日、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など33種類の仮想通貨のレンディング利率を比較できるページを新たにローンチした。
売り・買いしずらい10月のビットコイン(BTC)相場と今後の行方

売り・買いしずらい10月のビットコイン(BTC)相場と今後の行方

8月に比べ仮想通貨全体の時価総額は10兆円減少。ドミナンスが低下するビットコイン(BTC)は今後どのような動きをみせるのか?ボリ平氏による現在のビットコインの相場分析と今後の戦略や予想を紹介します。
仮想通貨を大量保有するクジラは個人それとも企業のこと? 

仮想通貨を大量保有するクジラは個人それとも企業のこと? 

仮想通貨市場に大きな影響を及ぼす大量の保有者のことを業界では「クジラ(Whales)」と呼ばれています。その多くの正体はごく一部の関係者しか知りませんが、仮想通貨メディアが大手取引所の他、3人の個人名をクジラとして紹介しています。
ビットコイン(BTC)価格大幅下落で注目される「仮想通貨の恐怖と欲望指数」

ビットコイン(BTC)価格大幅下落で注目される「仮想通貨の恐怖と欲望指数」

9月24日に大きく下落したビットコイン(BTC)の価格。この価格変動を予測できれば投資家にはかなり有力な情報になることでしょう。今回の下落により注目を集めた「仮想通貨の恐怖と欲望インデックス」を紹介します。

【墨汁速報】ビットコインの中国リスク?AlipayとWechatPay バイナン...

バイナンス(Binance)が10月9日、個人間の仮想通貨取引のローンチ。このP2P取引では中国の中央銀行により禁止されている人民元と仮想通貨の取引が含まれていた。これに対してAlipayとWeChatPayは公式にサポートを否定した。
Bakktのビットコイン(BTC)先物取引開始から1週間、生ぬるい投資家の反応

Bakktのビットコイン(BTC)先物取引開始から1週間、生ぬるい投資家の反応

バックト(Bakkt)の現物引き渡しによるビットコイン(BTC)先物取引開始から1週間。投資家からは極めて生ぬるい反応という結果に。専門家からはは、同時期のビットコインの価格下落はBakktが原因だとの声も。
ビットコイン(BTC)は下方ブレイク!ロングポジションは含み損に

ビットコイン(BTC)は下方ブレイク!ロングポジションは含み損に

8月後半から9月中旬にかけてあまり動きのなかったビットコイン(BTC)ですが、ついに三角保ち合いが崩れました。今回のビットコイン価格下落に関して、ボリ平氏のトレードの振り返りと今後の戦略を紹介しましす。

【墨汁速報】世界初?保険ブローカー マーシュビットコイン盗難などの100%の盗難...

世界大手の保険ブロカーMarsh & McLennanは、モントリオールベースのカストディアン KNOXに異例となる仮想通貨の完全カバー保険を提供。ヘッジファンドなどに提供するコールドストレージサービスからのハッキングなどを保証。

【墨汁速報】現在の出来高や決済日は?バックト(Bakkt)ビットコイン先物ついに...

現物決済されるBakktビットコイン先物は、日本時間9月23日ついにローンチ。CMEの提供する四半期ビットコイン先物とは異なり、1ヶ月ごとに決済されるマンスリービットコイン先物のBTMと1日ごとに決済されるデイリービットコイン先物のBTCが提供されている。 関連記事:【墨汁速報】Bakktビットコイン先物 マージン取引に必要な証拠金と
ビットコイン(BTC)の将来は人々の考える以上に政府の金融政策に依存している

ビットコイン(BTC)の将来は人々の考える以上に政府の金融政策に依存している

金融エコシステムの中でその地位をしっかりと固めつつあるビットコイン(BTC)。このほどラトビアで開催されたバルト・ハニーバジャー会議で、発表されたビットコインが政府の金融政策に依存しているという考えを紹介します。

【墨汁速報】ビットコインへの影響は?FOMCの利下げまとめ

日本時間19日3:00am、米FRBはFOMC(政策金利)で25bpの利下げを発表。8月1日の利下げに引き続き、約10年ぶり2回連続の利下げとなった。利下げの発表後、ビットコインは一時約45ドルの高騰を見せるも、一時的な下落となった。

【墨汁速報】VanEck ビットコインETFの上場申請を取り下げ SECが日本時...

VanEck SolidXはSECに上場審議申請をしていたビットコインETFを9月13日付けで取り下げ。SECのビットコインETF審議は2019年10月18日が最終期限であったため、約1ヶ月の余裕を残して辞退した形となった。
ビットコイン(BTC)は逃避先?金融市場との相関性弱まる

ビットコイン(BTC)は逃避先?金融市場との相関性弱まる

以前は金の価格などと相関関係が見えたビットコイン(BTC)でしたが、最近になって株や金などとの相関関係は無いという分析結果を発表する声が上がってきました。果たしてビットコインは逃避資産としての立場を確立していくのでしょうか。

9月後半に期待?ビットコイン(BTC)価格を分析

最近のビットコイン相場は6月に大きく上に跳ねてたもの、8月~9月前半にかけては、売り方・買い方優勢が交互に来るような動きが続いています。そんなビットコインの相場についてボリ平氏による相場分析をお伝えします。
2020年のビットコイン(BTC)半減期は米ドルの地位を脅かす転機の始まりに?

2020年のビットコイン(BTC)半減期は米ドルの地位を脅かす転機の始まりに?

2020年5月に迫るビットコイン(BTC)の半減期。この半減期が国際的な法定通貨として誇ってきた米ドルの地位を脅かす転機となるのではないかとの憶測が出てきています。次のビットコイン半減期に関する見解を紹介します。

【墨汁速報】米CME ビットコイン先物の取引制限を2倍の1万BTC緩和案をCFT...

ビットコイン先物を提供するCMEは、CFTC(米商品先物取引委員会)に対して取引制限を2倍にする書類を提出。2017年12月にローンチしたCMEのビットコイン先物。最近の市場の状況やCMEの狙いなどを紹介します。
約5億円相当のビットコイン(BTC)で英アーティストの絵画が売却

約5億円相当のビットコイン(BTC)で英アーティストの絵画が売却

英国のアーティストであるリンカーン・タウンリー(Lincoln Townley)氏が合計で19種類の絵画を490ビットコイン(BTC)で売却したことが明らかになった。日本円に換算すると約5億円。タウンリー氏の過去の活動なども紹介。

【墨汁速報】Bakktビットコイン先物 マージン取引に必要な証拠金と変動額を発表...

9月23日にローンチする現物決済のBakktビットコイン先物について、マージン取引に関する詳細が発表された。レバレッジ倍数は未だに明かされていないが、マージン取引を行うために必要なデポジット金額やポジション維持証拠金、変動額を紹介。
ビットコイン(BTC)価格観測レポート

【2019年9月6日】ビットコイン(BTC)価格観測レポート

仮想通貨の初心者から中級者に向けて、ビットコイン(BTC)の過去のデータと2019年9月6日時点の状況を紹介します。ビットコインの価格に影響を与える可能性のあるハッシュレートやドミナンスなどを解説します。
「大多数のビットコイン(BTC)は2%が保持」は正しい?データを読み解く上で気を付けること

「大多数のビットコイン(BTC)は2%が保持」は正しい?データを読み解く上で気を...

2%のアドレスが全体供給量の80%に当たるビットコイン(BTC)を保有しているという指摘が話題になっています。果たしてこの指摘は正しいのでしょうか?ブロックチェーンのデータを読み解く上で大切なことについて考えます。

【墨汁速報】VanEck ビットコインETFと同様の証券を機関投資家に対し9月5...

審議延長となっていたVanEck SolidXのビットコインETFに新たな動きがあったとの報道がありました。一部制限された"BTF"という形式で、機関投資家へのビットコイン販売を9月5日から開始するとのことです。
CMEのビットコイン先物取引量が前年比132%増に、機関投資家の関心高まる

CMEのビットコイン先物取引量が前年比132%増に、機関投資家の関心高まる

シカゴマーカンタイル取引所(CME)のビットコイン(BTC)先物取引量が前年比の132%増となり新記録を樹立し、機関投資家の関心が高まっています。最近のビットコインの価格の振り返りやCME関係者のコメントも紹介します。
ビットコイン(BTC)は反発余地は限定的?レンジ相場はまだ続く?

ビットコイン(BTC)は反発余地は限定的?レンジ相場はまだ続く?

8月上旬はリスクオフ相場と同時に上昇傾向にあったビットコイン(BTC)もその勢いは継続せずに反落して今に至ります。9月にはさまざまなイベントを控えているビットコインについてひろぴーさんの相場分析と戦略を紹介します。

ビットコイン(BTC)のオープンソース開発を持続的に行うための取り組み

ビットコイン(BTC)はオープンソースプロジェクトであり、誰でも開発が可能です。しかし、オープンソース開発では金銭が発生せず、開発者への給与等はありません。その問題を解決する取り組みが、昨今では見受けられるようになりました。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】Bakktビットコイン先物9月23日ローンチ発表 初の仮想通貨信託会...

ビットコイン(BTC)先物取引での承認待ちであったBakkt(バックト)が、ICE(インターコンチネンタル取引所)により提供されるビットコイン現物で決済される先物とカストディで、2019年9月23日にローンチ予定と発表した。
ビットコイン(BTC)価格変動を予測する最新指標「難易度リボン」が話題に

ビットコイン(BTC)価格変動を予測する最新指標「難易度リボン」が話題に

ブロックチェーンアナリストのウィリー・ウー(Willy Woo)氏が新たに考案したビットコイン(BTC)価格変動予測指標が話題になっています。「ビットコイン難易度リボン」という名の指標について紹介していきます。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】ビットコイン売買への影響は? 米Coinbase バークレイズ銀行と...

米最大手仮想通貨取引所Coinbaseは、英国最大手銀行でビッグ4の一角であるバークレイズ銀行との提携を失っており、英国ユーザーのポンド入出金のためにチャレンジャーバンクであるClearbankとの提携を画策していると報道があった。

ビットコイン(BTC)価格はまだまだ上がる?8月の相場を分析

8月はやや弱気相場となってビットコイン(BTC)ですが、チャートではまだ価格の上昇がありそうな様相を示しています。他のアルトコインから独走を続けている中、これからの動きはどのようになるのでしょうか?
レジャーX参入でビットコイン(BTC)物取引市場は三つどもえ戦争に

レジャーX参入でビットコイン(BTC)物取引市場は三つどもえ戦争に

レジャーX(Ledger)の参入により現物受け渡しによる新しいBTC先物取引が、突然三つどもえの激しい市場獲得戦争に突入する情勢になっています。今後の仮想通貨市場に影響を及ぼす最近の動向を紹介します。
ビットコイン(BTC)先物取引をめぐるレジャーXと商品先物取引委員会との確執

ビットコイン(BTC)先物取引をめぐるレジャーXと商品先物取引委員会との確執

レジャーXが7月31日現物受け渡しによるBTC先物(デリバティブ)の取引を開始を発表した直後に、商品先物取引委員会(CFTC)からの通達を受けて、中止になりました。今回の一連の流れにはどのような背景があったのでしょうか。
ビットコイン(BTC)FXのナンピントレードとは?

ビットコイン(BTC)FXのナンピントレードとは?

ビットコイン(BTC)FXをBITMEXでレバレッジをかけて取り組むボリ平さんに7月から8月頭にかけて行ったトレードの報告をしていただきました。また決済価格の設定や相場手法の1つのナンピンについても解説。
ブルームバーグが変心、ビットコイン(BTC)の弾力性を認める

ブルームバーグが変心、ビットコイン(BTC)の弾力性を認める

世界大手の経済・金融メディアのブルームバーグ(Bloomberg)がこれまでのビットコイン(BTC)対する厳しい見解を和らげて注目されています。最近のビットコインの価格上昇につながるされる要因も紹介。
ビットコイン(BTC)のゴールデンクロスは買いサインか?

ビットコイン(BTC)のゴールデンクロスは買いサインか?

8月第二週から上昇をみせるビットコイン(BTC)相場を移動平均線のシグナルを使って説明。2017年からの大まかな相場の動きをおさらいし、ゴールデンクロスとは何か、チャートを確認する際の注意点などを紹介します。
ビットコイン(BTC)価格観測レポート

【2019年8月2日】ビットコイン(BTC)価格観測レポート

仮想通貨の初心者から中級者に向けて、ビットコイン(BTC)の現在の市場状況などを解説していきます。他にもビットコイン計算機の利用方法などの記載もあるのでお気軽に読める内容になっています。
ビットコイン(BTC)半減期まで1年切る、採掘業の70%が廃業予測、価格は?

ビットコイン(BTC)半減期まで1年切る、採掘業の70%が廃業予測、価格は?

2020年の5月頃になると予想されているビットコイン(BTC)の半減期。マイ二ングの報酬が12.5BTCから6.25BTCに減少後、約70%のマイナーが廃業するのではないかとの予測が出ています。その他関連する情報も合わせて紹介。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】LedgerX未承認により報道から一変”ビットコイン先物...

LedgerX米国初の現物決済されるビットコイン先物のローンチを7月31日に報道したCoindeskは、一変してCFTCによる承認を受けていないとし、「LedgerXの現物決済ビットコイン先物はローンチしていない」と報道。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】米国初 現物決済されるビットコイン先物をLedgerXがローンチ

オプション取引所のLedgerXが7月31日、アメリカで初となるビットコイン現物で決済することができるビットコイン先物をローンチしたと発表。今回のLedgerXの発表による今後の影響なども考察しました。
ビットコイン(BTC)先物を利用して低リスクでアービトラージによる利益を得る手法

ビットコイン(BTC)先物を利用して低リスクでアービトラージによる利益を得る手法...

ビットコイン(BTC)にはいくつかの先物市場があります。そもそもビットコインの先物取引とは?というところから、先物を利用したアービトラージ(裁定取引)でリスクを抑えて利益を得る方法を順番に解説していきます。
約500億円相当のビットコイン(BTC)が格安手数料で送金、その金額とは?

約500億円相当のビットコイン(BTC)が格安手数料で送金、その金額とは?

約500億円相当のビットコイン(BTC)が7月29日、格安な手数料で送金されていたことが明らかになった。法定通貨で同等の金額を送金する際の手数料は18億円かかるとされるが、ビットコインの場合はいくらだったのか?
投資利益率(ROI)から見たビットコイン(BTC)と株式その他資産との比較

投資利益率(ROI)から見たビットコイン(BTC)と株式その他資産との比較

ビットコイン(BTC)は過去10年で、資産価値のある株式や債券、貴金属、石油などと比較して高いリターンをもたらす可能性があることが分かりました。ますます無視できない存在となるビットコインに関するデータを紹介します。
約4兆円のビットコイン(BTC)が眠った状態に、発行済みの約25%に相当

約4兆円のビットコイン(BTC)が眠った状態に、発行済みの約25%に相当

コインメトリクス(Coin Metrix)のデータによると、発行済みのビットコイン(BTC)の内、約4兆3,400億円に相当する約400万ビットコインが過去5年間に動きがなかったという。その他のさまざまなデータを合わせて紹介する。
ビットコインコア開発者とは誰なのか?

ビットコインコア開発者とは誰なのか?

ビットコイン(BTC)の実装であるといえるビットコイン・コア(Bitcoin Core)。そこにコントリビュートし関与しているコア開発者と呼ばれる人たちの存在から、ビットコインのアップデート方法までを紹介します。
ビットコイン(BTC)関連の詐欺で2社から7億円以上だまし取った男を起訴

ビットコイン(BTC)関連の詐欺で2社から7億円以上だまし取った男を起訴

アメリカのビットコイン(BTC)エスクロー会社の代表が、投資家らから700万ドル(7億6,000万円)をだまし取っていたとしてニューヨークの検事局に起訴された。被害にあったのは2つの企業で、事件の詳細を紹介していきます。
「価値の保存」としてビットコイン(BTC)はゴールドに勝る?

「価値の保存」としてビットコイン(BTC)はゴールドに勝る?

人々は政治や経済の緊張が高まると、比較的安全な金やビットコイン(BTC)を購入して「価値の保存」を図ってきました。そこで、「価値の保存」としてビットコインがゴールドに勝るのかについての議論を紹介します。
ビットコイン(BTC)価格観測レポート

【2019年7月23日】ビットコイン(BTC)価格観測レポート

仮想通貨の初心者から中級者に向けて、ビットコイン(BTC)の過去のデータと現在の状況を紹介します。ビットコインの価格に影響を与える可能性のあるハッシュレートやドミナンスなどを解説します。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram