• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

ビットコイン(BTC)の記事一覧
ビットコイン(BTC)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

2020年のビットコイン(BTC)半減期は米ドルの地位を脅かす転機の始まりに?

2020年のビットコイン(BTC)半減期は米ドルの地位を脅かす転機の始まりに?

2020年5月に迫るビットコイン(BTC)の半減期。この半減期が国際的な法定通貨として誇ってきた米ドルの地位を脅かす転機となるのではないかとの憶測が出てきています。次のビットコイン半減期に関する見解を紹介します。

【墨汁速報】米CME ビットコイン先物の取引制限を2倍の1万BTC緩和案をCFT...

ビットコイン先物を提供するCMEは、CFTC(米商品先物取引委員会)に対して取引制限を2倍にする書類を提出。2017年12月にローンチしたCMEのビットコイン先物。最近の市場の状況やCMEの狙いなどを紹介します。
約5億円相当のビットコイン(BTC)で英アーティストの絵画が売却

約5億円相当のビットコイン(BTC)で英アーティストの絵画が売却

英国のアーティストであるリンカーン・タウンリー(Lincoln Townley)氏が合計で19種類の絵画を490ビットコイン(BTC)で売却したことが明らかになった。日本円に換算すると約5億円。タウンリー氏の過去の活動なども紹介。

【墨汁速報】Bakktビットコイン先物 マージン取引に必要な証拠金と変動額を発表...

9月23日にローンチする現物決済のBakktビットコイン先物について、マージン取引に関する詳細が発表された。レバレッジ倍数は未だに明かされていないが、マージン取引を行うために必要なデポジット金額やポジション維持証拠金、変動額を紹介。
ビットコイン(BTC)価格観測レポート

【2019年9月6日】ビットコイン(BTC)価格観測レポート

仮想通貨の初心者から中級者に向けて、ビットコイン(BTC)の過去のデータと2019年9月6日時点の状況を紹介します。ビットコインの価格に影響を与える可能性のあるハッシュレートやドミナンスなどを解説します。
「大多数のビットコイン(BTC)は2%が保持」は正しい?データを読み解く上で気を付けること

「大多数のビットコイン(BTC)は2%が保持」は正しい?データを読み解く上で気を...

2%のアドレスが全体供給量の80%に当たるビットコイン(BTC)を保有しているという指摘が話題になっています。果たしてこの指摘は正しいのでしょうか?ブロックチェーンのデータを読み解く上で大切なことについて考えます。

【墨汁速報】VanEck ビットコインETFと同様の証券を機関投資家に対し9月5...

審議延長となっていたVanEck SolidXのビットコインETFに新たな動きがあったとの報道がありました。一部制限された"BTF"という形式で、機関投資家へのビットコイン販売を9月5日から開始するとのことです。
CMEのビットコイン先物取引量が前年比132%増に、機関投資家の関心高まる

CMEのビットコイン先物取引量が前年比132%増に、機関投資家の関心高まる

シカゴマーカンタイル取引所(CME)のビットコイン(BTC)先物取引量が前年比の132%増となり新記録を樹立し、機関投資家の関心が高まっています。最近のビットコインの価格の振り返りやCME関係者のコメントも紹介します。
ビットコイン(BTC)は反発余地は限定的?レンジ相場はまだ続く?

ビットコイン(BTC)は反発余地は限定的?レンジ相場はまだ続く?

8月上旬はリスクオフ相場と同時に上昇傾向にあったビットコイン(BTC)もその勢いは継続せずに反落して今に至ります。9月にはさまざまなイベントを控えているビットコインについてひろぴーさんの相場分析と戦略を紹介します。

ビットコイン(BTC)のオープンソース開発を持続的に行うための取り組み

ビットコイン(BTC)はオープンソースプロジェクトであり、誰でも開発が可能です。しかし、オープンソース開発では金銭が発生せず、開発者への給与等はありません。その問題を解決する取り組みが、昨今では見受けられるようになりました。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】Bakktビットコイン先物9月23日ローンチ発表 初の仮想通貨信託会...

ビットコイン(BTC)先物取引での承認待ちであったBakkt(バックト)が、ICE(インターコンチネンタル取引所)により提供されるビットコイン現物で決済される先物とカストディで、2019年9月23日にローンチ予定と発表した。
ビットコイン(BTC)価格変動を予測する最新指標「難易度リボン」が話題に

ビットコイン(BTC)価格変動を予測する最新指標「難易度リボン」が話題に

ブロックチェーンアナリストのウィリー・ウー(Willy Woo)氏が新たに考案したビットコイン(BTC)価格変動予測指標が話題になっています。「ビットコイン難易度リボン」という名の指標について紹介していきます。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】ビットコイン売買への影響は? 米Coinbase バークレイズ銀行と...

米最大手仮想通貨取引所Coinbaseは、英国最大手銀行でビッグ4の一角であるバークレイズ銀行との提携を失っており、英国ユーザーのポンド入出金のためにチャレンジャーバンクであるClearbankとの提携を画策していると報道があった。

ビットコイン(BTC)価格はまだまだ上がる?8月の相場を分析

8月はやや弱気相場となってビットコイン(BTC)ですが、チャートではまだ価格の上昇がありそうな様相を示しています。他のアルトコインから独走を続けている中、これからの動きはどのようになるのでしょうか?
レジャーX参入でビットコイン(BTC)物取引市場は三つどもえ戦争に

レジャーX参入でビットコイン(BTC)物取引市場は三つどもえ戦争に

レジャーX(Ledger)の参入により現物受け渡しによる新しいBTC先物取引が、突然三つどもえの激しい市場獲得戦争に突入する情勢になっています。今後の仮想通貨市場に影響を及ぼす最近の動向を紹介します。
ビットコイン(BTC)先物取引をめぐるレジャーXと商品先物取引委員会との確執

ビットコイン(BTC)先物取引をめぐるレジャーXと商品先物取引委員会との確執

レジャーXが7月31日現物受け渡しによるBTC先物(デリバティブ)の取引を開始を発表した直後に、商品先物取引委員会(CFTC)からの通達を受けて、中止になりました。今回の一連の流れにはどのような背景があったのでしょうか。
ビットコイン(BTC)FXのナンピントレードとは?

ビットコイン(BTC)FXのナンピントレードとは?

ビットコイン(BTC)FXをBITMEXでレバレッジをかけて取り組むボリ平さんに7月から8月頭にかけて行ったトレードの報告をしていただきました。また決済価格の設定や相場手法の1つのナンピンについても解説。
ブルームバーグが変心、ビットコイン(BTC)の弾力性を認める

ブルームバーグが変心、ビットコイン(BTC)の弾力性を認める

世界大手の経済・金融メディアのブルームバーグ(Bloomberg)がこれまでのビットコイン(BTC)対する厳しい見解を和らげて注目されています。最近のビットコインの価格上昇につながるされる要因も紹介。
ビットコイン(BTC)のゴールデンクロスは買いサインか?

ビットコイン(BTC)のゴールデンクロスは買いサインか?

8月第二週から上昇をみせるビットコイン(BTC)相場を移動平均線のシグナルを使って説明。2017年からの大まかな相場の動きをおさらいし、ゴールデンクロスとは何か、チャートを確認する際の注意点などを紹介します。
ビットコイン(BTC)価格観測レポート

【2019年8月2日】ビットコイン(BTC)価格観測レポート

仮想通貨の初心者から中級者に向けて、ビットコイン(BTC)の現在の市場状況などを解説していきます。他にもビットコイン計算機の利用方法などの記載もあるのでお気軽に読める内容になっています。
ビットコイン(BTC)半減期まで1年切る、採掘業の70%が廃業予測、価格は?

ビットコイン(BTC)半減期まで1年切る、採掘業の70%が廃業予測、価格は?

2020年の5月頃になると予想されているビットコイン(BTC)の半減期。マイ二ングの報酬が12.5BTCから6.25BTCに減少後、約70%のマイナーが廃業するのではないかとの予測が出ています。その他関連する情報も合わせて紹介。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】LedgerX未承認により報道から一変”ビットコイン先物...

LedgerX米国初の現物決済されるビットコイン先物のローンチを7月31日に報道したCoindeskは、一変してCFTCによる承認を受けていないとし、「LedgerXの現物決済ビットコイン先物はローンチしていない」と報道。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】米国初 現物決済されるビットコイン先物をLedgerXがローンチ

オプション取引所のLedgerXが7月31日、アメリカで初となるビットコイン現物で決済することができるビットコイン先物をローンチしたと発表。今回のLedgerXの発表による今後の影響なども考察しました。
ビットコイン(BTC)先物を利用して低リスクでアービトラージによる利益を得る手法

ビットコイン(BTC)先物を利用して低リスクでアービトラージによる利益を得る手法...

ビットコイン(BTC)にはいくつかの先物市場があります。そもそもビットコインの先物取引とは?というところから、先物を利用したアービトラージ(裁定取引)でリスクを抑えて利益を得る方法を順番に解説していきます。
約500億円相当のビットコイン(BTC)が格安手数料で送金、その金額とは?

約500億円相当のビットコイン(BTC)が格安手数料で送金、その金額とは?

約500億円相当のビットコイン(BTC)が7月29日、格安な手数料で送金されていたことが明らかになった。法定通貨で同等の金額を送金する際の手数料は18億円かかるとされるが、ビットコインの場合はいくらだったのか?
投資利益率(ROI)から見たビットコイン(BTC)と株式その他資産との比較

投資利益率(ROI)から見たビットコイン(BTC)と株式その他資産との比較

ビットコイン(BTC)は過去10年で、資産価値のある株式や債券、貴金属、石油などと比較して高いリターンをもたらす可能性があることが分かりました。ますます無視できない存在となるビットコインに関するデータを紹介します。
約4兆円のビットコイン(BTC)が眠った状態に、発行済みの約25%に相当

約4兆円のビットコイン(BTC)が眠った状態に、発行済みの約25%に相当

コインメトリクス(Coin Metrix)のデータによると、発行済みのビットコイン(BTC)の内、約4兆3,400億円に相当する約400万ビットコインが過去5年間に動きがなかったという。その他のさまざまなデータを合わせて紹介する。
ビットコインコア開発者とは誰なのか?

ビットコインコア開発者とは誰なのか?

ビットコイン(BTC)の実装であるといえるビットコイン・コア(Bitcoin Core)。そこにコントリビュートし関与しているコア開発者と呼ばれる人たちの存在から、ビットコインのアップデート方法までを紹介します。
ビットコイン(BTC)関連の詐欺で2社から7億円以上だまし取った男を起訴

ビットコイン(BTC)関連の詐欺で2社から7億円以上だまし取った男を起訴

アメリカのビットコイン(BTC)エスクロー会社の代表が、投資家らから700万ドル(7億6,000万円)をだまし取っていたとしてニューヨークの検事局に起訴された。被害にあったのは2つの企業で、事件の詳細を紹介していきます。
「価値の保存」としてビットコイン(BTC)はゴールドに勝る?

「価値の保存」としてビットコイン(BTC)はゴールドに勝る?

人々は政治や経済の緊張が高まると、比較的安全な金やビットコイン(BTC)を購入して「価値の保存」を図ってきました。そこで、「価値の保存」としてビットコインがゴールドに勝るのかについての議論を紹介します。
ビットコイン(BTC)価格観測レポート

【2019年7月23日】ビットコイン(BTC)価格観測レポート

仮想通貨の初心者から中級者に向けて、ビットコイン(BTC)の過去のデータと現在の状況を紹介します。ビットコインの価格に影響を与える可能性のあるハッシュレートやドミナンスなどを解説します。
バックト(Bakkt)ビットコイン(BTC)先物のユーザー受け入れ試験開始

バックト(Bakkt)ビットコイン(BTC)先物のユーザー受け入れ試験開始

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社が設立したバックト(Bakkt)が、ビットコイン(BTC)の先物取引のユーザー受け入れテストを開始します。今回のテスト開始にともなう影響から今後の展開までを紹介します。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】米CFTC BitMEXによるビットコインデリバティブの違法提供の可...

Bloombergの報道によると、CFTC(米商品先物取引委員会)が仮想通貨取引所のBitMEXの調査を行っているという。CFTCに非登録でアメリカ国民に対する取引を提供していたかどうかの数ヶ月に及ぶ調査だという。
ビットコイン(BTC)との競争に直面するドル?トランプ政権が通貨戦争を仕掛ける可能性

ビットコイン(BTC)との競争に直面するドル?トランプ政権が通貨戦争を仕掛ける可...

米ドルは有効な準備通貨として台頭しているビットコイン(BTC)との競争に直面しています。また、バンク・オブ・アメリカがトランプ大統領の金融政策が通貨戦争の引き金になりうると警告をしています。ビットコインとドルの状況を紹介します。
世界の電気0.25%を消費するビットコイン(BTC)、PoWの持続性とPoSが模索される必然性

世界の電気0.25%を消費するビットコイン(BTC)、PoWの持続性とPoSが模...

ビットコイン(BTC)のマイニングには専用の機械が必要で、運用には膨大な電力が必要となります。実際に消費されている電力をケンブリッジ大学が専用ウェブサイトで公開しています。そこからPoWとPoSについて考えていきます。
ビットコイン(BTC)の市場占有率が80%に達する予測も、アルトコインは軒並み下落

ビットコイン(BTC)の市場占有率が80%に達する予測も、アルトコインは軒並み下...

最近のビットコイン(BTC)の価格の回復を評価して、アメリカの仮想通貨アナリストの中には近い将来にビットコインが仮想通貨市場全体の時価総額の80%以上を占めるとの予想もでてきています。価格のデータなどもあわせて紹介します。
ビットコイン(BTC)上昇!「買い方向」へのレバレッジ取引作戦

ビットコイン(BTC)上昇!「買い方向」へのレバレッジ取引作戦

7月8日18時ごろ、ビットコイン(BTC)が突如上昇!仮想通貨取引所のBITMEXでは現物価格に先行して12,000ドルを付ける大きな上げ幅となりました。ボリ平さんの最近のビットコイン取引の作戦を紹介します。
ビットコイン(BTC)に関するツイートはアメリカで顕著、61.5%が好意的

ビットコイン(BTC)に関するツイートはアメリカで顕著、60%以上が好意的

仮想通貨に関連するデータを提供するプラットフォームのザ・タイ(The TIE)が世界のビットコイン(BTC)に関するツイートを調査し、アメリカからのツイートが全体の約40%を占めていることが分かった。
ビットコイン(BTC)価格高騰の反動でETF上場が認可されないとの憶測も

ビットコイン(BTC)価格高騰の反動でETF上場が認可されないとの憶測も

6月にビットコイン(BTC)の価格が急騰し業界は久々に活気づいています。一方で、その大きなボラティリティ(価格変動)が理由で、ビットコインETF(上場投資信託)の認可が遅れる恐れがあるとの憶測もでてきました。
ビットコイン(BTC)のダークウェブでの利用が1000億円に到達か?

ビットコイン(BTC)のダークウェブでの利用が1000億円に到達か?

ブロックチェーン分析会社のチェーンアナリシス(Chainalysis)の報告によると、2019年のダークウェブ市場におけるビットコイン(BTC)の利用額が10億ドル(約1,070億円)以上に達する見込みであることが明らかになった。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】仮想通貨取引所bitFlyer 1年ぶりの新規顧客受付け開始を予定

ビットコインなどの売買を提供するbitFlyerは2019年7月2日日、新規アカウントの受付けを再開する予定を発表。2018年6月22日に金融庁より受けた業務改善命令により、自主的に新規アカウント開設を停止してから約1年が経過していた。
ビットコイン(BTC)の価格上昇に影響を与えた5大ニュース

ビットコイン(BTC)の価格上昇に影響を与えた5大ニュース

6月に一時その価格が150万円近くまで到達したビットコイン(BTC)。価格の上昇に関して特定の要因を断言することは難しいですが、今回のビットコイン価格の急騰に影響を与えたであろう5つのニュースを紹介します。
ビットコイン(BTC)は「安全な逃避先」、中国の姿勢に変化の兆しか

ビットコイン(BTC)は「安全な逃避先」、中国の姿勢に変化の兆し?

中国は暗号資産(仮想通貨)に対する厳しい規制を緩和するのではないかという兆しを見せています。米中貿易戦の解決策として、これまで規制をかけてきたビットコイン(BTC)の取引を黙認するのではないかとの憶測も出ています。
価格が上昇するビットコイン(BTC)と米ドルの関係

価格が上昇するビットコイン(BTC)と米ドルの関係

2019年4月から6月の3カ月の間に約140%の価格上昇を記録したビットコイン(BTC)。時価総額は20兆に達したビットコインからみえる世界の準備通貨である米ドル(USD)についての考察を紹介します。
ビットコインATMの設置台数、世界で5,000台を超える

ビットコインATMの設置台数、世界で5,000台を超える

コイン・ATM・レーダー(Coin ATM Radar)のデータによると、世界のビットコイン(BTC)ATMの設置数が5,000台を超えていたことが分かった。現在90カ国で5,006台が稼働しているという。
ロシアが石油の国際取引にビットコイン(BTC)決済開始を準備中

ロシアが石油の国際取引にビットコイン(BTC)決済開始を準備中

ロシア国営石油会社ロスネフチ(Rosneft)が、石油の国際取引にビットコイン(BTC)などの仮想通貨による決済を開始する可能性が浮上。同社のCEOが国際経済フォーラムで示唆しました。ロシアと仮想通貨の関係も紹介します。
ビットコイン100万円!年初来高値更新、今後さらに期待できる相場に

ビットコイン100万円!年初来高値更新、今後さらに期待できる相場に

ビットコイン(BTC)が2018年5月ぶりに100万円を突破しました。しっかりと底を固めての上昇であることが、ドミナンスや24時間内の出来高からわかります。短期で見れば、ここで利確する人もいるかもしれませんが、これからの期待も大きいです。
ビットコイン(BTC)先物取引からシカゴ・オプション取引所(CBOE)が完全撤退

ビットコイン(BTC)先物取引からシカゴ・オプション取引所(CBOE)が完全撤退...

今年3月に、ビットコイン(BTC)先物取引を中止するとしていたシカゴ・オプション取引所(CBOE)が、6月19日をもって、先物取引からの全撤退が完了します。未だ取引が盛んなシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)との違いは何なのでしょうか。
ビットコイン(BTC)決済する人は少なかった、利用の多くを占めるのは取引所

ビットコイン(BTC)決済する人は少なかった、利用の多くを占めるのは取引所

アメリカではAT&Tなど、大手企業がビットコイン(BTC)などの仮想通貨による決済を受け入れる動きが活発になっています。しかし、最近の調査で多くの消費者が商取引にあまり仮想通貨を利用していないことが明らかになりました。
5月の新規ビットコインATM設置数は300台以上、総数は5000台目前に

5月の新規ビットコインATM設置数は300台以上、総数は5000台目前に

コイン・ATM・レーダー(Coin ATM Radar)が6月6日、世界のビットコインATMに関するデータを発表し、5月に300台以上が設置されていたことが明らかになった。最近のビットコインATM事情と合わせて紹介します。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram