• Home
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • モナコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • リスク 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアムクラシック 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • ビットコイン (BTC)
  • イーサリアム (ETH)
  • リップル (XRP)
  • ビットコインキャッシュ (BCH)
  • イオス(EOS)
  • ライトコイン (LTC)
  • ネム (NEM/XEM)
  • ステラ(XLM)
  • リスク (LISK/LSK)
  • モナコイン (MONA)
  • Zcash (ZEC)
  • イーサリアムクラシック (ETC)
  • テザー (Tether/USDT)
  • エニグマ(ENG)
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • BitTrade (ビットトレード)
  • バイナンス(BINANCE)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • coincheck(コインチェック)
  • クラーケン (Kraken)
  • みんなのビットコイン
  • ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • ポートフォリオ
  • PR

ビットコイン(BTC)の記事一覧
ビットコイン(BTC)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ビットコイン(BTC)のスマート紙幣「Tangem Notes」とは?

ビットコイン(BTC)のスマート紙幣「Tangem Notes」とは?

スイスに本社を置くTangem(タンジェム)社は新たにビットコイン(BTC)のスマート紙幣をテスト発行し、5月3日にシンガポールのメガファッシュ(雑貨屋)でリリースされた。スマート紙幣は0.01BTCと0.05BTCの2種があるという。
ビットコイン先物取引量が回復基調へ、ファンドやETFなどはSECとの調整がカギ

ビットコイン先物取引量が回復基調、ファンドやETFなどは米SECとの調整がカギ?...

2017年12月から緩やかにスタートしたビットコイン先物取引だが、2018年4月より徐々に取引量が増加傾向にある。先物以外のビットコイン上場投資信託(ETF)取引の認可やファンドの運用については米SECの動き方で大きく変わってくるだろう。
バルト諸国で増え続けるビットコイン(BTC)決済、独自トークンも発行へ?

バルト諸国で増え続けるビットコイン(BTC)決済、独自トークンも発行へ?

バルト諸国(エストニア、ラトビア、リトアニア)でビットコイン決済が普及している。コーヒー購入にBTC決済は特別なことではないという。不動産やファッション、様々な企業が仮想通貨を導入、独自トークンの発行計画もあるようだ。今後の動きが注目される。
ビットコインの重要性が30分で理解できる!初心者は必ず見るべきビデオとは?

ビットコインの重要性が30分で理解できる!初心者が必ず見るべきビデオとは?

ビットコイン(仮想通貨)の認知度は高まってきたものの、まだビットコインを怪しいと思う人は沢山います。そんな人達はじめビットコイン初心者に必ず見てほしい、お金の定義や仕組み等を含めたビットコインの説明Youtubeビデオを紹介します。
ビットコイン(BTC)価格動向に影響を及ぼす現在のファンダメンタルズ整理・今後の見通しとは?

ビットコイン(BTC)価格動向に影響を及ぼす現在のファンダメンタルズ整理・今後の...

ビットコイン(BTC)価格は、4月二週目あたりから上昇トレンドが回復した形となっています。このような相場となったのは様々な要因があると思いますが、今回はビットコイン(BTC)価格の動向に影響を及ぼしているファンダメンタルズを整理しました。
仮想通貨市場は堅調に推移、今月中にビットコイン(BTC)100万円タッチなるか?!

仮想通貨市場は堅調に推移、今月中にビットコイン(BTC)100万円タッチなるか?...

仮想通貨相場はじわじわ上昇傾向。ビットコイン(BTC)始めイーサリアム(ETH)やビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)なども上向きに推移を始めているようです。週末はどんな相場になるのか?BTCとETHのチャート分析を行いました。
ビットコイン(BTC)価値の上昇を信じるなら、ホールドは非論理的なのか…!?

ビットコイン(BTC)価値の上昇を信じるなら、ホールドは非論理的なのか…!?

ビットコイン(BTC)価値の上昇を信じる方は必読!ビットコイン(BTC)価値が上昇するのならば、長期的にみると全体の出費を抑えることが可能となります。それは一体何故なのでしょうか?例を混じえて解説します。
SegWit(セグウィット)採用により、ビットコイン(BTC)取引手数料の問題が解決

SegWit(セグウィット)採用により、ビットコイン(BTC)取引手数料の問題が...

大手仮想通貨取引所であるBitfinex(ビットフィネックス)とGDAX(ジーダックス)が最近になりSegWit(セグウィット)を採用し、ビットコインの取引手数料が元の水準まで下がってきたという。両社の今後の取り組み(方針)を紹介。
ビットコイン(BTC)の価格反騰きっかけとは?弱気市場の底は6500ドルだった説

ビットコイン(BTC)価格反騰のきっかけとは?弱気市場の底は6500ドルだった説...

ビットコイン(BTC)価格は2018年4月12日頃から5日間連続で8000ドルを超えるまで反騰してきている。仮想通貨コミュニティーでは以前よりBTCの底値は6500ドル説が流れていた。その理由は一体何なのだろうか?最近の動きについて解説します。
ビットコインATMネットワーク「CoinSource」がワシントンDCへの導入を開始

ビットコインATMネットワーク「CoinSource」がワシントンDCへの導入を...

ビットコインATMネットワーク「CoinSource」がアメリカの首都ワシントンDCにネットワーク規模を拡大しようとしていることがわかった。同社は米国の19州でサービスを提供しており、こういった取り組みがBTC普及につながっているといえる。
ビットコイン(BTC)はいよいよトレンド転換か?相場のポイントを解説

ビットコイン(BTC)はいよいよトレンド転換か?相場のポイントを解説

2018年2月以降、下落トレンドを続けていた仮想通貨相場(ビットコインを含む)ですが、ついに先日ビットコイン相場に変化が。上昇トレンドを描き始め一気に雰囲気が変わりました。今後の相場予測・見通しをボリ平さんにEMAを使って解説していただきました。
イスラム法でビットコイン容認!?BTCは大陽線出現で上昇トレンド再開か?

イスラム法でビットコイン容認!?BTCは大陽線出現で上昇トレンド再開か?

イスラム法でビットコイン(BTC)が容認されたとの情報があり、ビットコイン価格が上昇しています。またリップル(XRP)も海外送金アプリが運用開始とのポジティブニュースも入ってきており、週末は久しぶりに仮想通貨市場が活発になるかもしれません。
ビットコイン(BTC)相場の下落は必然だったのか?仮想通貨市場の崩壊を複数の視点から考察する

ビットコイン(BTC)相場の下落は必然だったのか?仮想通貨市場の崩壊を複数の視点...

2018年の1月~3月にかけての仮想通貨市場の下落は記憶に新しく、ビットコインは軒並み下落をして被害を受けた印象がありますが、実際アルトコインの方が更に下落していました。仮想通貨市場の崩壊を複数の視点から今後の見通しの考察を行いました。
ビットコイン(BTC)決済可能店舗が増加、米国第2位のネットショップNeweggから見る実態

ビットコイン(BTC)決済可能店舗が増加、米国第2位のネットショップNewegg...

近年、ビットコイン(BTC)の決済を導入している店舗が増加している。米国第2位のネットショップNeweggは2014年からBTC決済をスタートしており、ダニー・リーCEOは今後も店舗は増加するコメント。Neweggから決済の実態を考察する。
仮想通貨を経営管理学修士課程(MBA)

世界トップレベルのビジネススクールが次々にビットコインクラス開講:仮想通貨を経営...

ペンシルベニア大学ウォートンスクール、スタンフォードビジネススクールなどの世界でトップクラスのビジネススクールが仮想通貨の履修コースを追加する流れになっている。今後、社会の中で仮想通貨・ブロックチェーンに関する知識は役に立つと考えてのことだろう。この流れは今後世界に広がりをみせるか注目が必要だ。
中国北京、エンジニアが会社所有のビットコイン(BTC)100枚を盗んだ容疑で逮捕

中国北京、エンジニアが会社所有のビットコイン(BTC)100枚を盗んだ容疑で逮捕...

中国にて、自身の会社の地位を利用したエンジニアがビットコイン(BTC)を100枚盗んだ容疑で逮捕された。軽くて3年以下の懲役、重くて7年まで刑期が延びる可能性がある。盗難後90%のBTCは会社に返還されているという、これは一体なぜなのか?
英国ビットコインATM企業はどのようにしてトップクラスの地位を手に入れたのか?

英国ビットコインATM企業はどのようにしてトップクラスの地位を手に入れたのか?

海外メディアBitcoinistはビットコインATMのスタートアップであるBCBATM創設者のLandry Ntahe氏にインタビューを行い、英国でどのようにしてトップクラスの地位を得たのかを聞きました。今回はその内容を紹介します。
アフリカのビジネススクールがビットコインでの学費支払いを受け入れ、PAXFULが歓迎

アフリカのビジネススクールがビットコイン(BTC)での学費支払いを受け入れ、PA...

南アフリカの著名なビジネススクールが学費の支払いにビットコイン(BTC)を受け入れ、P2PのBTC交換サービスのPAXFULが歓迎。これによりアフリカで教育を受けられていない人々の為に教育を受けられる環境が充実していくと考えられる。
ビットコイン(BTC)相場の急落から利益を得る4つの基本的戦略!

ビットコイン(BTC)相場の急落から利益を得る4つの基本的戦略!

仮想通貨投資をしている人は、リスクはつきものといえど相場が急変すると不安になるのは仕方ありません。今回は投資初心者向けに、4つの基本的戦略を五月雨まくら氏に解説していただきました。自分にあった戦略を見つけてみてください。
ビットコインをタダでゲット

自分のお金ではやりたくないけど仮想通貨に興味がある方:タダでビットコインを入手す...

ポイントサイトを利用して、ビットコインを入手する方法の紹介です。今回は、i2iポイント(ポイント貯める)、PeX(ポイント交換)、bitFlyer(ビットコイン受取り)の3サービスを利用して行うものになっています。自分の給料ではやりたくないけど、ビットコインに興味はあるという方におすすめです。
FIFAワールドカップ開催地のホテルで宿泊費のビットコイン決済が可能に

FIFAワールドカップ開催地のホテルで宿泊費のビットコイン(BTC)決済が可能に...

2018年FIFAワールドカップ開催都市の1つであるロシアのカリーニングラード市のホテル宿泊費がビットコイン(BTC)で支払える動きが進んでいることがわかった。すでにロシアの電子決済サービスプロバイダーの1社と提携を完了しているという。
ビットコインはもう終わりなの?仮想通貨投資に疲弊している人に見てほしい◯◯データ

ビットコインはもう終わりなの?仮想通貨投資に疲弊している人に見てほしい◯◯データ...

最近の仮想通貨市場は大きな価格変動はなく推移。「ビットコインはもう終わり?世間の興味はもう薄れた?」という声が聞こえてきてもおかしくない状況。そんな時はぜひ過去のデータをチェックしてください。仮想通貨の未来を考えるいいきっかけになります。
「LApps」ってなに?Blockstream社からリリースされたライトニングネットワークの新しい分野

「LApps」ってなに?Blockstream社からリリースされたライトニングネ...

ライトニングネットワークの「LApps」とは、Blockstream社から新しくリリースされたライトニングアプリのこと。イーサリアムのDAppsは聞いたことがある方もLAppについては知らない方が多い。詳細をお聞きしました。
仮想通貨市場バブル崩壊!?ビットコインが65万円割れならば50万円が視野に

仮想通貨市場バブル崩壊!?ビットコイン(BTC)65万円割れならば50万円が視野...

仮想通貨市場全体の価格は下落し続けています。記事執筆時、ビットコイン(BTC)価格は80万円を割っています。今後どこまで下がるのか?底値は一体?また、その他イーサリアムの相場分析も行い、ひろぴーさんの今後の価格予測、戦略を公開します。
ビットコイン(BTC)価格はいつ上がる?かんたんチャート検証

ビットコイン(BTC)価格はいつ上がる?かんたんチャート検証

最近の相場はあまり大きい変動はありません。ポジティブ情報は反応が薄く、ネガティブ情報では下落する傾向にあるようです。今回はボリ平さんが移動平均線を使ったテクニカル分析を行い、今後の相場予想をしています。果たしてBTCはいつ上がるのでしょうか?
「ビットコインは魅力的な通貨」と易綱氏、中国人民銀行新総裁発言の真意とは?

「ビットコインは魅力的な通貨」と易綱氏、中国人民銀行新総裁発言の真意とは?

中国人民銀行は15年ぶりに新総裁を迎えた。新総裁は易綱氏で仮想通貨に対して好意的な印象を持っているとのこと。ビットコインを始めその他仮想通貨に対する易綱氏の積極的な考えは、今後中国国内の仮想通貨に対する未来を明るくするのでしょうか。
オランダの裁判所、ビットコインは「譲渡可能な価値」

オランダの裁判所が「譲渡可能な価値」としてビットコインの合法性を認める

オランダの裁判所がビットコイン(BTC)を貸していた原告に判決が下った。判決では、ビットコインは財産権の特性をすべて備えている為、譲渡可能な価値として合法性を認めたという。オランダの裁判所が認める一方でその他の機関まだ認めるには至っていない。
金融庁が警告!BINANCEの営業行為を違法と判断:ビットコイン週末戦略(3/23~)

金融庁が警告!BINANCEの営業行為を違法と判断:ビットコイン週末戦略(3/2...

本日金融庁から発表のあった香港に本社を置く仮想通貨最大手取引所の一つBINANCEへの警告。これはビットコイン(BTC)相場には影響はあるのでしょうか。またどのくらいのレンジでBTCは推移するのか、ひろぴー氏に週末戦略を公開していただきました。
5つのビットコイン詐欺事件から学ぶセキュリティ!歴史から教訓を得よう

5つのビットコイン詐欺事件から学ぶセキュリティ、歴史から教訓を得よう!

過去に起きたビットコイン詐欺事件を紹介。ご存知の方も多いMT. Gox(マウント・ゴックス)社のハッキング事件などがありセキュリティに対する関心は高まりましたが、いま一度歴史を振り返りセキュリティについて意識を高く持つ習慣をつけてみてはいかがでしょうか。
Google広告規制ビットコインへの影響

ビットコイン急落:Googleが仮想通貨広告を禁止で!?【週末戦略】

FaceBookに続きGoogleの仮想通貨広告規制した影響で、ビットコインが下落しましたが、米最大手取引所のcoinebaseがバークレイズ銀行と業務提携をするというポジティブなニュースもあります。市場としては、重苦しい雰囲気になっています。
ライトニングネットワークを活用した電気自動車料金の支払いテスト実施:中部電力

ビットコインのライトニングネットワークを活用した電気自動車充電の支払いテスト実施...

中部電力(株)とIoTスタートアップのNayutaはビットコインのライトニングネットワークを活用した電気自動車充電の支払いテストを行なっていると発表した。実際にライトニングで支払い後、すぐに充電が開始されることをデモで確認したとのこと。
ビットコイン計算機

CoinChoiceのビットコイン計算機の使い方・利用シーンに関して

レート変動が激しい仮想通貨の世界。気軽に送れて、受け取ることが出来るのが一つの特徴ですが、手数料の計算などが面倒という声を良く聞くことがありました。そんな悩みを一気に解決するツールをコインチョイスで作成したので、是非ご利用ください。
ビットコイン(BTC)の手数料が過去2年で最低水準の安さに。segwit・手数料・トランザクション数・ビットコインキャッシュとの比較&最新状況

ビットコイン(BTC)の手数料が過去2年で最低水準の安さに。segwit・手数料...

ビットコイン(BTC)の手数料が2016年以来、最低水準まで下がっています。ビットコインのトランザクション数、SegWitトランザクションの割合、ビットコインキャッシュ(BCH)のトランザクションなど様々なデータを元に平野氏が考察をしています。
イーサリアム(ETH)がテクニカル的に妙味!?ビットコイン(BTC)週末戦略

イーサリアム(ETH)がテクニカル的に妙味!?ビットコイン(BTC)週末戦略

ひろぴー氏によるビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)相場分析コラムです!3/2~3/5までの週末戦略となります。次のターゲットはいくらなのか?値動きがあった場合どのような対応をしたほうが良いのか?ひろぴー氏の戦略を参考にしてみましょう。
ビットコインVS金(ゴールド)

仮想通貨デジタルゴールド(ビットコイン) VS 金(ゴールド)の成長スピードに対...

ビットコインと金(ゴールド)の価格推移に関して比較してみました。毎年、何倍に増加していけば現在の価格に到達できるのかを計算して算出しています。ビットコインの価格は、2017年12月、2018年1月をピークに下降していますが、今後どのように推移するのでしょうか。
ビットコイン市場冷え込み

ビットコインは冬の時代に突入?3つのデータから見る市場の冷え込み

ビットコイン市場が冷え込んで来ている?トランザクションの数も、2017年12月には、40万近くあったが現状では2万となっている。コインチェックのNEM流出やザイフのビットコイン0円購入など、仮想通貨自体の問題ではなく、取引所が問題を起こしているのも要因の一つではないだろうか。
ビットコイン(BTC)価格の急騰・急落で儲けたのはヘッジファンドマネジャー?

ビットコイン(BTC)価格の急騰・急落で儲けたのはヘッジファンドマネージャー?

2018年1月から2月にかけて急騰と急落劇を起こしたビットコイン(BTC)。今回の価格上下変動で設けていたのはヘッジファンドマネージャー?と考えられる記事がありフリージャーナリストの長瀬氏がその内容を解説しています。
ビットコイン(BTC)暴落は今後も起こりうるのか?過去データから予測できること

ビットコイン(BTC)暴落は今後も起こりうるのか?過去データから予測できること

2018年2月に入り起きたビットコイン(BTC)大暴落。今後も暴落は起こりうることなのか?ボリ平さんが非常に興味深い過去のビットコイン(BTC)暴落データから読み取れること、今後のビットコインの展望について解説していただきました。
ビットコイン(BTC)反発!価格上昇の目安をかんたんに見る方法とは?

ビットコイン(BTC)反発!価格上昇の目安をかんたんに見る方法とは?

先週急落したビットコイン(BTC)は現在、価格は78.6%のところまで反発してきています。価格は下落もあれば上昇もあります。投資家の方々はもうそろそろかも…と、上昇予想をたてるようです。では、どうやったらその目安がわかるのでしょうか?
ビットコイン100万円台回復

11日ぶりにビットコイン100万円台に回復

ビットコインの価格が11日ぶりに100万円台に回復した。一時65万円まで値を下げた場面もあったが、徐々に回復してきた形だ。今後の推移に関して、注視していきいたい。
ビットコイン(BTC)価格の暴落劇を振り返る

【2018年1月16日の悪夢】ビットコイン(BTC)価格の暴落劇を振り返る

ビットコインの暴落劇を振り返ります。様々な要因がありますが、本記事では、中国の取引所規制強化問題、韓国の仮想通貨全面禁止の噂、コインチェックのNEM流出事件などを振り返りわかりやすく説明していくものになっています。
ビットコインがなくなった!を防ぐ復元フレーズをバックアップしているか?

ビットコインがなくなった!を防ぐ復元フレーズをバックアップしているか?

今回は仮想通貨を入れておくウォレットの管理で一番重要なリカバリーフレーズについて、どんな時に必要になるのか、何に気を付ければいいのかを解説します。仮想通貨流出の問題が多く発生してしまっているので、出来る限りの自己管理は行っておきましょう!
仮想通貨市場は値固めへ?底堅さの印象ビットコイン(BTC)週末戦略

仮想通貨市場は値固めへ?底堅さの印象ビットコイン(BTC)週末戦略

先週は株価、仮想通貨市場ともに急落が続きましたが、現在は落ち着きを取り戻してきたもよう。本日はひろぴーさんの交雑による、ビットコイン(BTC)&リップル(XRP)の週末戦略を公開します!
Tetherの時価総額から考えるビットコインの価格変化

テザー(Tether・USDT)の時価総額から考えるビットコインの価格変化

ビットコインとテザー(Tether・USDT)問題に関して、Tetherの時価総額などから、数値を算出し、どのような動きをしていたかを考察する記事内容です。本日ビットコインは、80万円台まで回復しましたが、依然大きなボラティリティがあるので、投資家の皆様は注意が必要です。
ビットコイン(BTC)が一時68万円台に!1週間でマイナス約60%を記録

ビットコイン(BTC)が一時68万円台に。1週間で約60%の下落を記録

本日(2018年2月6日)ビットコインがついに60万円台にまで下落した。2017年12月に220万円まで上昇したビットコインはわずか2ヵ月で2017年10月ころと同じくらいの価格まで下落したということになる。
中国が仮想通貨と決別の動きー市場に大きな影響を及ぼすって本当?

中国マイニング規制:仮想通貨と決別の動きは市場に影響を及ぼすのか?

2017年末~2018年始の下落はBTC採掘量の約80%を占める中国が1月10日にマイニング規制を発表が要因の一つではと言われています。こういった中国の仮想通貨決別の動きは市場に影響を及ぼすのでしょうか?フリージャーナリスト長瀬氏の見解を公開します。
TwitterのCEO(ジャック・ドーシー氏)が考えるビットコイン(BTC)へのアプローチとは?

TwitterのCEO(ジャック・ドーシー氏)が考えるビットコイン(BTC)への...

Twitter創業者のJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏がビットコインをサポートすることを発表しました。Facebookが仮想通貨関連の広告する方針とは正反対のアプローチとのことで、非常に関心が高まっている。
見過ごしてない?コインチェック社以外の重要な仮想通貨ニュースまとめ(1月28日-2月2日)

見過ごしてない?コインチェック社以外の重要な仮想通貨ニュースまとめ(1月28日-...

1月28日~2月2日の1週間はコインチェック社のNEM流出問題に関心が集まりましたが、その一方、業界にとってネガティブなものからかなりポジティブなニュースもありました。見過ごしている可能性もあるので平野さんに重要な最新ニュースをまとめていただきました。
週末はセリングクライマックスくるか!?ビットコイン・NEM(XEM)週末戦略2月2日~

週末はセリング・クライマックスくるか!?ビットコイン(BTC)&NEM(XEM)...

ひろぴーさんによる、ビットコイン(BTC)&ネム(NEM)の週末戦略を公開!コインチェック関連のニュースが多かったりと非常に読みづらい相場ではありますが、ひろぴーさんはある可能性を考えているようです。それは一体…?
テザー(Tether)問題再燃?ビットコイン(BTC)ついに100万円割れなるか!?

テザー(Tether・USDT)問題再燃?ビットコイン(BTC)週後半戦略、つい...

2017年末あたりから話題になりはじめたTether(テザー)問題ですが、最近また再燃しそうな気配だとか。USDTとテザー問題について、そして週後半のビットコイン(BTC)戦略をひろぴーさんに解説していただきました。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice