ビットコイン(BTC)の手数料が過去2年で最低水準の安さに。segwit・手数料・トランザクション数・ビットコインキャッシュとの比較&最新状況

6693

ビットコイン(BTC)の手数料が過去2年で最低水準の安さに。segwit・手数料・トランザクション数・ビットコインキャッシュとの比較の最新状況。

Junya Hirano 平野淳也

ビットコイン(BTC)の手数料は2016年以来の最低水準まで下がっています。
1byte辺り30サトシでも、2ブロック程度で取り込まれます。

ビットコインの手数料は2016年以来の最低水準まで下落出典:Grafana

ビットコイン(BTC)のトランザクションの数

ビットコイン(BTC)の手数料はここ2年の最低水準まで下がっていて、トランザクションの数自体はどうなのかというと、下記のような状態になります。

ビットコイン、トランザクションの数出典:BitInfoCharts

segwitのアダプションが若干増えたことも手数料安に寄与していますが、昨年の11月-12月と比較して、トランザクション数も2/3以下まで激減しています。

SegWitトランザクションの割合

SegWitトランザクションの割合も見ていきましょう。こちらも過去最高に伸びており、執筆時点で35%くらいで推移しています。

SegWitトランザクションの割合出典:SegWit Charts

Segwitウォレットサポートを実装している「Bitcoin Core 0.16.0」が、2月26日にリリースされました。多くのビットコイン(BTC)関連サービスはバックエンドにこれを使っているので、各企業がアップデート次第、さらに上がることが期待されます。

これまでsegwitはbitcoin coreのウォレットでネイティブサポートがされておらず、SegWitの使用率が頭打ちになっていた原因でした。

また、今月、米最大手の取引所のcoinbaseと香港の取引所のBitfinexがsegwitのサポートを開始しました。segwit対応のモバイルウォレットも出てきたので、夏頃までに全体のトランザクションの80パーセントほどがsegwitなることを期待しています。

モバイルウォレットプロバイダのいくつかもsegwit対応が始まっていますし、日常使いがしやすくなったといえるでしょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)のトランザクションほぼ横ばい

さて、ビットコイン(BTC)のトランザクション数自体は減っていますが、その分がビットコインキャッシュ(BCH)に移ったか?という疑問もある方もいるかもしれません。

SegWitトランザクションの割合出典:BitInfoCharts

この問いについては、決してそんなことはなく、ビットコインキャッシュ(BCH)のトランザクションは11-12月比較でほぼ横ばい、やや減といったところです。

また、ビットコイン(BTC)トランザクションは減少してもビットコインキャッシュ比較で未だ8倍ほどです。ただし、ビットコイン(BTC)のトランザクションが半減する中、ビットコインキャッシュのトランザクションは横ばいで推移しているのは興味深く今後の経過を筆者もウォッチしたいと思っています。

各種データによる考察

以上、データで見る最近のトランザクションと手数料などの状況でした。ビットコイン(BTC)の手数料が高騰して使い物にならなくなっていた昨年の11-12月の状態は苦しかったですが、手数料の安い状態になっています。

とはいえ、同時にそれは使用するトランザクションベースでのユーザーが減っていることでもありますので、SegWitの使用率も増えると並行し、ビットコイン(BTC)が使われる傾向が最適も言えるでしょう。

ビットコインの相場・価格情報はこちら