P2Pネットワークとは?

今回は、P2Pネットワークに関して解説したいと思います。

2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、仮想通貨(特にビットコイン)が徐々に一般に浸透する普及段階に来たのだと思われます。「ただ、ニュースで見るけどよくわからない」と、漠然としている方も多いのではないでしょうか?

ビットコインを理解する上で、下記は重要な前提知識となります。この中で今回はP2Pについて解説します。
・Peer – to – Peer (P2P)ネットワーク
・ハッシュ関数・電子署名
・Proof of Work (PoW)

ビットコインのブロックチェーンの技術的要素分解
※参考:経済産業省

私たちは普段、お札を使っています。しかし、そのお札製造の技術(透かし等)を詳しく知る必要はあまりありません。

ですがビットコインを少しでも身近に感じることを目的とした場合、まず、その概念的な部分であるのP2Pネットワークを知ることが重要だと思います。

日本銀行の役割とビットコインの違いとは?

まずここで、一旦、自分の財布を開けてお札を眺めてください。漢字で日本銀行券、アルファベットでNIPPON GINKOと書いてありますね。

私たちは漠然とお金を使っていますが、紙幣は日本国という国でなく、日本銀行という銀行が発行しています。

日本銀行の詳細は今回の目的を超えてしまうので別の機会に機会があればと思いますが、私たちの日常生活の中で使用されるお金は日本銀行が管理しているということです。

P2P

右の図の真ん中(「S」と書いてあるところ)を日本銀行だと思ってください。日本銀行が発行、管理するお金を私たちは使っています。お札を発行することも日本銀行の仕事ですし、日々の銀行振込等も、民間の銀行が日本銀行を経由して行っています。

その反対に、左の図では中央管理機関がありません。

それがビットコインです!

ビットコインという通貨に参加し、参加しているみんなでその所有、取引、発行を管理していきましょうということです。それでもなかなか、「みんな」ということに実感がわかないと思います。

そこで小さい頃を思い出してください。子供銀行券を勝手にお金と称しておままごとをして遊んだ記憶はありませんか?

それは3、4人のその遊んでいる瞬間だけだったかもしれませんが、「みんな」の合意のもとに、お金として機能していたのです。

そのお金には日本銀行のような中央管理機関はありません。でも、おままごとが始まった時、仮にマサル君、かおりちゃん、みさきちゃん、たいが君はそれぞれ二千円を持っていたとします。

・マサル君が、かおりちゃんの花屋さんで千円のお花を買った
・かおりちゃんが、みさきちゃんのアクセサリー屋さんで五百円のイヤリングを買った
・みさきちゃんが、たいが君の八百屋さんで五百円の大根を買った。

このような感じで遊んでいたと思います。「みんな」で遊んでいるその時は、「みんな」がそれぞれの取引を確認し、承認していたのです。ビットコインはそれを3、4人でなく、大規模で行っているということです。

いきなり、「ビットコインは子供銀行券と一緒だ」と結論づけてしまうと、いささか乱暴な気もします。しかし、テクノロジーの力を使って先ほど説明したような、みんなで取引の記録を管理する方法が実現しているのです。

少し、ビットコインが身近になったでしょうか?

私は、立場として中央管理機関にいるので、ビットコインのように分散化されてるものを素晴らしいということはなかなか難しいですし、中央管理機関が必ずしも良いということも言えないと思っています。

私たちの生活において、日本銀行があって今まである程度うまく運営されて来たことは事実です。

しかし、ある領域では中央管理機関が存在することが、非効率を生んでいることも事実です。

次回は、ビットコインがどういう領域で使用されるか?という展望についてお話ししたいと思います。