ビットコイン(BTC)など仮想通貨を保管するためのウォレット解説

編集部おすすめ

みなさんは普段お金をどのように管理していますか。すぐに使わないまとまったお金は銀行口座や金庫に入れてあったり、普段使う分はお財布やポケットの中に入っていたりするのではないでしょうか。

用途や目的に合わせて様々な保管方法があるのはビットコインも同じですが、このビットコインを入れておくもののことを総じて「ウォレット(wallet)」といいます。

取引所で買ったビットコインを試しにお店で使ってみたいときや、人からビットコインを直接もらうとき、また取引所で買ったビットコインを自分できちんと管理したい場合(※取引所の口座はウォレットとは別です!)にはウォレットが必要になります。

ウォレットには色々な種類があるので、用途に合わせて必要なものを選びましょう。

ウォレットの種類

 モバイルウォレット

特徴:スマートフォンアプリ型のウォレット。たいてい無料でダウンロードして使うことができます。店舗で決済したり、海外で使ったり、友人と割り勘などのシーンでもモバイルウォレットが必要です。初心者ならまずスマホにウォレットアプリをいれみましょう。

利点:持ち運びに便利、操作が簡単、無料

弱点:あまりにも多くの金額をスマホに入れて持ち歩くのは不安。

初心者におすすめ:Copay, breadwallet, blockchain.info

 デスクトップウォレット

特徴:パソコンにダウンロードして使えるウォレット。一斉に複数の相手に送信する等の機能使えます。ノートパソコンに入れれば持ち運ぶことも可能ですがが、店舗での支払いなどQRコードを読み込むタイプのものには向きません。

利点:手軽にビットコインを使える

弱点:持ち歩きには向かない

初心者におすすめ:Electrum

 ハードウェアウォレット

特徴:手のひらサイズの小さなデバイス(ハードウェア)に入れてビットコインを保管できるタイプのウォレット。ケーブルでパソコンにつないで使います。インターネットから切り離して保管ができるため、ハッキングなどのリスクに強いという利点があります。普段は使わない資産保管用のビットコインがある場合は、これで保管するのが便利。購入には約25ドル~100ドル程度の費用+送料がかかります。

利点:安全性が高い、中~長期の保管に向いている

弱点:使う時に少し不便、ハードウェアを購入する必要がある

初心者におすすめ:Trezor, Ledger, Keepkey

 ペーパーウォレット

特徴:ビットコインの情報を紙に印刷したタイプのウォレット。インターネットに接続せずにオフラインで保管できるので、ハッキングや漏洩のリスクが低くなります。ただし、コーヒーをこぼしたり、ポケットに入れたまま洗濯機を回してしまうとアウトです。

利点:安全性が高い、長期の保管に向いている

弱点:水や熱に弱い

 その他

メタルウォレット・・・コンセプト的にはペーパーウォレットに似ていますが、火災に強く破れる心配もありません。

コイン・・・フィジカルコインとも呼ばれるコインにビットコインを内蔵したタイプのものです。少し変わったアイテムなので、持っていると珍しがって興味をもってもらえることがあります。

ウェブウォレット・・・ウェブブラウザ上で使うウォレット。取り扱いは簡単ですし、サービスを提供する会社にセキュリティは依存しますが、自分でビットコインを管理することができない場合はこれでもよいでしょう。

仮想通貨の始め方コラムまとめ

  1. 仮想通貨の取引所と販売所の違いとは?
  2. ウォレットは種類がいっぱい!どれを使えばいいの?
  3. ホットウォレットとコールドウォレットの違いとは?
  4. シングルシグとマルチシグの違いとは?
  5. 仮想通貨取引所 おすすめ比較ランキング
  6. ビットコイン(BTC)投資に潜む3つのリスクとは?
  7. 仮想通貨を安全に保管する方法とは?
  8. 仮想通貨の積立投資とは?
  9. 未成年でも仮想通貨取引は可能?
  10. 仮想通貨取引に便利なスマホアプリは?
  11. 仮想通貨はいくらから始められる?
  12. 仮想通貨取引以外の運用方法は?
  13. 二段階認証とは?