ビットメックス運営のHDRが非営利セキュリティ組織シャドウサーバーを支援

編集部おすすめ

ビットメックス運営のHDRが非営利セキュリティ組織シャドウサーバーを支援

海外の仮想通貨取引所であるビットメックス(BitMex)の取引プラットフォームを運営しているHDRグローバルトレーディングリミテッド(HDR Global Trading Limited)がインターネットセキュリティに関する非営利団体であるシャドーサーバー財団(Shadowserver Foundation)のスポンサーとなった。ビットメックスが4月6日、自社のブログ内で発表した。シャドーサーバー財団の新しいアライアンスメンバーとなったHDRグローバルトレーディングリミテッドは、今後4年間で40万ドル(約4,300万円)を提供する予定。

シャドーサーバー財団とは

シャドーサーバー財団は、16年前に設立したインターネットセキュリティ組織である。セキュリティレポートと悪意ある活動の調査に関する世界的なリソースのひとつとなっており、スポンサーシップと慈善の寄付によって支えられている。

シャドーサーバーはオンラインコミュニティに無料のパブリックサービスを提供し、毎日のサイバーセキュリティネットワークレポートを介してインターネットプロバイダー(ISP)によるマルウェアの感染およびボットネットの識別と検疫を支援している。

仮想通貨産業の将来に不可欠なセキュリティ

シャドーサーバーのサミュエル・リード(Samuel Reed)共同創業者兼最高技術責任者は、「シャドーサーバーはボットネット防御コミュニティで非常に高く評価されているプレイヤーだ。精力的に働き、すべてのユーザーに対してインターネットがより安全であることを確実にするための明確な変化を生み出す」と述べた。また同氏は、「業界を超えたコラボレーションは、広く見ればインターネット全体、少なくとも仮想通貨産業の将来的なセキュリティには不可欠だ」とも語った。

シャドウサーバーのリチャード・ペルロット(Richard Perlotto)ディレクターは、「私たちの助けを求める声に迅速に対応してくれたサムとチームに感謝する。彼らは、グローバルコミュニティが無料で利用できる安全なインターネットのメリットを理解している」と話した。また、「非営利組織として私たちは、サイバー犯罪の犠牲者であることを知るためにお金を払う必要は誰にもないと考えている。私たちはHDRを新しい業界アライアンスに歓迎し、無料で公正なサイバーセキュリティサービスについて彼らと協力することを楽しみにしている」とコメントした。

参考
HDR Global Trading Confirms New Partnership With The Shadowserver Foundation

【こんな記事も読まれています】
知らないとヤバイ?BitMEX(ビットメックス)使い方の注意点と手数料
知らないとヤバイ?レバレッジ最大100倍の仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)の特徴
【墨汁速報】ビットコインデリバティブBitMEX 同社の投資家により約325億円の訴訟を起こされる

文:かにたま