ビットメックスが2019年IEOの価格パフォーマンス調査結果を発表

編集部おすすめ

ビットメックスが2019年IEOの価格パフォーマンス調査結果を発表

世界的な仮想通貨取引所であるビットメックスが12月23日、2019年5月までにイニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)で発行された12銘柄の価格の投資パフォーマンスについての調査結果を自社サイトのリサーチ部門で発表した。

12銘柄のうち11銘柄が大幅低下

今回の調査では、バイナンス・フォビ・ビットレックス・OKEX・ビットマックス・クーコインといった世界有数の仮想通貨取引所が発行した12銘柄を対象としている。具体的な銘柄は以下の通り。

バイナンスのIEO銘柄

  • ギフト(Gifto/GTO)
  • ブレッド(Bread/BRD)
  • フィッチエーアイ(Fetch.AI/FET)
  • ビットトレント(BitTorrent/BTT)
  • セラーネットワーク(Celer Network/CELR)
  • マティックネットワーク(Matic Network/MATIC)

フォビのIEO銘柄

  • トップネットワーク(TOP Network/TOP)
  • ニュートン(Newton/NEW)

ビットレックスのIEO銘柄

  • ベリブロック(VeriBlock/VBK)

OKEXのIEO銘柄

  • ブロッククラウド(Blockcloud/BLOC)

ビットマックスのIEO銘柄

  • ドスネットワーク(Dos Network/DOS)

クーコインのIEO銘柄

  • マルチVAC(MultiVAC/MTV)

今回の調査では、対象12銘柄の12月20日時点での「最初の取引価格以降のリターン率」と「IEO価格のリターン率」を発表した。「最初の取引価格以降のリターン率」では、マティックネットワークを除く11銘柄で大幅低下している。なおマティックネットワークは254.5%の増加だった。

「IEO価格のリターン率」では、12銘柄の内の8銘柄が低下している。増加した4銘柄は、増加率が高い順に、マティックネットワーク(MATIC:493.2%)・ブレッド(BRD:129.2%)・ビットトレント(BTT:101.7%)・ドスネットワーク(DOS:7.9%)だった。

関連:【登録無料】仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の口座開設手順

マティックネットワークとは

今回最もパフォーマンスが高かったマティックネットワークは、2019年4月24日からバイナンスのローンチパッドでIEOが開始されたトークンである。ユーザーと分散化した世界との相互作用を単純化することを目指しており、誰でも簡単に分散型エコシステムをやり取りできることを目的としている。

単一のマティックのサイドチェーンでは理論的にブロックあたり2の16乗のトランザクションを実現し、将来的には複数のチェーンで数百万のトランザクションを可能にする。

参考
Initial Exchange Offerings (Part 2) – Investment Performance Update
Matic Network

【こんな記事も読まれています】
IEO(Initial Exchange Offering)とは?ICOと異なる点やメリット、参加方法をわかりやすく説明
IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)を行う取引所・プラットフォームのまとめ
資金調達手段としてメジャーになったIEO、その市場規模と状況とは?

文:かにたま


前のニュース最高峰のVCであるa16zはなぜ暗号通貨に精力的に投資を実行するのか?
次のニュースビットコイン(BTC)ETF実現可能性は?Bitwiseは再参入の意思あり
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。