ビットポイントがサービス再開スケジュールを発表、仮想通貨流出事件から約1カ月

編集部おすすめ

ビットポイントがサービス再開目処を発表、約30億円相当の仮想通貨流出から約1カ月

7月11日に約30億円相当の仮想通貨の不正流出が発覚した株式会社ビットポイントジャパンが8月5日、各種サービスを段階的に再開する予定であることを発表した。

関連
ビットポイントで約35億円相当の仮想通貨が不正流出、顧客の資産は補償予定
ビットポイント(Bitpoint)約30億円の仮想通貨流出について会見、返金時期は未定

各種サービスの再開予定時期は下記の通り。

再開対象サービス 再開時期(予定)
法定通貨の入出金サービス 2019年8月6日 14:00頃
店頭仮想通貨証拠金取引サービス(レバレッジ取引サービス及びMT4取引サービス) 2019年8月9日頃
仮想通貨現物の売買取引サービス 2019年8月13日頃
仮想通貨の送付サービス 2019年9月以降
仮想通貨の受金(預入)サービス 2019年10月中旬以降
新規口座開設申込を含む上記以外の全サービス 未定

また安全性確保のため、上記スケジュールは変更する可能性があることと、当面の間はホットウォレットを使用せず、コールドウォレットのみを用いることが発表された。

今回の事件で流出した顧客からの預かり分の仮想通貨については、7月14日時点で全量の調達を完了しており、返還の対応は9月以降になる見込みだとしている。

参考
Bitpoint

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨交換業者|仮想通貨流出事件まとめ
ザイフ(Zaif)ハッキング被害でビットコイン(BTC)など仮想通貨67億円相当流出
バイナンスがハッキングで7,000ビットコイン流出、攻撃手法と中央集権取引所の利用で認識すべきリスク