【墨汁速報】Bitstamp ロイズから仮想通貨犯罪保険を獲得、ホットウォレットのビットコインなども対象

編集部おすすめ

【墨汁速報】Bitstamp ロイズから仮想通貨犯罪保険を獲得、ホットウォレットのビットコインなども対象

老舗仮想通貨取引所であるビットスタンプ(Bitstamp)が、ユーザーの資産保護を目的とする犯罪保険の導入を発表。近年加速するイーサリアム上の非中央集権取引所「DEX」の利用と止まらない仮想通貨取引所のハッキング懸念を払拭するために一石を投じるようだ。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアムやビットコイン165億円以上被害 KuCoinが秘密鍵流出でハッキング

ロイズ・オブ・ロンドンの仮想通貨保険

Bitstampが導入した今回の犯罪保険は、パラゴンブローカー(Paragon Brokers)と米国大手Woodruff Sawyer と共同して提供される。これらの保険は世界最大の保険市場であるロイズ・オブ・ロンドンのシンジケートと複数の保険企業により引き受けられるとしている。

仮想通貨に対する保険は2019年まで保険業界からタブー視されており、ハッキングや損失のカバーは仮想通貨取引所は自社保険ファンドや利益から捻出するしかなかった。だが2019年9月頃からマーシュをはじめとする多くの保険会社が参入し、その中核としてロイズが複数の保険をカストディなどに提供している。

関連記事:【墨汁速報】世界初?保険ブローカー マーシュビットコイン盗難などの100%の盗難補償をKNOXで提供

ホットウォレットも対象の仮想通貨保険

Bitstampの仮想通貨保険では、普段はインターネットには物理的に接続していない「コールドストレージ」で管理されているものが対象となる。同仮想通貨取引所によると、保有している98%がコールドストレージで保管されており、カストディアンであるBitGoの保険により守られているという。

またBitstampによると即座の引出しに対応するための「ホットウォレット」やさまざまな状況での送金にも対応しているという。このような多岐にわたる保険の適応は、大手仮想通貨取引所でも世界初となると見られるだろう。

古くからFDICを獲得しおり、キャプティブを提供するジェミニ(Gemini)のような仮想通貨取引所もあるが、Bitstampのような広域の保険をロイズから獲得することは仮想通貨業界における大きな進歩であるといえ、2021年には仮想通貨業界は大幅な成長を見られるだろう。

参考
Introducing crime insurance at Bitstamp

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】ウィンクルボス兄弟Gemini ナカモトキャプティブ(自社保険)をローンチ 最大2億ドルをカバー
英国の保険組合ロイズが仮想通貨ウォレット向けの新しい保険を発表
【墨汁速報】イーサリアムやビットコイン165億円以上被害 KuCoinが秘密鍵流出でハッキング

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や実際のステーキング検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界


前のニュース分散型金融(DeFi)はメインストリームに成長しなくても何十倍もの伸びしろがある
次のニュース中央銀行デジタル通貨(CBDC)発行をめぐる米中競争から米中ソ3国競争へと進展
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者