BitTrade(ビットトレード) BitTrade(https://bittrade.co.jp/)より

今回はBitTrade(ビットトレード)の口座開設方法の手順を紹介します。

BitTrade(ビットトレード)は、知名度の高い仮想通貨ビットコイン以外にもイーサリアムやリップル、モナーコイン、ライトコインなどの通貨も取り扱っています。

スマートフォンでのトレードにも対応しており、初心者でも取引がしやすい環境を整えるよう、世界で最も親しまれるTradingViewを採用しています。
何より、BitTrade(ビットトレード)を運営するビットトレード株式会社は、FX取引サービスを運用する株式会社FXトレードフィナンシャルの関連会社ということで、信頼性の高いサービスでしょう。

それではBitTrade(ビットトレード)での口座開設方法を紹介したいと思います。

口座開設前に用意しておいた方が良いもの

・ご自身の銀行口座の情報(銀行口座登録用)
・本人確認書類(下記のうちいずれか1点の画像)

┗運転免許証
┗パスポート
┗住民基本台帳カード
┗在留カード

1. まずは新規会員登録の手続きを行う

まずは新規会員登録の手続きを行っていきます。

公式ページの画面上部分にある『新規会員登録』ボタンか、画面真ん中あたりにあるメールアドレスの入力欄に登録用のメールアドレスを入力し、『アカウント作成』ボタンを押します。

アカウント作成ボタン

『メールを送信しました。認証用URLから本登録手続きにお進みください。』
と表示される画面に移動しますので、内容に沿って入力したメールアドレス宛に届くメールを確認します。

フリーメールアドレスでの登録も出来ますので、私はYahoo!のフリーメールアドレスを入力しました。

認証用URLをクリックして、パスワードを設定

メールの内容を確認すると、認証用URLが書かれていると思いますのでそちらをクリックします。

認証用URLをクリック

そうすると、BitTrade(ビットトレード)の新規登録画面にてパスワードを設定する画面が表示されると思いますので、パスワードを入力します。
利用規約、取引ルール、リスク事項に同意するよう求められますので、チェックボックスにチェックを入れて『登録』ボタンを押します。

パスワードを設定

各サービス、利用規約・取引ルール・リスク事項の内容は、よく読んでおく事をおススメします。

ここで決めるパスワードはログイン時に必要な情報ですので、どこかにメモしておくと良いでしょう。

2. 基本情報の登録を行う

ログインパスワードを決めたら、次に基本情報の登録を行っていきます。
基本情報の登録では、名前や生年月日、住所などの情報を入力します。

BitTrade(ビットトレード)で入出金などの操作を行うには、登録者の基本情報登録が必要です。
登録された基本情報は、入出金口座の名義、および本人確認書類の名義と同じでなければいけません。

基本情報の登録を行う

後ほど行う本人確認書類の提出で、入力した内容と相違がないかどうか確認が入る為、登録する基本情報の内容には間違いがないよう、よく見直しを行いましょう。

ミドルネームを持っている場合は、公的書類と同様の形式で名前フォームにスペースで区切り記入するようにしてください。

必要項目を入力したら『次に進む』ボタンを押し「取引の目的」や「職業」などの情報も全て入力します。

最後に「外国の重要な公人」部分で該当する箇所にチェックを入れたら最後に『確認』ボタンを押します。

基本情報の登録2ページ目

確認画面で登録する内容の確認をして、内容に間違いがなければそのまま『登録』ボタンを押します。

確認画面

登録ボタンを押すと『基本情報登録が完了しました』という画面が表示されます。

すぐに本人確認書類のアップロードに進める場合は、そのまま『本人確認書類のアップロードに進む』ボタンを押して下さい。

本人確認書類のアップロードに進むボタンを押す

本人確認書類のアップロードを行う

続いて、本人確認書類のアップロードを行います。
本人確認書類として利用できるのは、次の書類です。

本人確認書類(下記のうちいずれか1点の画像)

┗運転免許証
┗パスポート
┗住民基本台帳カード
┗在留カード

まずは本人確認書類の種類を選択し、本人確認書類のアップロードを行います。

本人確認書類のアップロード

本人確認書類の画像は、表面の画像と裏面の画像の計2枚が必要になります。
画像が見ずらかったり、一部が欠けていたりすると再提出を求められる場合があるので、注意しましょう。

画像の通り、免許証のイラストの上にカーソルを当てるとプラスボタンが表示されますので、そちらを押すと画像がアップロードできます。

必要写真をアップしたら、『アップロードする』ボタンを押して完了です。

アップロード後はサービス側の確認を待つだけ!

本人確認書類をアップロードしたら、あとはサービス側の確認を待つだけです。

本人確認書類をアップロードや基本情報の登録は、新規登録後すぐに行わなくてもOKです。

ただ、この手続きを行わない限りは入出金等、取引の一部機能が利用できません。
早く取引したいと考えている場合は、早めに手続きをするのが良いでしょう。

ちなみに、ここまで手続きが済めば管理画面にログインすること自体は可能です。
下記が、管理画面の様子です。

管理画面

本人確認書類手続きは基本情報登録後、後からでも可能!

基本情報の登録をした後、すぐに本人確認書類のアップロードも出来ますがすぐに書類を用意できなかった場合、後から設定も可能です。
本人確認書類の手続きを後回しにした場合は、管理画面からアップロードを行っていきます。

後から本人確認のアップロードをする場合、ログイン画面のページ上にある人マークを押します。
そうするとメニューが開かれるのでその中の『登録情報』を押します。

登録情報

登録情報の画面に移動したら、『基本情報の登録』の下に『アップロード』ボタンがありますので、そちらをクリックします。

アップロードボタンをクリックする

そうすると本人確認書類のアップロード画面へ移動しますので『本人確認書類のアップロードを行う』からの手順を追ってください。

以上が、BitTrade(ビットトレード)での口座開設の手順でした。

BitTrade(ビットトレード)はこちら