【墨汁速報】運用資産8.7兆ドル超ブラックロック ビットコイン先物を介しての投資の可能性を明かす

編集部おすすめ

【墨汁速報】運用資産8.7兆ドル超ブラックロック ビットコイン先物を介しての投資の可能性を明かす

運用資産8.7兆ドル超えを誇るブラックロックは、米証券取引委員会(SEC)に2つのファンドを介してビットコイン先物に投資する可能性を示した申請書を提出。ブラックロックは仮想通貨バブル後の2018年にビットコインに対して否定的だった。

関連記事:【墨汁速報】VanEckの新たな現物裏付けビットコインETN ドイツ取引所に上場

ブラックロックのビットコイン先物活用

SECに申請された書類によると、ブラックロックファンドV(BlackRock Funds V) ブラックロックグローバルアロケーションファンド(BlackRock Global Allocation Fund)の2ファンドにおいて、ビットコイン先物を介してのビットコイン投資の可能性について触れ「ファンドはビットコイン先物を介して投資を行う可能性がある」と述べている。

ここではCMEビットコイン先物のような差金決済型ビットコイン先物を例にあげており、ビットコイン現物決済されるBakktやビットコイン現物への直接投資などには触れていない。

ビットコイン先物の問題

一方でビットコイン先物の問題に対しても指摘しており、「ビットコイン先物は新興であり、他の先物と比較して流動性が低いことから(ブラックロックの)ファンドがビットコイン先物を介して投資を行った場合、非流動性リスクを受ける可能性がある」と述べている。

ビットコインに否定的だったブラックロックの心変わり

ビットコインが仮想通貨のバブル相場で当時市場最高値を記録した2017年末の後、多くの仮想通貨取引所やファンドがビットコインETFの上場を画策していた。2018年中旬、米最大手仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)がブラックロックのブロックチェーングループと密かな話し合いを行ったとリーク。

一方でブラックロックCEOのラリー・フィンク(Larry Fink)氏は、「ビットコインはマネーロンダリングの指数だ。ビットコインの高騰は、どれほど世界でマネーロンダリングの需要があるかを示してるだけに過ぎない」と2017年10月に痛烈批判をしていたことで有名だ。

2017年末の最高値を有に更新した2020年、ETFジャイアントのブラックロックの考えを覆すことができたようだ。このような機関投資家の流入をビットコイン市場は2017年から期待しており、2021年はS&P ダウジョーンズインデックスの仮想通貨指標など機関投資家参入が期待できるだろう。

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】S&P DJIインデックス 仮想通貨版S&P500指数を2021年ローンチ予定
一時400万円を超えたビットコイン(BTC)、アナリストたちの見方は?
ビットコイン(BTC)価格500万円も間近?強気市場にトレーダーも楽観視

関連記事:【墨汁速報】S&P DJIインデックス 仮想通貨版S&P500指数を2021年ローンチ予定

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)