ブロックチェーンがシンガポールでの2021年の技術トレンド予想2位に

編集部おすすめ

ブロックチェーンがシンガポールでの2021年の技術トレンド予想2位に

シンガポールのブロックチェーン業界を調査したレポート「シンガポールブロックチェーンエコシステムレポート」が12月7日に発表された。

3~5年以内にブロックチェーンの成長が加速

今回の調査対象企業は、70%がシンガポールに本社を置いている。4%がシンガポール以外の東南アジアに本社を置き、その他は欧州諸国や米国、インドに本社を構えている。44%が過去1年以内に創業し、5年以上事業を継続しているブロックチェーン関連企業は4%だった。全体の41%の企業が、100万シンガポールドル(約7,800万円)を超える収益を上げている。

これらの企業のブロックチェーンに関する見解は、43%がブロックチェーンを主要なソリューションだと認識。40%が主要な製品とサービスを補完するものと回答していた。

また今後3~5年のシンガポールでのブロックチェーンの見通しに関する質問では、45%がブロックチェーンの成長が加速し、利用方法と機会が増加すると回答。ほかの回答としては、安定した速度で成長を続けると回答した割合は22%、ブロックチェーンが主流のソリューションになるとの回答が20%、ブロックチェーン以外の技術がより早く主流になるとの回答が12%だった。

「ブロックチェーンのリーダーは日本」13%が回答

個人の見解でブロックチェーンのリーダーとなっている地域についての質問では、81%がアメリカで最多だった。2位以下は中国(68%)、ヨーロッパ(62%)、シンガポール(55%)と続いた。同じ質問で13%が日本と回答していた。

2021年のシンガポールで上位3つの技術トレンドは何か?という質問では、91%と最も多い回答の「AIと自動化」が1位。2位はブロックチェーンで70%、3位が自律技術/IoTの64%だった。

そんなブロックチェーンの使用法や利用ケースを表しているものはどれかという質問については、「資産追跡と追跡可能性」が52%で1位だった。デジタルトークンが2位となっている。今回のレポートではこの結果を、サプライチェーンの改善にブロックチェーンを使用する企業が増えていることを反映したものだと分析した。

参考
2020 SINGAPORE BLOCKCHAIN ECOSYSTEM REPORT

【こんな記事も読まれています】
高級時計メーカーのウブロが品質保証にブロックチェーンを導入
サッカーチーム「アヤックス」がブロックチェーンを使ったチケット販売へ
個人でデータを管理して収益化の機会を与えるブロックチェーンプロジェクト

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュース世界初のカーボン取引トークン「UPCO2」の発売開始
次のニュース【墨汁速報】”仮想通貨”米国立信託銀行誕生となるか?イーサリアム上でドルを発行するPaxosが申請
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。