ブロックチェーン開発者、2018年の米国トップの新興職業に台頭

編集部おすすめ

ブロックチェーン開発者、2018年の米国トップの新興職業に台頭

米ソーシャルメディア大手リンクトイン(Linkedin)は、2018年の「The Emerging Jobs Report (米国の新興ジョブレポート)」(2018年12月13日)を発表しました。第1位はブロックチェーン技術開発者(Blockchain Developer)で、18年になってリンクトインのプラットフォーム上で33倍と最も急速に伸びたことが分かりました。

ブロックチェーン開発者に求められるスキルはSolidityなど

「The Emerging Jobs Report」では、利用者のデータを分析し、米国において著しく求人が伸びている分野を調査し、それをランキング方式で発表したものです。1位になったブロックチェーン技術者に次いで、2位が機械学習エンジニア(Machine Learning Engineer、12倍)、3位にはアプリケーション・セールスエグゼクティブ(Application Sales Executive、8倍)がランクインしました。

ブロックチェーン開発者に求められるトップスキルは、プログラミング言語の「Solidity」、ブロックチェーン、イーサリアム(Ethereum)、暗号通貨(cryptocurrency)、Node.jsなどの知識とスキルでした。例えば、IBM、コンセンシス(Consensys)、チェーンヤード(Chainyard)などの企業が求人に熱を入れています。開発者を求める産業は、情報技術(IT)&サービスやコンピューターソフトウエア、インターネットなど。求人が多い地域は、サンフランシスコ、ニューヨーク、アトランタの順でした。

関連:イーサリアム(ETH)の「Solidity」ってどんな言語?

ブロックチェーン技術者の平均年収は約944万円

一方、大手求人サイトのグラスドア(Glassdoor)が10月に発表したレポートによれば、リンクトインと同様にブロックチェーン技術関連の求人が仮想通貨の下落相場ににもかかわらず、18年に目立って増加しました。ブロックチェーン関連の求人は、8月だけで月間1,775件もあり、17年同月の446件から300%増を記録しました。

同社によると、ブロックチェーン関連求人の年間平均給与は、全職種の平均給与である5万2,461ドル(約583万円)より61.8%増の8万4,884ドル(約944万円)と推計されています。分散型台帳技術(ブロックチェーン)に関連して最も一般的なジョブの範疇となる「ソフトウエアエンジニア(Software Engineer)」は18年8月時点で、ブロックチェーンに関する職種の19%を占めています。

17年のリンクトインのランキングでは、ブロックチェーン開発者はトップ20にも入っていませんでした。ちなみにリンクトインとグラスドアの調査結果は、偶然と言うかその多くが類似していました。

最大のスキル不足はソフト面、AIの浸透も顕著

リンクトインは、問題別にさらに深く調査をして、注目すべき点を以下のように挙げています。

  • 18年の15の台頭職業の中の6つが、人工知能(AI)と何らかの関連がある。AI関連のスキルは、テクノロジーにとどまらずあらゆる産業に浸透し始め、AIに関するスキルは、リンクトイン上の最速スキルに入り、2015年から17年に190%増加した。
  • 基本的ビジネス機能の需要が急上昇し、管理者補佐役、保証要員、営業開発者などの職種が台頭している。
  • 最大のスキル不足は、ソフト面のスキル(soft skill)に顕著に現れた。オーラルコミュニケーション(口頭での意思伝達能力)、リーダーシップ、タイムマネジメントなど能力が求められている。

グラスドアが発表した10月のレポートによると台頭したブロックチェーン関連ジョブを求人している企業は、ランク順でコンセンシス(ConsenSys:214人、12%)、IBM(214人、12%)、コインベース(Coinbase:63人、4%)、フィギュア(Figure:37人、2%)、オラクル(Oracle:37人、2%)でした。アクセンチュア(Accenture)やJPモルガン(J.P.Morgan)、KPMGなど大手もトップ15にランクインしています。

グラスドアのレポートの結論は、ブロックチェーンの求人市場は引き続き近い将来に向けて、急速に伸びる見通しだということです。

関連
ブロックチェーン技術者の年収2,000万円、他分野のエンジニアより高め
ブロックチェーン市場は2025年までに3兆2,000億円規模に、アジアの急成長に期待

参考
LinkedIn
Glassdoor