ブロックチェーン技術者の年収2,000万円、他分野のエンジニアより高め

編集部ピックアップ

ブロックチェーン技術者の年収2,000万円、他分野のエンジニアより高め

仮想通貨の市場の低迷が続く一方で、ブロックチェーンのエンジニアの需要がこれまでにないほど増加し、給料も高騰している。CNBCとアメリアのサンフランシスコに拠点を置くテック関連の人材会社であるハイヤード社(Hired)が発表した「2018 State of Salaries Report」で明らかになった。

ブロックチェーンのエンジニアの年収2,000万円

CNBCの報道によると、アメリカにおけるブロックチェーンのエンジニアの平均年収は150,000~175,000ドル(約1,700万~2,000万円)で、一般的なソフトウェアエンジニアの平均年収の135,000ドル(約1,500万円)を上回る結果となった。

またブロックチェーンのエンジニアの年収はAI(人工知能)の専門家と同等で、両者は他の分野のエンジニアと比較すると年収が高いという。

大企業がブロックチェーン技術を使用したプロジェクトを開始するようになり、エンジニアの求人も増加傾向にある。例えば、FacebookやAmazon、IBM、Microsoftなどがブロックチェーンのエンジニアを募集している。

またビジネスに特化したSNSのLinkedinで公開されているMicrosoftの求人ページでは、2030年にはブロックチェーンの市場規模が3.1兆ドル(約3,350兆円)にり、ブロックチェーン技術が世界中のビジネスや社会の構造に大きな変化をもたらすと予想している。

ブロックチェーンの需要増加でエンジニア不足

ハイヤード社では、ブロックチェーンのエンジニアに関する求人の掲載が2017年に比べ400%増加しているという。

ハイヤード社のCEO、メユール・パテル氏(Mehul Patel)は「ブロックチェーンへの需要は膨大で、エンジニアが不足していることから給料が上昇しています。」とコメントしている。

ブロックチェーンを専門にしたいエンジニアは、ネットワーキングとデータベースデザイン、暗号アルゴリズムなどの技術の他、JavaやJavaScript, C++, Go, Solidity、Pythonといったさまざまなプログラミング言語の習得も必要だという。

関連
マリファナ産業の急拡大を支える仮想通貨とブロックチェーン ~大麻と現代の魔術師が切り開く新世界とは?
Facebookがブロックチェーンに本腰?元アップルのエンジニアがブロックチェーン担当へ

参考
CNBC

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット