ブロックチェーン技術が拡大するメリット、世界を変える7つの理由とは?

7641

編集部ピックアップ

ブロックチェーンが世界を変える7つの理由とは!?

五月雨まくら(@samidare_makura)です。
ブロックチェーンは暗号技術です。ブロックチェーンはデータ(情報)、トランザクション(取引)、ストレージ(記録)を保護・処理するために利用されます。

私たちの日々の生活には上記3つの要素が当たり前のように存在しているので、ブロックチェーン技術のスコープ(対象範囲)はさまざまです。ブロックチェーンはあらゆる業界に影響を与え、大きな潮流となる可能性を秘めています。ブロックチェーンは私たちの物事の見方を大きく変えるかもしれません。

ブロックチェーンの基本的な仕組み

ブロックチェーンは、ネットワークに接続されたすべてのノード(端末)によって継続的に更新される膨大なレコードを持つデータベースのコピーであり、誰もがアクセスできる巨大な「公開元帳(Public Ledger)」です。

元帳には、通貨の価値、さまざまな形式のファイル、取引履歴の一覧などが記録されています。一つのノードで元帳が変更されると、それは複製され、共有され、同期され、変更内容はネットワークに接続された他のすべてのノードに保存されます。ブロックチェーンには、

  • P2Pネットワーク
  • 暗号アルゴリズム
  • 普遍性と匿名性

などの仕組みが備わっています。これらは、ビジネスプロセスや公的機関への信頼、政府の制度に、大きな影響を与える可能性があります。

ブロックチェーンが世界を変える7つの理由

ここでは、ブロックチェーンが世界を変える7つの理由について、順番に説明していきます。

理由①:第三者機関への信頼が不要

ブロックチェーンで行われるトランザクション(取引)は、政府や銀行などの第三者機関の仲介を必要とせず当事者間で直接的に行われる、トラストレスな取引です。そのため、それらの機関に集中していた権力が個人の手元に回帰して、個人は社会的に自立していきます。

理由②:情報の共有と業務の合理化

ブロックチェーンは情報を安全に共有することにより業務の合理化を促すことができます。例えば、病院同士で患者の医療記録を安全に共有することができれば、病院側はより合理的に患者の治療を行うことができます。

理由③:支払いの簡易化と手数料削減

例えば、海外にある子会社の従業員の給与を支払う時、現状の方法では複雑なプロセスと多額の手数料が必要でしたが、ブロックチェーンによる支払いのプロセスはシンプルかつ手数料を削減することができるため、もし企業が海外に展開したい時に財政面で障壁を下げ、世界各地の人々や団体と協力する可能性が高まります。

理由④:不正を許さない透明性

政府の活動は腐敗しやすく多くの国家で不正な投票等が行われ、民主主義に幻滅する市民も少なくありません。しかし、ブロックチェーンにより活動の透明性を担保すれば、市民による監査が入るため、政府は不正を働くことが難しくなり、それは中長期的に市民にとって利益をもたらすでしょう。

理由⑤:IOTのセキュリティ向上

IOT(Internet of Things)とはあらゆるモノをネットワークに接続することを指します。しかし、これにはハッカーが運転中の車や自宅の家具などにアクセスできる危険性が付きまといます。ブロックチェーンは、データを分散管理するため、これらの重大なセキュリティ不安に対処できる可能性があります。これはIOTの機能が向上するにつれ、ますます重要になります。

理由⑥:通信の安全性と信頼性の向上

ブロックチェーンは、安全性と信頼性を備えた自動通信を可能にします。すでに多くの通信は自動化されていますが、基本的にそれは非同期(⇆同期)で行われます。そのため電送効率が低くなる傾向がありましたが、ブロックチェーンは通信の不変の記録を生成する双方向通信(同期)の実現を可能にします。これにより通信の安全性と信頼性が向上します。

理由⑦:シェアリングエコノミーの推進

シェアリングエコノミーは、あらゆるモノを他人と共有・交換する社会的な仕組みです。例えば、カーシェアリングでは、自動車の所有者が自動車の利用者に車を提供することにより利用料を受け取ります。シェアリングエコノミーには、個人間でモノと金銭の共有・交換が正しく行われる保証がやや欠けていましたが、ブロックチェーンのスマートコントラクト を用いれば、それらを解決することができます。

あとがき

以上、ブロックチェーンが世界を変える7つの理由について解説しました。今後もブロックチェーンの動向から目を離せませんね。

関連:ブロックチェーン技術の普及を妨げている障害がある?5つの要因を整理

参考:coinnounce