ブロックチェーンにインターオペラビリティ実現近づく、IBCのデモが公開

編集部おすすめ

ブロックチェーンにインターオペラビリティ実現近づく、IBCのデモ公開

コスモス(COSMOS)のIBCのデモが公開

コスモス(COSMOS)は、開発者がCOSMOS SDKで独自ブロックチェーンを構築することを容易にして、その独自ブロックチェーンを接続するネットワークを構築する構想のプロジェクトです。ブロックチェーンのインターオペラビリティと呼ばれ期待されています。

関連:「ブロックチェーンのインターネット」を実現するコスモス(COSMOS)を簡単解説

実際に異なるブロックチェーンを接続する仕組みであるIBCと呼ばれる機能は未だ開発段階で実装はされていないものの、3月にデモが公開されました。COSMOSのIBCの進捗として、ブロックチェーンを仲介するリレイヤーが公開されています。(参照

今後リレイヤーがテストされ、COSMOS HUBやバイナンスチェーン(Binance Chain)、カバ(Kava)、アラゴン(Aragon)などのそれぞれのブロックチェーンがこのIBCに対応をする方針を示せば、独自ブロックチェーン同士の相互接続が徐々に実現することとなります。異なるブロックチェーン同士のアセットやデータの交換が可能になります。

インターオペラビリティによって期待される最初のユースケースはDeFi

IBCが進捗する中で期待されるプロジェクトの一つがKavaで、他ブロックチェーンの資産を担保にステーブルコインを発行するアプリケーションが開発されています。既にコードベースとUIができており、IBCの実装が待たれている状態です。デモではBNBを担保にUSDのステーブルコインを発行しています。

Kavaを一言で表現するならば、COSMOS SDKを用いてステーブルコインを発行できる、COSMOSエコシステム上のメイカーダオ(MakerDAO)のようなプロジェクトと表せます。担保にする資産は、ペグゾーン(PegZone)でペグをされたビットコイン (BTC)などの別ブロックチェーン資産であり、PegZoneをKavaチェーンにIBCプロトコルで接続して、Kavaの独自ブロックチェーン上に持ち込み裏付けします。

つまり、COSMOSで開発される予定であるCOSMOS SDKで作られたブロックチェーン同士をつなげるIBCプロトコルと、BTCやETHなど他ブロックチェーン資産を2way pegするPegZoneの仕組みが設計の前提にあります。

Kavaで発行されるのは「USDX」と呼ばれるステーブルコインです。MakerDAOがイーサリアム内の資産のみを担保資産にすることに対して、Kavaではローンチ時点から担保対象トークンは複数で、BTCやXRP、ATOMが想定されています。担保資産をコントラクトにデポジットしてUSDXを発行するユーザーは「Stability Fee」と呼ばれる借り入れ利息を支払う必要がある点もMakerDAOと同様です。

またMakerDAOのMKRと同様にKavaには独自トークンのKavaがあり、担保資産のマージンコールが行われるリスクパラメータを調整する投票権利などを持ち、またStability Feeの支払い時点で、Kavaはバーンをされます。MakerDAOと異なる点として、Kavaは独自のブロックチェーンなので、Kavaトークンをステーキングしてブロック生成に参加できる形式を採用しており、コンセンサスアルゴリズムはTendermint(DPoS)となっています。

他にもIBCのローンチに際して準備されているプロジェクトはあるはずですが、特に期待されるものはこのようなブロックチェーン間のDEX(分散型取引所))やDeFi(分散型金融)でしょう。ブロックチェーンのインターオペラビリティは長らく期待されているアイデアでローンチが待たれます。

【こんな記事も読まれています】
インターオペラビリティの実現はいつ頃?COSMOSのIBCの開発状況について
ブラウザへの導入でコスモス(COSMOS)の利便性を向上させるツールがリリース
COSMOS SDKで独自ブロックチェーンを作る代表的なプロジェクトとは?


d10n Labのリサーチコミュニティでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に20本以上の頻度で行なっています。コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com


前のニュース仮想通貨チリーズが新型コロナウイルスのデジタル免疫証明書の発行計画を発表
次のニュース仮想通貨ネム(NEM)、シンボル(SYMBOL)対応のウォレットやエクスプローラーがリリース
平野 淳也
大学在学中に起業した服飾事業を2016年に譲渡。現在は貿易業、ビットコインなど暗号通貨投資、ベンチャー投資などを行っている。ブログオンラインサロンでも情報を発信中。仮想通貨については投資、世界をどのように変えていくのか両面から考える。ツイッター@junbhiranoでも情報発信中。