BMWがマイレージ記録にブロックチェーンを利用、仮想通貨の報酬システム導入へ

2502

BMWがマイレージ記録にブロックチェーンを利用、仮想通貨の報酬システム導入へ

世界の大手自動車メーカーBMW社は、リース車両のマイレージ(走行距離)を追跡するために、新規事業として、ブロックチェーンプラットフォームへの参加に踏み出している。

BMWがブロックチェーンの新興企業DOVU社と提携

この取り組みはブロックチェーンのスタートアップ企業DOVU社との提携の下で行われている。DOVU社とは、今年の2月に発表した「BMW Group UK」の開発ラボとして数えられる5つのスタートアップ企業の1つである。 DOVU社が具体的に行っているのは、BMW車を管理するAlphabet社との共同システム開発であり、これはドライバーにリース車とレンタカーのマイレージ記録を推奨することを目的としている。

DOVUの製品責任者であるAlex Morris氏によると、このシステムによって、BMW車がどれくらい頻繁に利用され、その都度消耗していったのかを把握できるそうだ。

Morris氏は、仮想通貨情報サイトCoinDeskに対し、「この事業に参加した運転手はマイレージの情報と引き換えにトークンを受け取ることができる」と述べた。

そして、続けて「私たちが行っていることの本質は、DOVUプラットフォームでの循環経済の構築にあります。この事業に参加したドライバー達はトークンを得ることができますが、将来そのトークンで様々なサービスを受けることができるでしょう。」

「例えば、そのドライバー達はDOVU経済圏内でトークンを使って、スペアタイヤやその他の備品を購入することができます。この事業へ協力者は、この場合BMWになるのですが、ドライバーが受け取る報酬の基準を取り決め、契約として設定します。ドライバーは、その基準に従ってトークンを報酬として受け取ることができるのです。」とMorris氏は語る。

BMW社は、トークンの報酬を受け取る基準にマイレージを選択したが、現在の自動マイレージ記録機能は信頼できるものではなく、実際に利用できる情報としては不十分なのが現状だという。

この現状を受けて、今回の新規事業では、ドライバーにリース車やレンタカーで週ごとのマイレージを測ってもらい、その情報をDOVU社のブロックチェーンに記録させるという結論に至った。

DOVUのMorris氏は、「現在、マイレージ(走行距離)は中古車を販売する時の価格設定に最も重要な要素になります。マイレージ記録の信憑性の問題は喫緊に解決すべき問題となっており、そこで私たちはBMW社にトークンの報酬によるドライバーへのマイレージ記録の勧奨を提案しました。」とコメントした。

仮想通貨の利用拡大、ウォレットの普及

DOVU社のコミュニティマネージャーを務めるMax Lomuscio氏は、「パートナーシップの初期段階である『コンセプトのすり合わせ』は既に完了しています。これからは次の段階、つまり、ドライバーによる実際の試行に入っています。この段階を完了させるにはまだあと6~8週間はかかるでしょう。」と語った。

しかし、Morris氏は「最終的には、この事業の報酬システムは車両全体にまで行き届き、それによってBMW車へのサービスにトークンが広く扱われ、そのトークンを貯めておく統一ウォレット(財布)も普及するでしょう。そして、BMW車の利用者は、新しい車に次々に乗り換え、トークンを得ては消費するといった形で、DOVU経済圏をさらに活発に回していくことでしょう。」と述べた。

加えて、Morris氏は「私たちは都市環境開発にも関与したい」と述べている。既に彼はいくつかの都市と協議を開き、公共交通機関や首都圏の様々な要素に収入と支出をどのように組み込んでいくかについて話し合っている。

このプロジェクトは、(以前Jaguar社のベンチャー部門からの支援を受けていた)DOVU社が、600万ドルのICO(イニシャルコインオファリング)を行ってから数ヵ月後に開始されたものである。

参考:coindesk