ブロックチェーンのスタートアップが一般に受け入れられるまでの道のり

2791

編集部ピックアップ

ブロックチェーンのスタートアップが一般に受け入れられるまでの道のり

五月雨まくら(@samidare_makura)です。

新しく製品を生み出したり、サービスを開発したりする際には、ほとんどのスタートアップ企業が同じ目標を掲げています。それは、一般の人びとにその製品やサービスがマスアダプションされることです。しかしながらこれを実現することはとても難しく、多くのスタートアップはこの段階に近づくことさえできません。

仮想通貨プラットフォームが乗り越えるべき課題

仮想通貨コミュニティの人びとは、ビットコイン(BTC)が最終的には一般大衆に採用される、つまりマスアダプションされるということにおおむね合意しているでしょう。しかしこれは推測にすぎません。新しい仮想通貨プラットフォームがマスアダプションされるには乗り越えるべきいくつかの障害があります。

障害①:プラットフォームに関するユーザーの知識の不足

ユーザーが、プラットフォームが実際に何をしているかわからない場合、あるいは、プラットフォームが存在することを知りさえしない場合、プラットフォームから利益を得ることができません。つまりプラットフォームの認知・認識を高める何らかの手段が必要です。

障害②:スケーラビリティーの欠如

多くの仮想通貨プラットフォームは、少数のユーザーにはうまく対処できるように設計されています。つまり、最初のうちは上手くいきますが、ユーザーが拡大してくると需要の増加に対応することができません。例えば、昨年末のビットコインの取引量の増加にはネットワークが対応できず、取引速度の遅延と手数料の高騰が起きてしまいました。

障害③:開発資金と時間の欠乏

ブロックチェーン技術はまだまだ初期段階にいます。つまり、そのアプリケーションではまだまだマネタイズすることが難しく、損益分岐点を超えることが難しい状況にあります。また、多くのプレーヤーがクリプトスペースには存在してしのぎを削っているので、頭一つ飛び出るためには製品やサービスをいち早く開発して、実現することが求められます。

障害を乗り越えるためにどうすればいいか

仮想通貨プラットフォームが、乗り越えるべき課題について上述しました。それでは、プロジェクトはどのようにそれらの課題を解決すればいいのでしょうか?

解決策①:市場ニーズを捉えた製品やサービスを開発する

自分たちのプラットフォームをより認知・認識してもらうためには、マーケティングに力を入れることが一般的な解決策となりますが、そもそも自分たちの事業が市場ニーズに支えられていなければ、効果は薄いです。そのため、市場調査やプロトタイプの迅速な作成をすることで、市場ニーズを的確に把握して、開発をすることが必要です。

解決策②:オフチェーンスケーリングを考える

スケーラビリティを高めるためには、重要な手続きはオンチェーンで行い、それ以外の手続きはオフチェーンで行うなど、スケーラビリティを高める施策が必要です。現在ビットコインのライトニングネットワーク(Lightning Network)が非常に注目されていますが、他のプロジェクトもオフチェーンスケーリングの議論を活発に行うべきです。

解決策③:ICOを利用しつつ優秀なチームを招き入れる

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)はパブリックではなくプライベートで資金を調達するトレンドになっていますが、ブロックチェーンのスタートアップ企業がまとまったお金を手に入れるためには、まだまだ有力な選択肢です。

もっとも有名なDApps(分散型アプリケーション)のデイリーユーザーが1,000人ほどしか存在しないことからもわかるように、現在は製品やサービスでマネタイズすることは難しく、市場が出来上がるまでは、ICOの資金に頼ることが無難です。また、開発の速度はチームの能力に比例するので、結果的に人件費にお金をしっかりと投資した方が長期的に成功する確率は高いです。

五月雨(筆者)の結論と考察

ブロックチェーンのスタートアップ企業の製品やサービスがマスアダプションを目指す時にぶつかる課題とその解決策を示しました。今日、起業の世界でもブロックチェーンの領域は非常に注目されているので、事業を立ち上げるにはホットな世界だと思います。これからもさまざまなチャレンジに注目してお届けしていきたいと思います。

関連
米国への投資増目立つ、アジアに台頭するブロックチェーン・スタートアップ企業
ブロックチェーン・スタートアップ企業が2018年半期で新記録、18億ドルの資金調達

参考
BTCMANAGER

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット