【墨汁速報】ビットコインの高金利レンディング BlockFi 手数料無料のスワップを新たにローンチ

編集部おすすめ

【墨汁速報】ビットコインの高金利レンディング BlockFi 手数料無料のスワップを新たにローンチ

ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の高金利レンディングを提供するプラットフォームのブロックファイ(BlockFi)は、BTCとETH、GUSDのスワップが可能な「BlockFi Trading」を新たにローンチ。取引所へ出金することなく仮想通貨の売買が行うことができ、シームレスな取引ができるという。

関連記事:【墨汁速報】BlockFi ビットコインとイーサリアムの高金利をオファー 市場に追い風か

手数料無料の仮想通貨スワップBlockFi Trading

BlockFiは2019年3月にローンチした、分散型金融(DeFi)のコンパウンド(Compound)などとは異なるジェミニ(Gemini)カストディを利用したレンディングプラットフォームだ。ビットコインとイーサリアムユーザーはそれぞれ資産をBlockFiにデポジットすることで、BTC:6.2%、ETH:4.1%の年利を得ることができる。

同スタートアップはGeminiの運営者のウィンクルボス兄弟のウィンクルボスキャピタルやコンセンシスベンチャーズなどから資金を調達しており、ホワイトリストの導入やセキュリティの改善など大きな進歩が見受けられる。

今回新たにローンチしたBlockFi TradingがBTCやETH、イーサリアムのERC20ステーブルコインのGUSD同士で取引することができ、手数料は無料となっている。BlockFiのセキュリティはウィンクルボス兄弟のGeminiカストディを利用しており、デポジットされたユーザーの資産は即座にGeminiカストディへ送金されるため、出金には手続きから最低でも1日という長い時間を必要としていた。

だがBlockFi Tradingの実装により、ユーザーは取引所の出金手数料や長時間の引出し時間を待つことなく取引ができるようになるということだ。

投資家の新規参入となるか?

BlockFiの最高経営責任者(CEO)で創設者でもあるザック・プリンス(Zac Prince)氏は、「BlockFiは今まで仮想通貨投資家に、即座に利用可能な異なるアセットクラスの提供を重点に行ってきた。だが今回のBlockFi Tradingのローンチにより、仮想通貨エコシステムへさらなる新規投資家の参入となる大きな一歩となるだろう。」と述べている。

また仮想通貨市場の成長は、業界全体に大きな恩恵をもたらすとしており、BlockFiの新たな取り組みは大きな影響を与えると見られる。BlockFiだけで金利と取引ができるという大きな前進はより投資家が仮想通貨に興味を示し、その利便性から投機対象から投資対象へと変化していくのは時間の問題かもしれない。

参考:Introducing BlockFi Trading | Trade Your Crypto with BlockFi

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】ホワイトリスト導入!高金利BlockFi BTC&ETHレンディングローンチ後に大幅改善
レンディングサービスBlockFiのユーザー層や、サービスの強みとはなにか?
年間金利6.2%の仮想通貨預け入れサービス、BlockFiの利用方法とメリット

無断転載禁止 この速報記事は@bokujyuumai(https://twitter.com/bokujyuumai)によってCoinchoice.net(https://coinchoice.net/)に寄稿されたもので、コピーライトはCoinchoiceに帰属します。無断転載禁止


前のニュースXRP価格はゼロにも60ドルにもなる、著名アナリストが投資の心得説く
次のニュース低リスクでポジションを持つ取引方法は?:初心者のための仮想通貨トレード日記vol.2
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者