【墨汁速報】ゴールド(金)に金利が付く時代到来 BlockFiがPAX Goldの取扱開始

編集部おすすめ

【墨汁速報】ゴールド(金)に金利が付く時代到来 BlockFiがPAX Goldの取扱開始

レンディングプラットフォームのブロックファイ(BlockFi)は、イーサリアム上でトークナイズされたゴールド(金)であるPAXGとUSDTの取扱いを開始。USDTは最近のテザー社の裁判を考慮してか、米国在住者以外への提供となる。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム上でゴールド(金)に裏付けされたPax Gold(PAXG)が登場 ゴールドに金利?

ゴールドに金利が付く時代が到来

BlockFiはイーサリアムやビットコインに固定の高金利を付与する仮想通貨のレンディングプラットフォームだ。今年利100%を超えるイーサリアム上での分散型金融(DeFi)ではなく、米国の企業が提供するサービスだ。BlockFiはベンチャーキャピタルなどから多額の資金調達をしており、資産管理にはジェミニ(Gemini)カストディが行うなど信頼性が高いと言える。

PAX Goldとは400OZロンドングッドデリバリーゴールドバーの1ファイントロイオンスが裏付けとなったイーサリアム上のゴールドであり、ロンドンの金庫で現物が保管されている。

PAXGとはいわばトレードや送金が可能なゴールドの所有権を表すイーサリアム上の資産となる。BlockFiではこのPAXGoldを預け入れた顧客に年利4%の金利を付与する。またPAXGを担保にドルなどのローンを借入することも可能だ。

USDTの取扱い

USDTはテザー社が発行する自称ドルにペッグするステーブルコインであり、中国を中心にDeFiや仮想通貨取引所の需要が高い。対してテザー社は顧客資産を8億ドル損失するなどしており、ニューヨーク州控訴裁判所により詳しい書類などの提出を求められている。

1USDTが74%のペッグしか持たないなど、多くのトラブルや疑惑の絶えないUSDTだが、BlockFiは米国居住者以外にサービスを提供することで、当局ともトラブルを避ける狙いのようだ。

他にも同様のイーサリアム上のドルである、USDCやGUSD、PAXは年利8.6%となっているものの、USDTは7%の年利を提供するとしている。

【こんな記事も読まれています】
年利100%超えは詐欺?今イーサリアム上のDeFiで何が起こっているのか
仮想通貨レンディングサービスのBlockFiが約55億円の資金調達を発表
レンディングサービスBlockFiのユーザー層や、サービスの強みとはなにか?

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向やステーキング検証、テクニカル分析理論、最新ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界


前のニュースバイナンススマートチェーンのメインネットが稼働
次のニュースソラナ(Solana)dApps、Magic統合によりパスワードレス認証可能に
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者