【墨汁速報】ビットコイン高金利レンディングBlockFi ライトコインとUSDCを対応とサービス拡大を発表

編集部おすすめ

【墨汁速報】ビットコイン高金利レンディングBlockFi ライトコインとUSDCを対応とサービス拡大を発表

ビットコインやイーサリアムの高金利レンディングサービスのBlockFiは、日本時間1月2日に新たな仮想通貨レンディング対応通貨を発表。2019年以上にサービスを拡大していくとしている。

BlockFiの2020年サービス拡大

BlockFiは2019年、レンディングをしたままBTCやETH、GUSD間で取引ができるBlockFi Tradeのローンチした。新規サービスに目が行きがちだが、2019年のBlockFiのイニシャルローンチからセキュリティ面での大きな改善が複数回に渡って行われており、コンパウンド(Compound)などのイーサリアム上のコントラクトではないものの、レンディングプラットフォームとしての成熟が伺える。

BlockFiは、「2020年を迎えるにあたって、BlockFiのビジョンとしては資産管理とアクセスを容易にする一連の金融プロダクトを構築することだ」としている。

関連記事:【墨汁速報】ビットコインの高金利レンディング BlockFi 手数料無料のスワップを新たにローンチ

ライトコインとUSDCのレンディング対応

またBlockFiは、現在のBTC、ETH、GUSDという3種類の仮想通貨レンディングサービスに対し、新たに2通貨を対応すると発表。ライトコイン(LTC)とサークルが発行するステーブルコインのUSDCに対応するとしている。

ライトコインとUSDCのレンディング対応は、2020年1月初旬に対応するとしている。また2020年にはBlockFiのスマートフォンアプリのローンチを行うとしており、フィアットの入出金も対応するという。

*仮想通貨スマホアプリには資産盗難を狙ったフィッシングアプリが多く存在するため、使用する際には最新の注意が必要。

新規サービス「ビットコインクレジットカード」

またBlockFiはレンディング、トレード以外の、ビットコインクレジットカードという新たなプロダクトを開発している。このカードは「BTCリワードクレジットカード(BTC rewards credit card)」とBlockFiは呼んでおり、このクレジットカードではマイルやポイント還元の代わりに、BTCでキャッシュバックが行われるという。

LTCとUSDCが同様にBlockFi Tradeに対応するかは現時点では不明だが、BlockFiは今後より多彩なユースケースとなるだろう。

参考
A Letter from Our Founders: Reflecting on 2019 and what to expect in 2020

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】ホワイトリスト導入!高金利BlockFi BTC&ETHレンディングローンチ後に大幅改善
ビットコインの高金利レンディング BlockFi 手数料無料のスワップを新たにローンチ
レンディングサービスBlockFiのユーザー層や、サービスの強みとはなにか?

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら