3ページ目 | バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート

平均購入額
平均売却額
取引所 バイナンスコイン購入 バイナンスコイン売却 スプレッド
24時間の取引高
BINANCE
BNB
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

バイナンスコイン(BNB) 相場チャート

価格変動率とテクニカル分析

1時間
24時間
7日
14日
30日
1年
価格変動率(%)

バイナンスコイン(BNB)の概要

特徴 Binance Coin(BNB)は、海外取引所の中でも有名なバイナンスが発行しているトークンとなります。BNBを利用すると、バイナンス登録1年目は取引手数料を半額になるなど、BNBを保有することでバイナンス内での取引が優位になります。500BNBを保持しているとアフィリエイト報酬が通常20%から40%になるなどの特典もあります。
通貨名 Binance Coin 日本語通貨名 バイナンスコイン
シンボル BNB 時価総額 約2,363億円
公開日時 2017/06/27 アルゴリズム ETH Token
発行上限 2,000,000,000 マイニング方式 (ERC-20)
中央管理者 Binance 創設者
Web https://www.binance.com/
Twitter https://twitter.com/binance
ホワイトペーパー https://www.binance.com/resources/ico/Binance_WhitePaper_en.pdf

仮想通貨取引所の記事一覧
仮想通貨取引所に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

【墨汁速報】米CME ビットコイン先物オプションのローンチを1月13日に予定

差金決済のビットコイン先物を提供する米CMEは2020年第1四半期にローンチするとしていたビットコイン先物のオプションを1月13日にローンチすると発表。現在規制当局によるビットコイン先物オプションの審査待ちの状態となっている。

【墨汁速報】銀行レベルの厳重なセキュリティ BakktのカストディサービスをNY...

現物決済されるビットコイン先物を提供するBakkt(バックト)は、11日NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)によりカストディサービスを提供する認可を受けたと発表。9月より先物は提供していたが、カストディサービスは提供していなかった。

【墨汁速報】Nasdaqシステム採用の仮想通貨取引所 DX.exchage閉鎖へ...

ナスダック証券取引所のシステムを採用している仮想通貨取引所のDX.Exchangeは、取引所の売却または合併を押しすすめるために一時的に取引所を閉鎖することを取締役が決定したと11月3日に発表。ローンチからわずか10ヶ月となり、1年経たずに閉鎖という結果

【墨汁速報】フィッシングメールに気をつけて!BitMEXがメアド流出の経緯とその...

仮想通貨デリバティブ取引所のBitMEXは、11月1日に発表した新たなインデックス計算方と取引所追加告知でユーザーのメールアドレスが大量に流出した問題を謝罪。BitMEXのサポートなどを語るフィッシングメールの注意喚起を行った。

【墨汁速報】11月22日より開始!BitMEX インデックス価格に3つの取引所を...

ビットコインデリバティブで最も流動性が高いBitMEXは、基準となるインデックスの計算に新しい取引所を追加すると発表。新たに取引所を追加することでよりビットコインやイーサリアムなどの市場価格を反映できるとしている。

コインチェック(Coincheck)の手数料は高い?あらゆる手数料を検証!

仮想通貨取引をする中で、意外と注意しなければいけないのが手数料の存在。人気の仮想通貨取引所「CoinCheck(コインチェック)」はどうなのでしょうか?発生する手数料をまとめましたので、取引前にチェックしてみましょう!

【墨汁速報】ビットコインへ追い風?中国習近平主席 ブロックチェーンについて初めて...

中国の習近平主席がビットコインを中国で規制開始をして初めてブロックチェーンについて言及。ブロックチェーン技術で世界のリードになるべきだとしている。この報道後81万円を推移していたビットコインは約2.5万円の高騰となる83.5万円を記録した。
日本の仮想通貨取引所は安全?主なセキュリティ対策を初心者向けに解説

日本の仮想通貨取引所は安全?主なセキュリティ対策を初心者向けに解説

2017年のブームから、仮想通貨取引所のセキュリティについては未だ議論が続いています。ユーザーや自社の資産保護のためにさまざまな対策を練っていますが、取引所が主にどのようなセキュリティを取っているのかを、その対策内容を解説していきます。

【墨汁速報】ビットコインの中国リスク?AlipayとWechatPay バイナン...

バイナンス(Binance)が10月9日、個人間の仮想通貨取引のローンチ。このP2P取引では中国の中央銀行により禁止されている人民元と仮想通貨の取引が含まれていた。これに対してAlipayとWeChatPayは公式にサポートを否定した。
バイナンス(Binance)の情報セキュリティ国際規格取得が示唆すること

バイナンス(Binance)の情報セキュリティ国際規格取得が示唆すること

バイナンス(Binance)がこのほど情報セキュリティに関する国際規格を取得したことを発表しました。バイナンスは取得に際して114の規準について検査を受けたとされており、今後もセキュリティに投資していくとしています。