先日は移動平均線について学びました。今回もプロアマ問わず多くのトレーダーが愛用する人気の高いテクニカルの一つ、ボリンジャーバンドについてお話します。

ボリンジャーバンドは移動平均線に直近のボラティリティを組み合わせたテクニカル指標で、数学的観点から現在の値動きや群集心理を客観的に把握する目的で使うものです。

バンドの幅や形状から売買のポイントが直感的に読みやすいため、多くの投資家が常に意識しています。このことがボリンジャーバンドの信頼性を裏付けています。

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドとは「相場が同じ傾向を再現する限り、価格がこの範囲の中に収まる」という統計学の発想から生まれたテクニカル分析です。

現在の価格が確率分布の中でどの位置にあるのかが可視化でき、相場の偏りや勢いが分かります。

計算式は、移動平均線に標準偏差「σ(シグマ)」を加えるだけです。

移動平均線をバンドの中心線に、この中心線から上下に1σと2σの距離を乖離させた地点にラインを描き、合計で5本のバンドになるのが基本の形です。(標準偏差とは統計で使用される用語で、平均を基準としたときそのデータがどれくらいばらついているのかを表します)

なお、分かりやすくするために図では±2σのみで表記しています。

ボラティリティを視覚的に捉えよう

ボリンジャーバンドの利点の一つは、ボラティリティ(値動きの荒さ)を視覚的に判断できる点です。

直近の価格変動が小さい場合はバンドの幅が縮小(スクイーズ)し、逆に価格変動が大きい場合はバンドが拡大(エクスパンション)するため、バンドの幅によって価格の到達確率を予想する事ができます。±1σのバンド内で推移する確率が68.3%、±2σのバンド内で推移する確率が95.5%という意味を示しています。

例えば時間足のボリンジャーバンドの±2σが460,000円と500,000円を示している場合、現在の相場が1時間以内に460,000-500,000円内で推移する確率が95.5%という意味になります。

またボリンジャーバンドが上向きならば現在は上昇トレンドの最中にあり、横向きならばトレンドがありません。

ボリンジャーバンドが拡大していればじわりじわりと価格変動の幅が拡大している事を示し、縮小していれば価格幅が縮小していると見る事ができます。

ボリンジャーバンドを使ってみよう

ボリンジャーバンドには相反する二つの手法があります。

一つは、ボリンジャーバンドを、レンジ相場を抜けてトレンドが発生する局面で利用します。

売買が拮抗した状況からボリンジャーバンドが縮小した後にバンド幅が拡大する瞬間(上図)は、溜まっていたトレード意欲も作用し一気にトレンドが発生する局面です。こういった局面では順張りでついていくことが有効です。

具体的な方法としては、価格が±2σバンドを超えた地点で終値を記録したのを見てから(つまり4.5%しか発生しないほどの強いシグナルが発生してから)、順張りでマーケットについていきます。その後、バンドが縮小を始めるまでポジションを保ちます。

逆張りには注意が必要

もう一つは、価格は95.5%の確率でバンドの±2σ内に収まるため、価格が2σバンドに到達したら反発・反落すると見て逆張りする手法です。そして価格が移動平均線にタッチしたら決済します

ただしこれには注意が必要です。そもそもボリンジャーバンドは過去の短期的な経験則に従って価格推移を予想しているため、統計的とはいえものすごく簡便化された手法になります。つまり過去の経験則があまり意識されないイベント主導の相場や、他のテクニカルが効いている相場などでは、必然的に注目度が低くなります。

実際このテクニカルの開発者であるボリンジャー自身も、前者の順張りに使うべきだと主張しています。

「スクイーズ」に注目しよう

それでは、逆張りを行うか順張りを行うかをどのように判断すればいいのでしょうか。

前々回のおさらいもかねてですが、相場は決してランダムに動くのではなく、人間の心理の傾きから動く事を思い出してください。

いくら統計学を駆使しようと市場はそもそも数学で動いているわけではありません。

心理で動く相場を数学的に検証し、その非合理性を是正する狙いがあるからこそ、このボリンジャーバンドが市場で意識されるのです。それがそもそもの背景です。

とすると、ボリンジャーバンドから読み取れる事実をどう解釈するかは、結局市場の期待と併せて判断すべきでしょう。

多くの参加者がそろそろ上抜けしそうと思えば上抜けするでしょうし、まだ早いと思えば逆張りに使われます。

その分水嶺となるシグナルの一つがスクイーズになります。スクイーズが長ければ長くなるほど「そろそろ反対方向に賭けている奴等をいじめてやるか」という心理状態が市場に浸透します。

スポーツの試合で「そろそろ点が入りそうだな」と思った時に一点入ると、緊張の糸がほつれ試合の流れが大きく傾くのと一緒です。

もちろんこれら相場の恣意性はニュースやイベントとの兼ね合いで成立するためスクイーズだけでは判断できないのですが、ビットコインの場合はそれらの影響が限定的なため、比較的ボリンジャーバンドに忠実な相場環境と考えられます。

短期的な値動きとの相性が良い

ボリンジャーバンドは短期的な値動きほど意識されますが、上述の背景が理解できれば納得できるのではないでしょうか。

より短期的な値動きの方が、人間も市場も感情をコントロールできません。

群集心理が過熱したり、少数の買い過ぎ・売り過ぎによりミスプライスが是正されないまま放置されたりしていると考えられるのも短期的な値動きの方が多いでしょう。