仮想通貨事業者登録開始

2017年4月に改正資金決済法(仮想通貨法)が施行され、日本では仮想通貨交換事業を行う際には事業者登録が必要となりました。


出所:金融庁➡仮想通貨交換業者登録一覧(PDF)

9月29日に登録事業者が金融庁のHPに公開されました。
登録されたのは11社。改正資金決済法施行以前に業を行っていた、いわゆる「既存業者」が対象と思われていましたが新規事業者が2社も入っていたのは驚きです。

同時に各社が取り扱う銘柄(ホワイトリスト)も掲載。(あくまでも自己責任ではありますが。)とりあえずここに載っている仮想通貨は、取引対象にしていいと解釈しています。

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)による合同記者会見

金融庁の事業者登録を受けて、JCBAが合同記者会見を行いました。JCBAに所属している事業者は10社が登録完了。(bitFlyerは別の事業団体(JBA)のため、別の日に単独会見)


出所:BitTrade

今回の登録について、3月時点の既存業者で登録を受けていないのが、coincheckKraken、Lemuria、みんなのビットコインなど。

金融庁によると、現在のこり19社(2社増えた)が継続審査中です。その間は「仮想通貨交換業のみなし業者」として営業は認められています。

廃業した事業者もある

今回の事業者登録で審査が通らなかった、または自主廃業した企業も数社あるようです。個人的に気になっていたのが、リップルを扱う東京JPY発行所です。(社団法人)


東京JPY発行所

私は東京jPY発行所で円をJPYに替え、GateHubでXRPにしていたのでこれは不便になります。(円に戻せない)

今後東京JPY発行所は廃業し、「東京ゲートウェイ」という会社に移行するようです。

リップルは10月のSWELLで何らかの発表があることから(新ゲートウェイの構想などがあるかも)それに連動した施策であれば期待が持てます。しかしここでも金融庁の登録まで、みなし業者扱いなので様子を見たいと思います。

それまではGateHubにリップルを預けっぱなしにするか、他の取引所にリップルを送金するしかないです。
(ちなみにMr.リップルは組織変更してMr.エクスチェンジとして登録申請中、こちらでもリップル保有中)

<まとめ>
・既存業者のうち、まだ登録済でない事業者は廃業リスクがある。
・次回の登録事業者公表は11月か。