「ビットコイン(BTC)は合法的な決済手段へ」ブラジル大統領候補が展望を語る

10512

編集部ピックアップ

「ビットコイン(BTC)は合法的な支払い手段となるだろう」とブラジル大統領候補が展望を語る

ブラジル新党の大統領候補であるJoão Amoêdo氏(以下、アモエド氏)は、ブロックチェーン技術の開発とビットコインの合法的な取引の実現に関して、独自の前向きな見解を示した。

ブロックチェーン事業に力を注ぐブラジル大統領候補

2018年の10月、ブラジルでは次期大統領及び副大統領、議会、知事、その他の国家当局を決める総選挙が行われ、有権者は投票を行うことになっている。

ブラジル新党(Partido NOVO)の候補者アモエド氏は、新規金融革新事業のプラットフォームで活動しており、電子投票プラットフォームの稼働や、公的管理に関するアカウンタビリティ(説明責任)の実践、そしてオンライン上で利用するデジタルIDの作成など、これらの事業のブロックチェーン化にも手を付けている。

仮想通貨メディアPortal do Bitcoinとの先日行われたインタビューでは、アモエド氏はブロックチェーンシステムの実装による国家と政府の刷新に関する独自の展望を語った。

ビットコイン(BTC)決済を顧客へ提供することはデメリットではない

アモエド氏によると、ブロックチェーンの実装によって、ブラジル国内の政府と公的機関は、様々な分野でその恩恵を享受できるとのことだ。

現在、数多くのブロックチェーン事業の中で特に注目が集めているのが、サプライチェーンマネジメント(供給連鎖管理:複数の企業による物流の共同管理)である。アモエド氏は、ブラジル国内の食品及び飲料の汚染問題、さらに全国衛生監視機関(ANVISA:Agência Nacional de Vigilância Sanitária)での問題を引き合いに出し、流通の課程で食品がどのように汚染されていくのかを詳らかに指摘した。そして、ブロックチェーン技術がこれらの問題を低コストで早急に解決でき、さらに人命救助にも繋がると説明した。

関連:ブロックチェーンで食品の無駄遣いを無くせる!?企業活用事例を紹介

さらにアモエド氏は、政府機関がブロックチェーン技術を利用することによって、より透明性の高い文書認証、不動産登記、署名認識を可能にすると確信している。多くの政府機関がデジタル通貨と国家の法定通貨による取引に不安を寄せている中、アモエド氏は次のように語った。

「仮想通貨とブロックチェーンが従来の銀行システムにとって脅威になるとは到底思えない。顧客に新たな支払い手段を与えることがデメリットになるはずがない。」

仮想通貨取引には「規制が必要」とブラジル大統領候補は語る

さらに彼は、ブラジルで行われている仮想通貨取引の将来に関して、「規則が不可欠だ」と考えており、それによって取引の安全性と信頼性を確保でき、大規模な投資が実現するとのこと。彼は次のようにも語る。

「投資家、企業、さらには政治家に対して、仮想通貨の取引をより信頼性の高いものにするには、制度的枠組みを保証することが最も重要である。」

「まだ形成段階にある市場に、厳格な規制を与えて事業に制限をかけるのは、まだ時期尚早である。」

そして最後にPortal do Bitcoinは、「ブラジルではビットコインによる取引も『合法』だとここに宣言できますか?」という、今回のインタビュー最大の質問をアモエド氏に投げかけた。すると彼は次のように答えたのだ。

「ビットコインが支払いの手段として法的に認められることを私は確信しています。例えばある2者の間でビットコインによる製品の取引がなされたとき、そのことに関して私は一切規制をかけることはないでしょう。」

関連
BitpayのCOO「ビットコイン(BTC)は決済手段として有益」と語ったその理由とは?
ビットコイン・仮想通貨相場動向の振り返り、店舗決済キャッシュレス化に関して:DMM Bitcoin代表(田口 仁)

参考:Bitcoinist

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット