ビットコイン(BTC)価値の上昇を信じるなら、ホールドは非論理的なのか…!?

7308

ビットコイン(BTC)価値の上昇を信じるなら、ホールドは非論理的なのか…!?

五月雨まくら(@samidare_makura)です。
きっと多くのビットコインホルダーは、将来的にビットコインはもっと価値が出ると考え、ビットコインを使うことに抵抗を感じます。ただ、それは短期的な思考であり、非論理的であるとこの記事を通じて解説します。実は、ビットコインを日常的に使用することで、さらに価値を手に入れることができるのです。

ビットコイン(BTC)価値が上昇するなら全体の出費を抑えることが可能

ここからは、具体例を交えながらビットコイン価値について論理的に解説します。
まず、ビットコイン価値が将来的に増加すると考えているアリスとボブがいます。この2人はどちらもコールドウォレットに1BTC(ビットコイン)を所有中、そして、それぞれ毎月1,000ユーロ(約13万円)の出費があります。ちなみに彼らが住んでいるところは、100人以上の商人がビットコインを受け入れるArnhemシティ(オランダの都市)です。

アリスは毎月、ビットコインを受け入れる店で出費の半分をビットコインで支払っています。毎月、月給を受け取った後に500ユーロ分のビットコインを購入して、モバイルウォレットに保管し、それを商人に支払っているのです。(残りの500ユーロは現金とする)

一方、ボブは出費に対して法定通貨であるユーロを使うだけです。

アリスとボブの出費内訳※毎月の出費:アリス/1000ユーロ、ボブ/1000ユーロ

ビットコインのボラティリティ(価格変動性)は高いので、アリスはビットコイン価格が下がると、より頻繁に、モバイルウォレットにビットコインを補充しなくてはいけませんが、ビットコイン価格が上がれば、頻繁にモバイルウォレットにビットコインを補充する必要がありません。

つまり、彼女が信じているように、ビットコインの価値が長期的に上がっていくのであれば、アリスはボブよりも全体の出費を抑えることができます。ボブは、毎月1,000ユーロの支払いを繰り返すだけです。そして、コールドウォレットに保管されていた1BTC(ビットコイン)は、アリスとボブはそのまま保管しています。(価値を信じ、貯蓄としてそのままホールド)

ビットコイン(BTC)を使用することは理にかなっている

前章の具体例を引き合いに出すと、ビットコインを使うことでトータルの出費を抑えることができます。勿論、ビットコインの価値が上昇すればですが。。極端にいえば、法定通貨を売り払って、財産を全てビットコインに変えて、それを出費に利用すれば、ビットコイン価値の上昇の恩恵を最も受け取ることが可能です。

この例はリスクが高すぎるので、あまり参考にはなりませんが、ビットコインの価値が将来的に上がると信じているから、ビットコインを使用したくないという考えは、非論理的であると考えることができます。同時に、ビットコイン支払いを公の場で行うことは、人々に対する良いデモンストレーションになるでしょう。彼らのビットコインに対する興味は、こちらが想定しているよりも高いのです。

ビットコイン(BTC)支払いの今後

2017年12月にビットコインを取り巻く環境は一変しました。ビットコイン市場(仮想通貨市場全体)がバブルと呼べるような急激な価格の暴騰を見せたのです。それに伴い、取引速度は遅延して、手数料は高騰しました。一杯のコーヒーに数千円の手数料を支払いたい人はどこにもいないですよね?

ただし、その状況は2018年2月頃には平静を取り戻しました。そして、市場はやや閑散としてしまったようです。しかしながら、ビットコイン支払いが法定通貨の役割を代替する可能性が高いことは強調しておきます。現状、ビットコインの利便性は法定通貨にかないませんが、その状況は少しずつ変化していくでしょう。皆さんも、ビットコインの価値が上昇すると考えているのであれば、日常的に使用することも良いかもしれませんね。

参考:Btcmanager