ビットコイン(BTC)が下落するとマウント・ゴックスからの売り圧力は緩和されるのか?

7258

センタリング

今週もマウント・ゴックス(Mt.Gox)関連のウォレットから資金移動の話が話題になりました。それに呼応するように、ウォレットからビットコイン(BTC)が移動すると数時間後から下落トレンドが再開される繰り返しでした。

先週の週末戦略:イーサリアム(ETH)の下落は限定的、実需(ICO)の買いがサポートか?

現在は売り物も少なくなってきており再び落ち着きを取り戻しておりますが、100万円に近づくとまた意識されたように売りが出てきます。緩やかな右肩下がりの相場が続くのかもしれません。

想定では、マウント・ゴックス管財人の残りのビットコイン(BTC)は13万枚となっているようですが、1BTC=80万円で計算しますと、約1,040億円です。この程度の時価総額にまで下落してきますと、実需の買いと拮抗しやすくなってくるようで、少しずつ底堅くなってきます。

もうあと2ヶ月もすればさらに3万BTC程は消化されているでしょうから、徐々に下落圧力が減ってくるでしょう。ビットコイン(BTC)の時価総額から考えても日に日に軽微になってきますから、もうしばらくの辛抱ではないでしょうか。

ビットコイン(BTC)円日足チャート分析

ビットコイン(BTC)円日足チャート分析
出典:DMM Bitcoin BTC/円 FX 日足チャート

サポートラインであった90万円を割り込みました。
今度はここのラインがレジスタンスラインに変わります。ここまで上昇しますと売り圧力にさらされるのではないでしょうか。短期ポジションを一旦手仕舞いをし、下で買い指値をすると良さそうです。

MACDはすでに陰転をしてしまいまして、日足ベースでは下落トレンドが確定してしまいました。高値と安値も切り下げておりますので、次の戻り局面では一度売りに押されるでしょう。

大きなポジティブサプライズがないかぎり、90万円を超えていくのは難しいように感じております。

直近安値付近である70万円はサポートラインとしてワークするでしょうから、今月~6月初旬にかけては70万~90万円のレンジ相場を想定しております。グッドファンダ次第では、70万〜100万円でしょうか?

ボリンジャーバンドの±2σのバンド内でおおよそ推移をすると考えております。

イーサリアム(ETH)円日足チャート分析

イーサリアム(ETH)円日足チャート分析
出典:DMM Bitcoin ETH/円 FX 日足チャート

続いて、イーサリアム(ETH)分析です。

アルトコインの中でも最も堅調に推移をしていたイーサリアムですが、サポートラインであった68000円近辺を割り込んで大きく下落しました。短期ポジションの損切りが発生し、急落となったのでしょう。

現在、フィボナッチリトレースメントの61.8%押しで止まっております。
目先、ここがサポートラインとして機能しそうです。

MACDは0付近まで下落してきており、ここらで下げ止まると次のトレンドにむけたレンジ相場が始まりやすいです。

イーサリアムもしばらくここからレンジ相場が続きそうです。
大きな上昇と下落が終えた典型的なエリオット波動の形状になっております。

イーサリアムのコアレンジは6万円~7万円で当面推移をしそうです。7万円台に乗せる局面があれば、一部ポジションを手仕舞いして、6万円台で買い指値を並べておこうと考えております。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート
イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート