ビットコイン(BTC)価格500万円も間近?強気市場にトレーダーも楽観視

編集部おすすめ

ビットコイン(BTC)価格500万円も間近?強気市場にトレーダーも楽観視

年初のビットコイン市場動向は?

2021年の年明け早々、暗号資産(仮想通貨)市場は完全に強気傾向で安定し、1月8日朝にはビットコイン(BTC:Bitcoin)価格が4万ドル(約415万5,600円)を突破しました。この日最高値をつけた後、一時的に36,000ドル(約374万円)まで下がりましたが、すぐに買いが入り39,000ドルにまで値を戻しています。

このボラティリティは今の市場においては許容範囲であり、この値動きはさらなる上昇に向けての準備とも考えられ、今後強気相場は数週間から数ヶ月の中期間続くと予測されています。

大きな価格調整が起こるかどうかによって、次の価格ターゲットは決まりますが、トレーダーの中にも、ビットコインがすぐに5万ドル(約519万4,500円)に達する可能性に言及する意見もあります。それを越えれば10万ドル(約1,038万9,000円)も見えてくるとのことでした。

現在はビットコインに限らず、仮想通貨市場全体で数週間にわたる価格上昇が続いたことで、安定的な強気市場となりました。この傾向が今後どれだけ継続するかは、価格が上昇段階のどこに位置しているかによって考察できるでしょう。

10万ドル突破の可能性

トレーダーのギャラクシー(Galaxy)氏は自身のツイートで、「2万ドル(約207万7,800円)を超えた時点で、私はチャートを見る必要がないと判断した。投資家には5万ドルに心理的な抵抗感があるが、それを超えるとわずか数週間の内に10万ドルを突破するだろう」と述べました。

5万ドルという価格帯には心理的なバリアがあるかもしれないものの、突破できれば値上がり傾向が加速し、6ケタ台となる10万ドルも見えてくるということです。

現在のビットコインのボラティリティが中期的なトレンドの構築に関わることもあり、この先数日間で市場における次の流れが明確になるでしょう。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考
ANALYST: BITCOIN COULD CROSS $100,000 IN A “MATTER OF WEEKS” AS BULLS TAKE CONTROL

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨市場2021年も強気相場が予想される要因を探る
2021年の暗号資産相場はどうなる?2020年より難しい相場になる可能性について論考
2020年を振り返る10の暗号資産のチャート


前のニュースソラナ(Solana)が進めるインターオペラビリティ戦略とは?
次のニュース2021年はレイヤー2が普及フェーズに、Rollupとは?
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。