韓国銀行総裁、ビットコインは通貨として認めるのは難しい

4365

韓国の中央銀行である韓国銀行で総裁を務めるイ・ジュヨル(李柱烈)氏は、23日に行われた国政監査で「仮想通貨を通貨としてみることができるか」という質問を受けたようだ。

韓国メディアによると、これに対してイ・ジュヨル総裁は「国際決済銀行の例を見ても貨幣として見るのは難しい」と述べている。

イ・ジュヨル総裁は、韓国の中央銀行は仮想通貨・ブロックチェーン技術についてさらに研究を行う余地があるとして、スウェーデンなどの国で行われている仮想通貨の研究を参考にしながら韓国銀行も仮想通貨の研究により力を入れる、と述べている。

韓国国内ではBithumb、Coinoine、Korbitなどが大手ビットコイン取引所となっており、韓国ウォンでのビットコイン取引量はグローバルで見ても日本円、米ドルに次いで第3位となっている。

仮想通貨の盛り上がりが高まる中で、韓国の各機関が仮想通貨に対してどのような姿勢を示すのかには注目が集まる。

また韓国は(イニシャル・コイン・オファリング)形式での資金調達については禁止している。

関連リンク:Yonhap