24日午前中ビットコインの価格は下落。背景にはビットコインゴールドのブロックチェーン分岐がある。

ビットコインの台帳機能を果たすブロックチェーンが491,407番目のブロックに到達した時点で分岐するとビットコインゴールドの運営側が発表しており、取引所は「ビットコイン・ゴールド」を付与することになった場合、その一つ前のブロックが生成された時点のビットコイン保有状況を元にすると告知していた。

当初10月25日になると予想されていたが、ブロックの生成スピードが予定よりも少し早かったため、分岐が少し早まった。

ビットコインゴールドを付与してもらうためにビットコインを持っておかなければいけないタイミングが過ぎてからビットコインの価格が大幅に下落し、10:25の時点で600,000の安値を付けた。本稿作成時点では63万円台後半を推移している。

BTC/JPY 1時間足チャート

(出所:コインチェック)

ビットコインゴールドが実際にユーザーに付与されるかはまだ不明である。

ビットコインゴールドの安全性や開発の状況には不安が残っており、取引所側も安全性に問題がある場合、マイナーが十分集まらない場合、また取引所での取り扱いが不適切だと判断した場合には付与を行わない可能性があることを明記している。

併せて読みたい:ビットコインゴールドは哲学のないハードフォークであり、貨幣鋳造である