11ページ目 | ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所 ビットコイン購入 ビットコイン売却 スプレッド
24時間の取引高
BINANCE
BTC
ビットバンク
BTC
CoinCheck
BTC
Liquid by Quoine
BTC
BitMEX
BTC
BITPoint
BTC
Zaif
BTC
フィスコ
BTC
BTCBOX
BTC
bitFlyer
BTC
優位なアービトラージ
購入 :
売却 :
差額
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

ビットコイン(BTC) 相場チャート

ビットコイン(BTC)の概要

特徴 ビットコインは「サトシ・ナカモト」という人が考えた仮想通貨です。最初のブロックはジェネシスブロックと言われており、今現在も約10分おきにブロックが生成され、連鎖しているプロトコル(仕組み)です。また、特定の管理者がおらず、ビットコインネットワークに参加している人同士が、相互に信用することなく、自律的に信用に足る取引が出来るという特徴があります。
通貨名 Bitcoin 日本語通貨名 ビットコイン
シンボル BTC 時価総額 約76,667億円
公開日時 2009/01/03 アルゴリズム SHA256
発行上限 2100万 マイニング方式 PoW
中央管理者 なし 創設者 Satoshi Nakamoto
Web https://bitcoin.org/
Twitter https://twitter.com/bitcoin
ホワイトペーパー https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

ビットコイン(BTC)の記事一覧
ビットコイン(BTC)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ゴールドマン・サックス「2018年展望レポート」公表、ビットコイン価格について下落をなお予想

ゴールドマン・サックス「2018年展望レポート」公表、ビットコイン価格下落をなお...

ゴールドマン・サックスが2018年半ばの展望レポートを公表、ビットコインについての考えを明かした。また仮想通貨の価格は今後も下落すると見ており理由も述べられている。どのような理由があるのか?レポート詳細を紹介
ビットコインを暴落させたETF審議「9/30に最終決断」は間違い?正しい知識を解説

ビットコインを暴落させたETF審議「9/30に最終決断」は間違い?正しい知識を解...

ビットコインETFの承認or否決の判断について多くの投資家が注目している。様々な情報が出回っており最終判断が2018年9月30日という報道もあるが、正確にはこの日までに承認or否決or審議延期が決まるとのこと。正しい知識を墨汁うまい氏が解説。
マネタリーコイン(ビットコイン)の矛盾ービットコイン(BTC)は値下がりすると非難され、日銀は円が値下がりすると褒めるっておかしくない?ー

【前編】仮想通貨ビットコイン(BTC)含めた金融の矛盾点に関して

マネーサプライの理論から見るとビットコイン(BTC)は矛盾をはらんでいる。仮想通貨マイナーと日本銀行ビジネスはどちらの方が利益率が高い? 日本円の仕組みと比較しながら、ビットコイン(BTC)の正体を丁寧に解説。
ビットコイン先物とは何?これだけは知っておくべきコトをわかりやすく解説

ビットコイン先物とは?これだけは知っておくべきコトをわかりやすく解説

ビットコイン先物とは何かを考えた時、わかっているようでわからない、説明できない、、そんな曖昧に覚えている方もいるかもしれません。本稿ではこれだけは知っておくべきビットコイン先物の基本や知っておくべきコトをわかりやすく解説します。
BitpayのCOO「ビットコイン(BTC)は決済手段として有益」と語ったその理由とは?

BitpayのCOO「ビットコイン(BTC)は決済手段として有益」と語ったその理...

ビットコインの決済サービス大手Bitpay(ビットペイ)のCOOがインタビューに答え、「ビットコインは決済手段として有益である」と語った。これはどういった理由から発言したのか?その他今後の仮想通貨業界に対する思いをまとめて紹介。
ビットコイン(BTC)にはサイファーパンク(Cypherpunks)の血が流れている

ビットコイン(BTC)にはサイファーパンク(Cypherpunks)の血が流れて...

ビットコイン(BTC)は、Cypherpunksと呼ぶ思想と切っても切れない関係性がある。そしてサイファーパンク登場のきっかけや目的をあまり知らない…という方も少なくない。本稿ではサイファーパンクの詳細と共にBTCの魅力について考察する。
ビットコイン(BTC)の市場占有率が最高の46%に、アルトコインの低調が目立つ

ビットコイン(BTC)の市場占有率が最高の46%に、アルトコインの低調が目立つ

ビットコインの市場占有率が6月下旬から徐々に上昇している。7月23日には46%に達しアルトコインの丁重が目立つ形となった。この占有率上昇とともにビットコイン価格の上昇も見られる。BTC占有率やアルトコイン価格などの現状を紹介。
CME市場ビットコイン(BTC)先物取引の日量が2018年Q2に前期比93%増に

CME市場ビットコイン(BTC)先物取引の日量が2018年Q2に前期比93%増に...

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)などを運営するCMEグループが、ビットコイン先物取引の平均取引の日量が2018年Q1とQ2で93%増加したことを公式Twitterで発表した。詳細データやBTC市場価格の上昇の考えられる要因などを紹介。
中国がビットコイン、イーサリアムマイナー排除を開始。長期的な影響と利点とは

中国がビットコイン、イーサリアムマイナー排除を開始。長期的な影響と利点とは

中国には大きな演算力を持つマイナーが多くいます。先日、中国国内でビットコインやイーサリアムなどのマイナーを排除するという新たな動きがあると報じられました。この動きがイーサリアムやビットコインへ与える大きな影響について解説します。
ビットコイン(BTC)の技術導入促進をするBitcoin Optechが設立、CoinbaseやXapoなど著名企業が多数賛同

ビットコイン(BTC)の技術導入促進をするBitcoin Optechが設立、C...

ビットコインの技術導入を促進する団体「Bitcoin Optec(ビットコイン・オプテック)」が立ち上げられた。この団体の賛同企業はコインベースやXapo、Squareなど著名企業が並ぶ。どういった団体なのか?注目される理由を解説。