BTCボックス(BTCBOX) BTCボックス(https://www.btcbox.co.jp)より

ここではBTCボックス(BTCBOX)の口座開設までの手順を開設します。

BTCボックス(BTCBOX)はビットコイン以外にもドージコインやライトコインなどの仮想通貨での取引が出来るサービスです。
多少専門知識が必要ですが、自分で作った自動売買システムを自由に稼働できる特徴があります。
かなり本格的かつ専門的に取引をしたい人にはオススメです。

またBTCBOXでは情報の発信の早さも高く評価されています。
アプリ情報や現状の取引情報など、投資家にとってあると嬉しい情報をこまめに発信しています。

情報量も多く、国内ビットコイン取引の中でもその数は群を抜いています。
旬な情報をいち早く見たいという方でも使いやすいでしょう。

それでは、BTCボックス(BTCBOX)での口座開設までの流れを紹介します。

口座開設前に用意しておいた方が良いもの

・口座開設申込者本人名義の口座情報

・本人確認書類(下記のうちいずれか1点)
┗運転免許証または運転履歴証明書
┗在留カードまたは外国人登録登録証明書
┗印鑑登録証明書
┗パスポート
┗健康保険証
┗住民基本台帳カードまたは住民票
┗マイナンバーカード

1. まずは公式サイトにて新規登録をする

まずは新規登録を行っていきます。
公式サイトのトップにてページ右上かTOP画像内にある『新規登録』と書かれたリンクを押します。

新規登録リンク

新規登録をするのに、メールアドレス登録を行います。

・メールアドレス
・パスワード

上記2点を入力し、画像認証を行った後、利用規約を読んだ上でチェックボックスにチェックを入れます。
そのあとで『上記の規約を同意して、次へ』ボタンを押します。

メールアドレス登録

ここで登録するメールアドレスは携帯メールアドレスはNG
PCのメールアドレスであればOKですのでYahoo!などのフリーメールアドレスでもOKです。

パスワードは6文字以上でないといけませんので注意してください。

利用規約はBTCBOXの利用規約ページへ飛びますので、内容をよく読んでおきましょう。

メールアドレス登録

メールに記載されたリンクから、電話番号認証をする

『上記の規約を同意して、次へ』を押すと登録メールアドレス宛にリンク付きのメールが送られてきます。

メール

メールに書かれているURLをクリックすると「電話番号認証」画面へ移動します。
ちなみに、登録メールアドレス宛に送られてきたメールのリンクは一定時間過ぎてしまうと期限切れとなりエラー表示されるので、早くクリックすることをおススメします。

電話番号認証画面

電話番号認証画面にて、電話番号を入力し「コード取得」と書かれた緑のテキストをクリックします。
コード入力画面はこんな感じです↓↓

コード入力画面

コードを入力すると、登録した電話番号充てにSMSメッセージが送られてきます。

SMSメッセージに記載された認証コードを入力し「次へ」を押しましょう。

認証コードは60秒以内に確認して番号を入力しないと新しく更新されてしまうので注意です。
※セキュリティ強化のためとはいえ・・・やたらせかされる手筈ですね…。。
(正直、この急かされる感じがチョットめんどくさい。。←)

個人情報の入力

次に、個人情報の入力を行っていきます。

個人情報の入力

ここで入力するのは名前や生年月日、住所、出金先金融機関、職業や取引目的などの情報です。
入力する内容は全部で12個あります。

個人情報の入力画面での入力項目

・姓名(カナ入力必要)[必須]
・性別[必須]
・国籍[必須]
・外国PEPsの確認[必須]
・生年月日[必須]
・自宅電話番号
・住所[必須]
・出金先金融機関[必須]
・職業[必須]
・取引目的[必須]
・利用契約書の同意[必須]
・同意書[必須]

全て入力し終わったら「次へ」ボタンを押します。

本人確認書類をアップロードする

次に、本人確認書類をアップロードしていきます。

本人確認書類をアップロード

選択できるファイルはpng、jpg、jpeg、gifです。
本人確認が出来る書類は下記のうち、1点です。
どれを送っても良いですが、有効期限内のものでないとダメなので良く確認するようにしましょう。

本人確認書類(下記のうちいずれか1点)

●運転免許証または運転履歴証明書
┗有効期限内のもの、裏面に現住所が記載されている場合、裏面コピーも必要。

●在留カードまたは外国人登録登録証明書
┗有効期限内のもの、裏面に現住所が記載されている場合、裏面コピーも必要。

●印鑑登録証明書
┗交付後3ヶ月以内のもの。

●パスポート
┗有効期限内のもの、日本国政府発行のパスポートに限られます。
顔写真入りページと所持人記入欄ページが必要。

●健康保険証
┗有効期限内のもの。
現住所・生年月日の記載があるもの。
裏面に現住所が記載されている場合、裏面コピーも必要。

●住民基本台帳カードまたは住民票
┗有効期限内のもの。
お名前・生年月日・現住所・有効期限が記載されたもの。
裏面に変更の記載がある場合は、裏面も必要。
住民票は交付後3ヶ月以内のもの。

●マイナンバーカード
┗マイナンバーカードは有効期限内のもの、顔写真が記載されている表面のコピーを送る。
裏面に変更の記載がない場合、裏面コピーは不要。
裏面に変更の記載がある場合は、裏面の提出が必要ですが、マイナンバー部分は読み取れないよう黒く塗りつぶして提出しましょう。

私は運転免許証の写真をスマートフォンで撮影し、それをパソコンからアップロードして送信しました。

先ほど登録した個人情報の内容と、アップロードした本人確認書類の内容に相違が無いかチェックされると思いますので、内容には間違いがないように気を付けましょう。

2. BTCBOXからのハガキを受け取り、口座開設完了!

本人確認書類のアップロードまで終わったら、下記のようなメッセージが表示されます。

メッセージ

メッセージ通り、BTCBOXからハガキが送られてくるので一旦それを待ちます。
ハガキは通常ですと数日以内に届くと思います。

ハガキが届かない場合は、BTCBOXまでお問い合わせをしましょう。

取引パスワードを設定しよう!

BTCBOXからハガキが届いたら、ハガキに記載された認証コード(ワンタイムパスワード)を入力します。

ワンタイムパスワード

セキュリティのためとはいえ・・・画像認証が多くないですかっ。。。
私コレ嫌いなんですよ…。。中々クリアできなくて(だって見ずらくないですか?!)

ワンタイムパスワードを入力すると、次に取引パスワードを設定するよう求められます。

取引パスワードを設定

こちらは取引の際に使用するパスワードで、ログインパスワードとは別物です。
セキュリティを強化する為にも、ログインパスワードとは別のパスワードを設定することをおススメします。

ここまで出来たらBTCBOXでの口座開設は完了です!!

結構セキュリティが頑丈で、やったらイチイチ認証やら何やらが出てくるので、口座開設の時点から既に安全性は高そうです。
ちょっとめんどくさいですが、信用性も高いと思いますので頑張ってください!!

BTCボックス(BTCBOX)はこちら