世界トップレベルのビジネススクールが次々にビットコインクラス開講:仮想通貨を経営管理学修士課程(MBA)に取り入れる

6763

編集部おすすめ

仮想通貨を経営管理学修士課程(MBA)

世界のトップレベルに位置する各ビジネススクールは、仮想通貨とブロックチェーン技術の履修コースを追加することにより、仮想通貨の時流に乗り込もうとしている。

仮想通貨関連の経営管理学修士課程(MBA)をより多く設ける動きは、企業の(得に投資会社の)採用担当者だけでなく学生からの要望によって、さらに加速している状況だ。

ペンシルベニア大学ウォートンスクール教授、Kevin Werbach氏は、「ブロックチェーン」、「仮想通貨」、「分散型台帳技術」という授業を2018年秋から開講する予定である。

Werbach教授はアメリカのニュース専門チャンネルCNBCのインタビューで「私たちはこの分野の授業を行うことにおいて多くの批判を受けています。しかし、近い将来にビジネス界において、仮想通貨は無視できない存在になります。5年後には、ビジネススクールを作りすぎても足りないくらい仮想通貨教育の需要が高まることでしょう。」と語った。

スタンフォードビジネススクールは2018年5月に「仮想通貨」という授業を開講する予定だ。スタンフォード大学MBA2年生のItamar Orrさんは、「仮想通貨課程が拡大されることによって、学生が社会に出たとき非常に役に立つ」と、今回の動きを賞賛している。

Orrさんは、「私たちの多くが職場でブロックチェーン技術に関する議論を重ねることになると思いますので、今回の件はその点で非常に有意義なものです。ブロックチェーン技術は社会のビジネス競争において強力な武器となり、大きなアドバンテージを生むことになるでしょう。」と述べた。

ベンチャーキャピタル(ハイリターンの投資を行う会社)のブロックチェーンへ投資額は近年かなりの増加を見せている。アメリカの調査会社PitchBook社によると、2017年の投資額は9億1100万ドルであり、昨年と比べると88%の上昇である。現在、投資会社の人事担当者の多くは、仮想通貨の技術と価格動向の予測に精通した人材を積極的に採用しようとしている。

ビットコインの価格上昇は多くの人に仮想通貨への関心を与えた

Rippleの理事であり、スタンフォードビジネススクールの教授でもあるSusan Athey氏は、「近年、人々の仮想通貨への関心が急激に高まっている理由は、2017年のビットコイン価格の急騰によるものです」と語った。

「仮想通貨の価格変動は誰もが夢中になっています。これはどうして起こったのか。それは、多くの人々が高騰と暴落を経験しており、それはもちろん、とても刺激的であって、それに多くの人々が感心を持ち、現在起こっていることが何なのかを必死し探ろうとするからです。」

ジョージタウンのビジネススクール代表取締役であり、元Nasdaq社の幹部であったJohn Jacobs氏は、「ウォールストリートの採用担当者は、いつも仮想通貨に精通した求職者を求めている」と語った。Jacobs氏は採用担当者からの連絡を「絶えず」受け取っており、ブロックチェーン技術を適用できる人材をいつも求められているそうだ。

Jacobs氏はさらに「たとえ、ビリオネアのMark Cuban 氏のようなバイヤーが、ビットコインが無価値だと考えていても、世界トップレベルのMBA課程では、市場でのビットコインの需要の高まりを学生に理解させるべきです」と述べた。

Jacobs氏はCNBCのインタビューで、次のように語った。「世界レベルのMBA課程は、この分野で、学生に競争力を持たせなければならないでしょう。私たちは刮目すべきなのです。」

上記は、ニューヨークエコノミッククラブでのPeter Thiel氏の会見動画だ。peter氏がビットコインを購入したことに関して、ビットコインの将来の見通しについてマスコミに尋ねられる。ビットコインの将来性は不透明ではあるが、新しい形の財産としては認めている様子だ。

参考:CCN

関連:米国エリート大学で大人気!続々と仮想通貨コース開設