CBOEでビットコイン(BTC)の先物取引スタート

編集部おすすめ

日本時間の12月11日より、シカゴ・オプション取引所(CBOE)でビットコイン先物の取引が可能となった。シカゴ時間では12月10日17:00、注目が集まるあまり一時的にウェブサイトが閲覧できなくなるシーンもあった。

CBOEのプレスリリースでは、XBTのオープニング価格は15,000ドルで、開始約2時間で890のコントラクトがトレードされたと報告されている。また、12月中はビットコイン先物の取引手数料が免除されているようだ。

ビットコインの価格

先週金曜日の終値は198万円だったものの、土日は2日続けて下落。CBOEでの先物スタートを控えての警戒感からか、12月10日には1,465,000円まで下落。2日間の間に約50万円の変動という普段以上に変動の大きい相場となった。

BTC/JPY 1時間足チャート

(出所:bitFlyer)

しかし、先物取引の開始と同じタイミングで現物の価格も上昇、本稿作成時点では195万円付近まで回復している。


前のニュース12/11 仮想通貨(ビットコイン)目標1,000万!250万からの挑戦
次のニュース無料で送金できるFintechサービスが広まった時、ビットコインはどうなるのか
ヨリコ ビール
ビールとも呼ばれています。2015年夏から仮想通貨の翻訳や編集を中心に活動中。難しい言葉やコンセプトが多いからこそ、文系女子の視点からなるべく分かりやすく楽しい記事を目指しています。Youtubeチャンネル「ビットコイナー反省会」ツイッターでも情報発信中。