CBOEでビットコインの先物取引スタート

7817

編集部ピックアップ

日本時間の12月11日より、シカゴ・オプション取引所(CBOE)でビットコイン先物の取引が可能となった。シカゴ時間では12月10日17:00、注目が集まるあまり一時的にウェブサイトが閲覧できなくなるシーンもあった。

CBOEのプレスリリースでは、XBTのオープニング価格は15,000ドルで、開始約2時間で890のコントラクトがトレードされたと報告されている。また、12月中はビットコイン先物の取引手数料が免除されているようだ。

CBOEのマーケット価格やチャート情報は下記から確認することが可能となっている。

XBT/F8 (1月)
XBT/G8 (2月)
XBT/H8 (3月)

ビットコインの価格

先週金曜日の終値は198万円だったものの、土日は2日続けて下落。CBOEでの先物スタートを控えての警戒感からか、12月10日には1,465,000円まで下落。2日間の間に約50万円の変動という普段以上に変動の大きい相場となった。

BTC/JPY 1時間足チャート

(出所:bitFlyer)

しかし、先物取引の開始と同じタイミングで現物の価格も上昇、本稿作成時点では195万円付近まで回復している。