ビットコイン(BTC)にとって中銀発行デジタル通貨(CBDC)は救世主?

編集部おすすめ

ビットコイン(BTC)にとって中銀発行デジタル通貨(CBDC)は救世主

中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)とビットコイン(BTC)は二律背反であり、これ以上互いに異質なものはないでしょう。一方は許可が必要、他方は必要なしで、CBDCは中央集権型なのにBTCは非中央集権型、片や検閲される可能性があり、もう一方は検閲いらずとなります。

そのような異質なCBDCが、実はビットコインがさらに広く採用されるベストドライバーの役目を果たすという見方があります。ここでは有力な仮想通貨メディアnews.bitcoin.comが伝えるCBDCとBTCの予想外の相性について見てみましょう。

JPモルガンのCBDCは「ビットコインの夢を打ち砕いた」?

JPモルガンが2019年2月14日、中央集権型の銀行という意味でCBDCに限りなく近い、独自のステーブルコイン「JPMコイン」を発行した際、仮想通貨関係者の間から笑い声が漏れたと言われます。ビットコインのバッシングで有名なジェイミー・ダイモン(Jamie Dimon)最高経営責任者(CEO)がどう関わったかは別にして、有力メディアからは銀行内部の決済に限って使うというJPMコインはビットコインの脅威になるという見方が出ました。

その典型的な見解を紹介しましょう。週刊金融情報紙の「バロンズ(Barron’s)」は、「JPモルガンがビットコインの夢を打ち砕いた」との見出しでJPモルガンの独自コイン発行が及ぼす影響について言及しています。CBDCは銀行が発行・管理するステーブルなデジタル通貨の1つですが、CBDCと仮想通貨とは高速・低コストの国際送金に有用だという共通点を除けば、それ以上の相似点はありません。CBDCと仮想通貨は、交わることのない平行線上に存在するのでしょうか?

CBDCの出現はビットコイン(BTC)などデジタル通貨の合法化、標準化につながる

これらメディアが指摘するJPMコイン発行が及ぼす最大の脅威は、実はビットコインなどの仮想通貨に対してではなく、国際銀行間通信協会(SWIFT)などに代表されるスローで非効率の決済システムという見方が出ています。

米連邦預金保険公社(FDIC)のシーラ・ベア(Sheila Bair)元総裁は、JPMコインなど「銀行管理の決済システム」のマイナスの側面は、国際決済ネットワークを提供するリップル(XRP)とともに現行の金融システムにマイナスの影響を及ぼすことであって、ビットコインへの影響はむしろ肯定的で前向きなものかもしれないと主張します。

CBDCの出現は、将来の通貨の形としてデジタル通貨を合法化、標準化するのに役立つというのです。CBDCの普及に弾みが付けば、人々はそれが現行の金融システムの改善にはほとんどつながらず、むしろいくつかの明らかに不利益な事態が到来することにすぐ気が付き、デジタル通貨に一層目が向くという訳です。

CBDCはビットコイン(BTC)の救世主に

認可された台帳もしくは未完成のブロックチェーンを経由して送金されるデジタル通貨は、顧客の支出を一貫してリアルタイムに追跡することを可能にします。CBDCの発行によって、政府や規制当局は取引を認可するなどの権限を強化することができます。CBDCの世界では、認可なしに取引を隠したり、取引する自由はありません。

金融機関は本来徹底して縦割り組織であることを考えれば、CBDCが海外送金のコストと時間を短縮するなどいくつかの利点はありますが、CBDCが世界広く通用するとの期待は楽観的過ぎます。JPMコインもそうですが、CBDCとの相互運用の余地はほとんどありません。

デジタル通貨の採用増加は、ビットコインに有利に働きます。CBDCのユーザーは、それが持つ限定された機能、プライバシーの欠落、検閲を受けやすいことなどにうんざりすれば、もっと安価で素早く、許可なしで送金できる代替手段を探すことになります。行き着くところは、ビットコインになるでしょう。CBDCは歓迎されないデジタル通貨でしょうが、ビットコインにとっては素晴らしい救世主「トロイの木馬」になると、この記事の出所であるnews.bitcoin.comは見ています。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

関連
世界の中央銀行70%が法定デジタル通貨(CBDC)を調査、近い将来での発行の可能性も示唆
「ほとんどの仮想通貨の価値はゼロに」投資企業のCEOが発言、ビットコイン(BTC)はデジタルゴールドに

参考
news.bitcoin.com
BARON’S