仮想通貨チリーズが米国と欧州スポーツ市場を目的にラガルデールスポーツと戦略的提携

編集部おすすめ

仮想通貨チリーズが米国と欧州スポーツ市場を目的にラガルデールスポーツと戦略的提携

仮想通貨チリーズが2月17日、スポーツとエンターテイメントのリーディング機関であるラガルデールスポーツ(Lagardère Sports)との提携を発表した。

チリーズチームと協力してラガルデールスポーツは、世界をリードするアスリート・クラブ・連盟・スポーツリーグの世界的なネットワークからチリーズのプラットフォームであるソシオスドットコム(Socios.com)の新しい提携先を開発する。なおソシオスドットコムは、iOSとアンドロイドの両方に対応している同名のアプリを無料で提供している。

ラガルデールスポーツとは

ラガルデールスポーツは、フランスのブローニュやイングランドのロンドンを拠点としている企業である。スポーツやエンターテイメントには人々の生活を豊かにし強力な体験を生み出すために不可欠な感情と情熱を刺激する力があるという信念を持っている。

ラガルデールネットワークには、フランスの6つのサッカークラブとドイツの16のサッカーチームが含まれている。このネットワークの中には、ボルシアドルトムント・ハンブルガーSV・オリンピックリヨン・ASサンテティエンヌ・OGCニースとの独占契約も含まれている。

またアメリカのカンザスシティを本拠地としているアメリカンフットボール(NFL)のカンザスシティ・チーフスに所属するエリック・フィッシャー(Eric Fisher)選手、テレル・サグス(Terrell Suggs)選手、ケンドール・フラー(Kendall Fuller)選手を含むアメリカンフットボールの選手やメジャーリーグ(MLB)の選手の代表も務めている。

アメリカのメジャースポーツ提携にも期待

チリーズとソシオスドットコムのアレクサンドレ・ドレイファス(Alexandre Dreyfus)最高経営責任者(CEO)は、「ラガルデールの広範なアスリートネットワークをターゲットとしているクラブ・連盟・スポーツリーグが欧州と米国の権利保有者とのファンエンゲージメントの未来を築くという目標を達成するためにラガルデールスポーツと手を取り合って仕事をすることを楽しみにしている」と語った。

ラガルデールのローラン・モレッティ(Laurent Moretti)フランス最高責任者は、「ソシオスドットコムとのこの戦略的パートナーシップを発表できることを誇りに思う。この契約は、未来に自らを投影しブロックチェーンや仮想通貨のような新しい技術の開発を信じる能力に報いるものだ。大手スポーツマーケティング代理店として、クライアントとパートナーに最高のソリューションを提供することは私たちの義務である。またこの提携は、私たちのビジョンに大きく貢献するだろう」とのコメントを発表している。

参考
CHILIZ TAKES AIM AT US & EUROPEAN SPORTS MARKET THROUGH STRATEGIC PARTNERSHIP WITH LAGARDÈRE SPORTS

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨チリーズがスポーツ&エンターテイメントの仮想通貨取引所をローンチ
チリーズのプラットフォームソシオスドットコムのアプリでファントークンの獲得可能に
仮想通貨チリーズの発行するユベントスファントークンによるゴール祝福曲の投票が開始

文:かにたま