【墨汁速報】米CME ビットコイン先物オプションのローンチを1月13日に予定

編集部おすすめ

【墨汁速報】米CME ビットコイン先物オプションのローンチを1月13日に予定

差金決済のビットコイン先物を提供する米CMEは2020年第1四半期にローンチするとしていたビットコイン先物のオプションを1月13日にローンチすると発表した。現在規制当局によるビットコイン先物オプションの審査を待っているとしている。

CMEの発表

出典:CME

ビットコイン先物のオプション

オプション取引とはいわばCMEで提供されるビットコイン先物の保険の売買のようなものだ。ビットコイン先物のオプションの発表は9月末に行われ、10月末にはオプションの詳細が公開されており、準備は着々と進んでいる。

CMEグループのティム・マッコート(Tim McCourt)氏は、「2017年12月のローンチからビットコイン先物は2年が経過し、クライアントはビットコイン先物市場における別のヘッジ手段としてオプション取引に関心を寄せている。」と述べている。

関連記事:【墨汁速報】米CMEビットコイン先物のオプション詳細を暫定的に公開 投資戦略はより複雑化

47%は米国外での取引

2017年のローンチから機関投資家や大口投資家は素早くCMEビットコイン先物を取り入れ、2019年には日に平均6,500コントラクト以上(32,500BTC)の出来高を記録。3,500人以上の個人アカウントでの取引や出来高の47%が米国以外での取引となるなどの需要の拡大となったという。

またCMEグループは強固なビットコイン先物市場と流動性の増加のためクライアントや産業と取り組んできたとし、「CMEはビットコインオプションがユーザーへより高精度かつ柔軟なリスクマネジメントを提供できると考えている」としている。

現物決済されるビットコイン先物を提供するバックト(Bakkt)も同様に、ビットコイン先物のオプションをローンチするとしており、CMEとBakktでのビットコイン先物はより複雑かつ機関投資家の需要を満たすサービスの提供を行っていくことでビットコイン市場全体に大きな影響をもたらすだろう。

参考:CME Group Announces Jan. 13, 2020 Launch for Bitcoin Options

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】Bakkt 現物決済ビットコイン先物のオプションを12月9日にローンチ予定
Bakktの現物渡しビットコイン(BTC)先物は「バタフライ効果」を呼び込むか?
バイナンス(Binance)の先物取引で最大125倍のレバレッジが可能に