【墨汁速報】米最大手コインベース ビットコインなどの信用取引サービス終了へ

編集部おすすめ

【墨汁速報】米最大手コインベース ビットコインなどの信用取引サービス終了へ

米仮想通貨取引所最大手のコインベース(Coinbase)は、現在提供しているビットコインなどの仮想通貨信用(マージン)取引サービスを日本時間11月26日午前2時に終了すると発表した。

関連記事:【墨汁速報】現物決済イーサリアム先物をErisXがローンチ米CFTC規制下で初

米商品先物取引委員会の新たなガイドライン

コインベースによると、仮想通貨の信用取引サービスの停止は米商品先物取引委員会(CFTC)による新たなガイドラインに応じたものだという。

日本時間11月26日午前2時より、コインベースでの新たな信用取引でのビットコインなどのポジションを持つことができなくなる。またサービス終了に伴い、リミットオーダーなどは全てキャンセルされる。

既存のマージンポジションについては、すべてのポジションがクローズされた後、12月にサービス自体を完全に終了するとしている。

ビットコイン(BTC)はCFTC規制下のデリバティブへ移行か

2019年より、仮想通貨のデリバティブ取引はCFTC規制下のBakktやErisXなどのビットコイン先物取引所が登場してきた。対して仮想通貨業界ではBitMEXのようなレバレッジ100倍を主なサービスとし、KYC(本人確認)がなくCFTCにデリバティブとして登録がない違法なサービスとして調査などが行われていた。

2020年は米証券取引委員会(SEC)やCFTCの規制強化と違法サービスのとり締りを行なっており、仮想通貨市場の健全化の努めている。

より健全な仮想通貨市場へ

コインベースによると、「信用取引に対する常識的な規制は、米国カスタマーに安心できるサービスを提供するのに必要だ。コインベースはCFTCとこの目標を達成するために協力していく」と述べている。

コインベースでは度重なる価格の瞬間的な暴落フラッシュクラッシュが問題視されており、24日にはリップル(XRP)が一時的に0.9ドルをつけ、0.65ドルまで暴落するということは起こっている。規制強化に伴い、市場のボラティリティは収束していき、価格の安定が期待できるようになるだろう。

関連記事:【墨汁速報】米CFTC BitMEXによるビットコインデリバティブの違法提供の可能性を調査か

【こんな記事も読まれています】
コインベース(Coinbase)のCEOが考える暗号通貨決済の未来
コインベース(Coinbase)などの事例から考える暗号通貨企業の独立性維持の難しさ
「証券はすべてトークン化できる」SEC委員長が前向きな発言

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や実際のステーキング検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュースサッカーチーム「アヤックス」がブロックチェーンを使ったチケット販売へ
次のニュース欧州連合(EU)がデジタルユーロ発行に向けて本格的作業をスタート
墨汁うまい(トレーダー)
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者