【墨汁速報】LedgerX未承認により報道から一変”ビットコイン先物ローンチを否定”

編集部おすすめ

【墨汁速報】QuadrigaCX元CEO 顧客のビットコインなどを使い込み仮想通貨証拠金取引

LedgerX米国初の現物決済されるビットコイン先物のローンチを7月31日に報道したCoindeskは、一変して米商品先物取引委員会(CFTC)による承認を受けていないとし、「LedgerXの現物決済ビットコイン先物はローンチしていない」と報道。

関連記事:【墨汁速報】米国初 現物決済されるビットコイン先物をLedgerXがローンチ

現物決済ビットコイン先物ローンチ報道から一変

Coindeskによると、CFTCがLedgerXの現物決済ビットコイン先物をまだ承認していないとし、元のローンチ報道を再度否定した。LedgerXはCoindeskに対し、7月31日水曜日にビットコイン先物をローンチすると述べており、政府機関であるCFTCによる規制のもと提供される差金決済ではない「世界初のビットコイン現物で決済される先物のローンチ」となるはずだった。

この報道の翌日、CFTCの議長であるマイケル・ショート(Michael Short)氏によるメールの声明によると「LedgerXのビットコイン先物は委員会(CFTC)」によってまだ承認されていない」としている。

ローンチ報道はミスリードか?認識のずれか

また実際にLedgerXのデータページを確認すると、スワップトレードとオプション契約しか現れておらず、ビットコイン先物は見受けられない。

出典:LedgerX

LedgerXの最高執行責任者(COO)であるジュティカ・ チョウ(Juthica Chou)氏はCoindeskの取材に対して、「ビットコイン先物の取引は行っていない」と認めている。チョウ氏は31日のローンチは同社のスワップとオプション取引を提供するOmni Platformのローンチであると述べている。

同社の最高経営責任者(CEO)の ポール・チョウ(Paul Chou)氏は、「スワップと先物は僅かな違いしかなく、先物とスワップを区別するのは馬鹿げている」と述べている。

ビットコイン先物は承認が必要

今回のミスリードはCoindeskによるものか、はたまたLedgerXの表現の問題かは定かではない。だが、現物決済されるビットコイン先物をLedgerXがローンチするには、CFTCの承認が必要となり、今回のケースでは報道元のCoindeskとビットコイン先物のLedgerX双方の意見が食い違っており、CFTCには承認されていない。

CFTC高官によると、LedgerXのビットコイン先物は承認の最終ステージにあると見られている。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
CMEのビットコイン(BTC)先物取引が記録更新、機関投資家の貪欲な買い気配高まる
バックト(Bakkt)ビットコイン(BTC)先物のユーザー受け入れ試験開始
約500億円相当のビットコイン(BTC)が格安手数料で送金、その金額とは?

参考:What Happened: Why the First US Physical Bitcoin Futures Haven’t Launched