基本的に全部見れる仮想通貨便利アプリ「コイン相場」

2656

今回は、筆者も愛用している超おすすめ仮想通貨アプリの紹介です。

もうすでにインストールしている人も多いかと思いますが、「コイン相場」というアプリ。
「コイン相場」は、主要の仮想通貨取引所のレートを一覧でチェックできる上、各取引所での注文(取引)もアプリ1つで出来てしまうという優れものです。

個人的にかなり使いやすい!といってもそれだけじゃ伝わらないと思うので、今回は「コイン相場」の特徴や使い方などをこのページで紹介したいと思います。

コイン相場(スマホアプリ)ってどんなアプリ?

コイン相場(スマホアプリ)

「コイン相場」は、2017年10月にリリースしたばかりの仮想通貨アプリです。

仮想通貨アプリと聞いて思い浮かべるのは、おそらく取引所アプリかもしれませんが、「コイン相場」アプリは、仮想通貨を便利に、効率よくできる総合アプリという感じのサービスとなっています。
株式会社COINJINJAという仮想通貨関連のメディア、ツールなどのサービスを提供している会社が運営しているようです。

「コイン相場」はリリース3週目で8万ダウンロードを突破という、脅威的な早さでユーザーが増え続けています。良さげな口コミも多いので、人気の高さがうかがえます。もちろんiPhone、Androidどちらにも対応◎

今回は筆者がiPhoneユーザーのため、iOSデバイスの画像を見ながらご紹介します。
※AndroidとiPhoneにそこまで大きな変化はないと思うのですが、参考までにご覧ください

コイン相場IOSアプリインストールbyiPhoneコイン相場GoogleplayアプリインストールbyAndroid

コイン相場の特徴とは?

まず、今回ご紹介する「コイン相場」では〇〇が出来るよ!という特徴を挙げてみます。

大きくわけて6つあります。
はてさてこれがどんな機能なのか、画像を見ながら解説していきますね。

主要取引所の仮想通貨レートを一覧でチェックできる

「コイン相場」アプリをインストールしてアプリを開くと、最初の画面が仮想通貨のレート一覧画面となっています。この画面をウォッチリストといいます。
※アプリ画面の下部にあるメニュー左から一番目の「ウォッチリスト」が選択中になっています

主要取引所の仮想通貨レートを一覧でチェック

上記画像(左側)では、上から「BTC/JPY(Coincheck)」「BTC/JPY(BitFlyer)」「BTC/JPY(Zaif)」・・・と表示されており、各取引所のレート比較がすぐに出来るようになっています。

右上にある三本ラインのメニューをタップすると通貨の追加(または削除)画面になり、通貨を追加したい時は、左上にある「+」メニューをタップすると仮想通貨が追加できる画面に切り替わるので、上部の虫眼鏡の欄に仮想通貨コードを入力して追加します。
※赤い丸のマイナスアイコンをタップすると、その通貨が非表示となります。

今回は例として「MONA」と入力して追加してみました。
その後レート一覧ページをチェックすると、最下部に追加されていることが確認できます。

通貨の追加(または削除)画面

ちなみに、レート一覧ページにある「ウォッチリスト▼」をタップすると、レートの並び替えが出来ます。自分が見やすい並べ方に、お好みで変更してみてください。

「ウォッチリスト▼」をタップでレートの並び替え

資金流入内訳が確認できるので分析や市場動向の予測ができる

先ほど紹介したウォッチリスト画面を下の方にスクロールしていくと、板情報や24時間の資金流れの内訳などといった情報が確認できます。こういった情報から市場動向の予測ができます。

板情報や24時間の資金流れの内訳などの情報

直近24時間の価格変動率の一覧・ランキングチェックできる

アプリ画面の下部にあるメニュー左から二番目の「マーケット」を選択すると、価格変動率(直近24時間)のデータや、価格変動率ランキング(直近24時間)のデータが一覧でチェックできます。

ウォッチしている仮想通貨が24時間の間でどのくらい変動があったのかを確認できるので、トレード戦略を立てる際の分析などに使えます。

価格変動率(直近24時間)のデータ一覧
価格変動率ランキング(直近24時間)のデータ一覧

仮想通貨関連の最新ニュースが一覧でチェックできる

アプリ画面の下部にあるメニュー左から三番目の「ニュース」を選択すると、様々なメディアで掲載されている仮想通貨関連のニュースが一覧でチェックできます。

デフォルトのカテゴリーでは、「速報」「ニュース」「コラム」「ICO」となっていますが、右上にある「+」マークをタップすると、カテゴリー追加の画面に切り替わるので、ここで新しい情報のカテゴリーを追加できたり、逆にデフォルトのカテゴリーを非表示にできたりします。

情報カテゴリー追加の画面

ICOの最新プロジェクトの情報が一覧でチェックできる

アプリ画面の下部にあるメニュー左から四番目の「ICO」を選択すると、COIN JINJAの公式ホームページで掲載されているICOのデータをアプリでチェックすることができます。
また、右上にある「検索条件」をタップすると、検索条件画面に切り替わるので、自分が知りたい情報をピンポイントで検索できます。

COIN JINJAの公式ホームページで掲載されているICOのデータをアプリでチェック

アプリから主要取引所3社の注文(取引)ができる

なんとこの「コイン相場」では、アプリから直接注文取引ができちゃいます!
しかし、取引可能な取引所はCoincheckBitFlyerZaifの主要3社。

今回は、BitFlyerのアカウントを使って「コイン相場」と連携してみました!

まず、アプリ画面の下部にあるメニュー一番右の「取引」を選択。
3社のロゴが並んでいるので、BitFlyerのロゴ部分をタップします。すると「BitFlyerのAPIキー発行ページへ」という文字が書かれた画面に切り替わるので、その部分をタップ。

BitFlyerのAPIキー発行ページへ

するとブラウザが立ち上がるので、持っているBitFlyerアカウントでログインします。
ログインをすると当然BitFlyerの取引画面のページに進みますが、その画面はひとまず置いといて「コイン相場」アプリの画面に戻ります。

そこでもう一度、「BitFlyerのAPIキー発行ページへ」という部分をタップします。

再度、BitFlyerのAPIキー発行ページへ

またここでブラウザが立ち上がり、画面上部ではデンジャー!みたいな画像とともに、APIに関する同意事項が書かれているので、すべて確認したら「同意します」をタップ。

すると上部がブルーの「API」と書かれたページが開くので、そのまま下へスクロールすると、下の方にちっちゃく「APIkey」と「APISecret」という、パスワード的なものが表示されています。
これをコピーして、またコイン相場アプリに戻ります。

「APIkey」と「APISecret」をコピーする画面

そのコピーした「APIkey」と「APISecret」を下記画像の部分に入力してログインをします。

「APIkey」と「APISecret」をログインする画面

これですべての作業は完了です!無事に「コイン相場」アプリからBitFlyerにログインができました。
仮想通貨取引の画面へ戻ってみてみると、BitFlyerの部分に「API連携済み」というように表示が変わっていると思います。

BitFlyerの部分に「API連携済み」を確認

難しそうな印象がありましたが、簡単にできます。

▼手順

  • 管理画面にログイン
  • API取得に関する同意事項に同意
  • 「APIkey」と「APISecret」を取得
  • 「APIkey」と「APISecret」を入力
  • 連携完了!

こんな機能も!アプリを開かなくてもレートがチェックできるウォッチリストが便利!

最後に個人的にお気に入りの機能をひとつ。
「コイン相場」アプリを開くと、「ウィジェットを追加しませんか」というポップアップが出ます。

これを「はい」にするだけで、アプリを開かずともウィジェットからレート一覧が確認できるのです!
※この時点で「はい」を選ばなかったからといって追加できないわけではないのでご安心を!端末のウィジェット追加設定からいつでも追加できます!

ウィジェット追加でレート一覧を確認

これはかなり便利どの取引所が一番安い(または高い)のかをぱぱっとチェックできちゃうんです。
このウィジェットで確認できる仮想通貨はアプリの「ウォッチリスト」と連動しているので、自分のお気に入り一覧が表示あれるはずです!

さて、こんなところでしょうか・・!
以上、「コイン相場」アプリの紹介でした。

注文取引は主要3社(Coincheck、bitFlyer、Zaif)のみですが、レートチェックができる取引所はかなり多く採用してるので、価格が気になって気になってしょうがない!価格差がどのくらいあるのか見たい!なんて人にはおすすめかと!(笑)よろしければインストールして実際に使ってみてくださいね。

▼「コイン相場」で取引注文OKの取引所の詳細
Coincheck
BitFlyer
Zaif

コイン相場IOSアプリインストールbyiPhoneコイン相場GoogleplayアプリインストールbyAndroid