コカ・コーラの自動販売機で仮想通貨による支払いが可能に

編集部おすすめ

コカ・コーラの自動販売機で仮想通貨による支払いが可能に

自動販売機の仮想通貨支払いが実現

デジタル資産用プラットフォームを構築などを行うセントラペイ(centrapay)が9日、コカ・コーラのオーストラリアやニュージーランド担当であるコカ・コーラ・アマティル(Coca-Cola Amatil:CCA)と協定を結んだことを自社サイトのニュースで発表した。コカ・コーラ・アマティル側もツイッター上の公式アカウントで、セントラペイのニュースのリンクを添えて、「コーラと仮想通貨コミュニティを結び付ける」とコメントしている。

今回の発表により、セントラペイの提携企業であるサイロ(Sylo)の開発したウォレット「サイロ・スマート・ウォレット(Sylo Smart Wallet)」を使って、コカ・コーラ・アマティルの販売ネットワーク全体で仮想通貨によるコカ・コーラ商品の購入が可能となった。

実際にサイロスマートウォレットを使ってコカ・コーラを購入する動画も公開されている。動画によると、サイロスマートウォレットでコカ・コーラの自動販売機に貼られたステッカーに記載されたQRコードを読み取り、ウォレット内で支払いを完了すると商品が出てくる仕組みだ。

コカ・コーラ・アマティルはアジア太平洋地域の飲料販売メーカーおよび卸売業者であり、140のブランドと2億7,000万人の顧客を抱えている。サイロスマートウォレットで支払いができるようにQRコードのステッカーが貼られた自動販売機は、ニュージーランドとオーストラリアで合わせて2,000台以上が設置されている。

次は米国市場をターゲットに

セントラペイ最高経営責任者(CEO)のジェローム・フォーリー(Jerome Faury)氏は、「既存技術との統合への煩雑さとユーザーエクスペリエンスの貧弱さが、デジタルIDやデジタル資産といったWeb3テクノロジーの採用を妨げている。私たちは、個人で自己のデータとデジタルIDを管理できる未来を作るために働きかけている。ブランドは人々に適切な購入方法を行う力を与えつつ、小売店やその他流通パートナーを支援し、人々と直接かつ倫理的に結びつけることができる」と述べた。

また同氏は、「私たちは、オーストラリアとニュージーランドでの実用化から、ビジネスがグローバルに成長することを目指している。私たちは北米での存在感を確立した後、世界初のイノベーションとともに次は米国市場をターゲットにする予定だ」と付け加えている。

参考
Coca-Cola Amatil vending machines accept Bitcoin via Centrapay

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン(BTC)価格は年内に2万8000ドルに、ブルームバーグが予測
積水ハウスがブロックチェーンを使った内覧・契約の簡略化サービスを発表
ビットコイン(BTC)は2020年最高パフォーマンスの資産クラスに

文:かにたま


前のニュース米欧機関投資家の36%がデジタル資産に投資、フィデリティが調査結果発表
次のニュースソラナ財団(Solana Foundation)のビジョンと主な取り組み
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。