【墨汁速報】イーサリアムDeFi レンディングCompound SAI(DAI)の新規借入貸出を停止

編集部おすすめ

【墨汁速報】イーサリアムDeFi レンディングCompound SAI(DAI)の新規借入貸出を停止

イーサリアム上のレンディングコントラクトのコンパウンド(Compound)は、DeFi(分散型金融)の中核であるメイカーダオ(Maker DAO)が提供するステーブルコインSAI(Single Collateral DAI)の取扱に関する新たな発表を行った。2020年3月21日よりSAIの貸付、借入を無効にし、DAIへの移行を促す動きとなる。

関連記事:マルチコラテラルDAI(MCD)とは?

SAI(元DAI)の取扱終了に向けて

Compoundはブロックファイ(BlockFi)などのプラットフォームと異なり、イーサリアム上にデプロイされているレンディングコントラクトだ。取扱仮想通貨はETHをはじめとるするイーサリアム上のERC20トークンを含む8通貨となっており、そのうちDAIとSAIの両者を取り扱っていた。

SAIの価格担保はETHのみ(Single)で行われているのに対し、DAIはETHとBAT、USDC(Multi)と複数のイーサリアム上のトークンによる担保により裏付けされている。Maker DAOの意向として、最終的にDAIへ完全移行を行う予定だ。

Compoundによると、SAIの新規貸付と借入は無効となり、既存の借入は返却によるクローズと貸付分はの引き出しは無期限で可能としている。イーサリアム上のDeFiでは、ほぼ9割のプロジェクトが既にSAIの取扱を停止、あるいは自動でDAIへと移行しており、Compound上でも100万SAIを切っていることが今回の対応の理由だとしている。

*USDCは一時的な取扱

DAIへの移行率は8割を超える

現在のDAIへの移行率は84%となっており、全体のSAI供給量は1,511万SAIとなっていることが分かる。またMaker DAOによる最新の債務上限(Debt Ceiling)提案では2,000万SAIまで減少される予定となっており、最大発行可能数を減少させることでDAIへの移行を促す狙いだ。

最終的にSAIが1ドルペッグを維持できないと判断されたとき、エマージェンシーシャットダウンによるSAI強制買い戻しオークションがETHで行われヘアカットリスクを負う可能性があることから、SAIを保有しているユーザーは可能な限り早くDAIへ移行するといいだろう。

出典:Sai2Dai

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】Maker DAO MCDのイーサリアムの債務上限を引き上げ、DSRの年利が2倍に
どのような分散型金融(DeFi)プロトコルを使うべきか?「DeFi Score」による評価
【墨汁速報】イーサリアム上のDeFi中核 Compound MCD(DAI)を早くも対応へ

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら

▼墨汁サロンでは相場影響や市場分析、テクニカルの考え方などをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界


前のニュースアフリカ諸国で広がるビットコイン(BTC)、P2P取引所は前年比50%成長を記録
次のニュースアルトコイン投資で多くの人がはまる罠、トークンの判断に必要なこと
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者