北朝鮮がブロックチェーン技術と仮想通貨の国際会議を10月に開催か?成るか信頼回復

編集部おすすめ交換所

北朝鮮がブロックチェーン技術と仮想通貨の国際会議を10月に開催か?成るか信頼回復

北朝鮮が10月にも平壌(ピョンヤン)で、仮想通貨とブロックチェーン技術の国際会議を開催する予定だという。韓国の聯合通信が、米国の自由アジア放送(ラジオ・フリー・アジア/RFA)の報道として伝えたもので、北朝鮮は自国のブロックチェーン技術と仮想通貨の研究開発が進んでいることを内外に誇示する一方、経済制裁に対抗するため仮想通貨にハッカー攻撃を仕掛けているとのこれまでの悪いイメージを払しょくする狙いがあるとみられる。

10月1-2両日平壌で開催、ハッカーなど悪いイメージ払しょくが狙い

報道によると、国際会議は10月1-2両日に平壌で開催され、世界の仮想通貨専門家が招待されているという。10月3日には北朝鮮の関連国家機関代表との会合も予定されている。

匿名を希望するセキュリティ専門家はRFAに対して、北朝鮮は国際会議開催によって、自分たちが仮想通貨や取引所を作る能力があり、ブロックチェーンなどの先端技術の開発も進んでいることを誇示したいのだろうとの見方を示した。また、国際的な仮想通貨ブームにも遅れをとっていないことを、国内外に宣伝する目的もあるようだ。

最近はトロイの木馬型マルウェア“Fallchill”による攻撃が発覚?

北朝鮮は最近、北朝鮮のサイバー犯罪集団ではないかと言われている(確証はない)ラザルスグループ(Lazarus Group)が、西側諸国の複数の取引プラットフォームに新たなハッカー攻撃を仕掛けるマルウェアをばらまくのではないかという噂が流れた。

モスクワのコンピューターセキュリティ会社Kaspersky(カスペルスキー)は、北朝鮮とみられるハッカーが最近、トロイの木馬として知られるマルウェア「Fallchill」を利用する新しいハッカー攻撃であるコードネーム「AppleJeus」作戦を開始したと主張している。仮想通貨を奪うこのソフトウェアは、アジアのある取引所のITシステムに侵入したことが発見されたという。

このマルウェア攻撃は、取引所プラットフォームの社員の1人が、合法とみられるウェブサイトからFallchillに感染した仮想通貨取引アプリをダウンロードして発生した。トロイの木馬型Fallchillは、WindowsのPCに限らずMacOSやLinuxも標的にするよう再設計されていた。

Fallchill自体は2017年11月、米連邦捜査局(FBI)と米安全保障省(DHS)がアラートを発して、北朝鮮のマルウェアだとほぼ断定された。北朝鮮は2016年から、航空宇宙、通信、金融業界をターゲットにして、このマルウェアを使用していた可能性が高いといわれる。マルウェアはネットワークに侵入すると、機密情報が流出したり、運用が中断するなど、深刻な影響が生じるとされていた。

平壌大学に仮想通貨・ブロックチェーン教科

米国家安全保障局(NSA)は2018年3月、北朝鮮は2017年を通じてマイニング(採掘)とハッキングによって、少なくとも1万1000ビットコイン(2017年12月時点で約2億ドル相当のBTC)を奪取したという。悪名高いラザルスグループは2017年、韓国の取引所(Bithumb)に攻撃を仕掛けたとされている。

金正恩政権は、北朝鮮の仮想通貨開発に熱心である。例えば、平壌大学には仮想通貨・ブロックチェーン教科がすでに開設されており、エリート学生40人がブロックチェーンなど高度の教育に合わせて、ハッカー教育も受けているという。目指す国際会議が果たして開催されるのか、開催されるとしたらどのような成果が望まれるのか?注目してみたい。

(フリージャーナリスト、大手マスコミOB記者:長瀬雄壱)

関連
米下院議会でアメリカ主要ブロックチェーン企業を集め、ICOに関する議論を行う
北朝鮮ハッカー攻撃の恐怖、サイバーテロを徹底追跡!

参考:Bitcoin.com

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット