ビットコイン(BTC)はデジタルゴールドではないのか?性質と市場でのポジションの違いとは?

編集部おすすめ

ビットコイン(BTC)はデジタルゴールドではないのか?性質と市場でのポジションの違いとは?

ビットコインはデジタルゴールドではないのか?

2020年3月に暗号通貨市場は記録的な暴落をしました。コロナウイルスによる米国株式市場の下落相場に連られた格好です。今回の暴落を受け、ビットコインはデジタルゴールドではないという主張が一部で囁かれています。安全資産であれば、このような下落に耐えうる資産だからです。

もっとも実際のゴールドもビットコインほどではないにしても、大きく売られており、安全資産が暴落相場から全く影響を受けないというと語弊があります。しかし、ゴールドは直近1ヶ月の最高価格から10%程度の暴落したことに対して、今回ビットコインは直近1ヶ月の最高価格から50%程度の暴落をしており、やはりビットコインのボラティリティは大きいと言えます。

金のチャート
出典:https://goldprice.org/ja/gold-price-chart.html

ビットコインのチャート
出典:Coinbase

性質と市場でのポジションはイコールとは限らない

それではビットコインはデジタルゴールドではないのでしょうか。この点についてはやや複雑です。

確かにビットコインとゴールドは多くの類似点があります。総供給量に限りがあり希少価値がある点や偽造が出来ない点、本物の証明確認が出来る点、採掘にはコストがかかる点、分割してもその価値の合計は減らないことや劣化しない点などは、ビットコインがデジタルゴールドと言われる所以でしょう。ビットコインの設計思想やマネタリーポリシーはゴールドからモデリングされていると思われます。

また、JPモルガンが今年2月に発表したレポートでも、ビットコインは法定通貨のシステムが信用を失ったときのためのヘッジになり得るとコメントしています。この点では、確かにビットコインがデジタルゴールドと表現されることには一定の妥当性があります。しかしながら、マーケットでのポジショニングはそれとは異なることを理解するべきでしょう。

ゴールドの買っている主体は、単純な投資家の他に中央銀行や年金基金も含まれます。これに対して、ビットコインを買う主体はまだ個人投資家や小規模なヘッジファンドが中心で、伝統的な機関投資家は近年ようやくごく一部がポートフォリオにビットコインを組入し始めた程度です。ビットコインはゴールドと性質は似ていても、その投資家の主体までは似ておらず、そのステージに至るにはまだ時間がかかるでしょう。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考
J.P.Morgan Perspectives Blockchain, digital currency and cryptocurrency: Moving into the mainstream?

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン(BTC)は検索されるほど値上がりする?Googleにおける検索量との関係性
ビットコイン(BTC)価格上昇はいつまで?半減期後に危惧される冬の時代再来説
「価値の保存」としてビットコイン(BTC)はゴールドに勝る?


d10n Labのリサーチコミュニティでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に20本以上の頻度で行なっています。コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com


前のニュースRustやLibraの開発言語でスマートコントラクト開発が可能なソラナ(Solana)
次のニュース中国がブロックチェーン・サービス・ネットワーク(BSN)を25日にも運用開始
HashHubコミュニティ
HashHubは、ブロックチェーン関連のサービス開発、コンサルティング、業界の起業家・開発者にコワーキングスペースを提供するブロックチェーン総合企業です。コインチョイスでは、HashHub Comunityとして、HashHub社員やコミュニティメンバーから多彩なコラムをお届けします。公式サイトはこちら:https://hashhub.tokyo/