仮想通貨取引所ジェミニがNFT売買プラットフォームのニフティゲートウェイを買収

編集部おすすめ

仮想通貨取引所ジェミニがNFT売買プラットフォームのニフティゲートウェイを買収

ウィンクルボス兄弟の運営するアメリカの仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)が11月19日、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)の販売を行っているニフティゲートウェイ(Nifty Gateway)を買収したことを発表した。

またジェミニのキャメロン・ウィンクルボス(Cameron Winklevoss)共同創業者は、今回の買収に関して自分のツイッターアカウントで「NFTはニフティ」とコメントした。

NFTの購入と管理ができるニフティゲートウェイ

ニフティゲートウェイは、NFTの購入や管理を行えるプラットフォームである。ダンカン・コックフォスター(Duncan Cock Foster)とグリフィン・コックフォスター(Griffin Cock Foster)の双子によって創設された。

ニフティゲートウェイで購入できる主なNFTは、猫の育成や交配を行う分散型アプリケーション(DApps)ゲームのクリプトキティーズ(CryptoKitties)やDAppsゲーム上に登場するアイテムの取引を行うオープンシー(OpenSea)、ブロックチェーンを利用したトレーディングカードゲームのゴッド・アンチェイン(Gods Unchained)などである。

ジェミニのブログでは仮想通貨は、お金の未来の先駆けでありデジタルグッズや商品の未来も可能にすると語っている。ニフティゲートウェイを買収した理由については、お金の未来を築くというミッションの一環として行っている新しいデジタル経済の橋渡しのためだと説明した。

またニフティゲートウェイを選んだ理由として、ニフティゲートウェイがクレジットカードまたはデビットカードで購入できるシンプルで簡単な方法を提供していることを挙げている。

NFTとは?

NFTとはブロックチェーン上の固有資産あるいは財産を表す暗号トークンであり、NFTの多くは、ERC-721に準拠している。

ビットコインのような代替可能な仮想通貨とは異なり、唯一のものであるそのため交換ができない。NFTはゲームの領域で活用されている事例が多いが、アートなどの作品とも相性が良いと考えられており、知的財産権のの保護にも活用されることが期待されている。

参考
Gemini Expands into Non-Fungible Tokens (NFTs) with Nifty Gateway™ Acquisition

【こんな記事も読まれています】
NFTのセカンダリーマーケットとゲーム領域以外の活用事例とは?
ウィンクルボス兄弟のGemini、世界初の規制されたステーブルコイン「Gemini Dollar」を発行
【イベントレポート】NFTの活用から考える、ビジネスへのブロックチェーン応用とヒント

文:かにたま