「仮想通貨の規制整備に2年以上必要」英国の法律専門家の見解

編集部ピックアップ

「仮想通貨の規制整備に2年以上必要」英国の法律専門家の見解

ロンドンに本拠地を置く法律事務所のレイノレズ・ポーター・チェンバレン(RPC)は10月11日、イギリスは仮想通貨規制の導入に24か月かかるとの見解を示した。

仮想通貨の規制導入、2年では難しい?

同法律事務所のジェームズ・カウフマン氏(James Kaufmann)は、下院の財務省特別委員会に提出された報告書に基づいて進めてた結果、仮想通貨に関する規制の導入に2年かかると主張している。

カウフマン氏によると、下院に提出された最近の提案は動き始めたばかりで、このような法律を作っていくことは長い時間を必要とするようだ。

またカウフマン氏は、「仮想通貨のような複雑で急速に発展する領域を規制の枠組みに入れることは非常に困難で、時間がかかることになるだろう。これに加え、ブレグジットなどの大きな問題に行政機関のほとんどの時間は使われている」と述べ、仮想通貨に関する規制にかかる予定の2年という数字はかなり挑戦的であることを示唆している。

過去の金融に関する規制整備、2年以上かかった例

規制を実行するためには財務局は仮想通貨の業界について研究し、どういった活動が仮想通貨に関係しているのかを知るために、監視し草案を作成し、協議するための時間を必要とする。

カウフマン氏は、「過去の例では金融関係の規制のための制度を作るためには何年もかかることを示している。例えば、2004年5月10日考えられた法律が実行させるまでおよそ2年半かかった。実行された日は2006年11月6日だった」と話している。

仮想通貨に関する規制はヨーロッパでも同様の動き

最新の草案が完成したとしても、小売業者の保護とイギリスの仮想通貨市場が確実に発展してくための規制の完成にはまだ数年を必要とするだろう。

新たな規制の導入は規制元である金融行動監視機構(FCA)の役割を拡大させることにつながる。しかし、FCAが規制のための資金を用意できるかどうか疑問が持たれている。さらにFCAが規制を成功させるためには、仮想通貨という複雑な専門知識が必要で、規制に対する仮想通貨市場の反応に対しての準備も必要とされている。

欧州議会も、ヨーロッパで仮想通貨が規制されることを求めており、財務局と同様の「分散台帳技術とブロックチェーンに対する規制の動き」というレポートを発表している。

ヨーロッパの動きについてカウフマン氏は、「仮想通貨のための実行可能で規制された体制を確立しようとする競争は、ヨーロッパで広く仮想通貨が普及している環境を考えても確実に勝つ必要がある」とコメントしている。

(翻訳者:RAVA)

関連
ロンドンの投資家の3人に1人が仮想通貨投資を検討、全国平均の2倍
イギリスのIT機器メーカーが英国最大のビットコインマイニングファームを計画

参考
PRC

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット